【しなやか女子の心得】第28回 人見知りは思い込み?交友関係の広げ方

桜庭先生
皆様、ご機嫌よろしゅうございます。しなやか女子の心得第28回を始めさせていただきます。

しなやか女子の心得とは…

ビジネスでもプライベートでも使える!知っておきたいマナーや常識を、心磨きの達人が伝授する、大人女子のためのお悩み相談所。テンプレート通りの立ち居振る舞いでは、ちょっぴりお堅い女子に見えてしまいがち…。ここでは、周囲だけでなく自分の心をも解きほぐす、桜庭流の美しい所作や心の在り方をお教えします。

人見知りは思い込み?交友関係の広げ方

相談者:
えみ
春から高校生になります。正直人見知りで新しい友達が作れるか心配です。友達作りのコツってありますか?
相談者:
ウタコ
人見知りがあってパーティーがどうも苦手です。特に初対面の場合、どうやって話しかけたらいいか困ってしまいます。アドバイス頂けますでしょうか。

今回の相談者さんは「人見知り」が共通のキーワードになったお二人です。学生さんの方は、一見すごく幼い内容のようですが、大人の悩みも根っこは同じ。それでは新緑の空気をたっぷり吸って深呼吸、一緒にお勉強してまいりましょう!

満開だった桜はいつしか散り、若葉香る季節となりました。五月晴れの如く心は晴れやかですか?それとも五月病気分を引きずり何だかどんよりしていますか?

えみさん、お返事が遅くなってごめんなさいね。文面から前向きな気持ちを感じられたので、きっと楽しい学校生活を送っていると信じておりましたよ。人見知りさんは、同じ雰囲気の人見知りさんと自然に引き合ったりするものです。そもそも幼い頃は友達作りのコツなんてことを考えずとも、誰もが何となく遊んでいるうちに自然と友達ができましたよね?何も心配することなく気付いたら仲良くなっていたわけです。

そして、ウタコさんのように、大人になってからも“人見知り”を理由に「交友関係を広げられない」「パーティーに行ってもどうしたらよいかわからない」といったご相談は多いですし、実は男性も同様にビジネスの場やパーティーの席での人見知りを気にする方はけっこういらっしゃいます。まずはプロトコール(世界共通の礼儀作法)の観点から少しアドバイスさせていただきますね。

【主催者や共通の知人に紹介の依頼をする】

紹介は社交のはじまりの重要なマナーです。プロトコールでは、先に目上に目下を紹介します。年齢や社会的地位など双方の関係を考慮して、互いの知人を紹介し合います。ビジネス交流会などにおいては、初対面でいきなり自己紹介の名刺交換が始まることもあるでしょうが、一歩間違えると主催者やお声がけくださった方に軽々しい印象をあたえる場合があることを頭の片隅に留めておきましょう。

「〇〇さんをご紹介したいのですが」
このように間に入ってくださる方がいたら、安心してご挨拶ができますよね。人見知りだからとガチガチに緊張することもなくなってくると思いますよ。

【名前の自己紹介は何度でも「〇〇でございます」「〇〇です」】

わたくしは一度お会いしたことのある方でも何度も自己紹介いたします。これはお相手が自分の名前を覚えているかいないかに関わらず、です。まるで挨拶から始まるテレビのニュースキャスターのような感覚です。

大勢の方が集まる場所では、どんなに記憶力が良くてもうっかりお名前を失念してしまうこともありますし、服の印象が変われば以前お会いした方でもわからないことがあります。いずれにせよ、誰かを紹介する場合もされる場合も常にどこかで謙虚な気持ちを持って挨拶するよう努めております。

ふと思うのです。初対面の方との始まりの一歩への緊張感だけで『人見知り』と思い込んでいるのではないかと。幼い頃の新しい友達ができるワクワク感を思い出してみましょう。そこには何のルールもなかったはずなのに、ただ大人になったというだけで「会話が続かないと気まずい」「名前を忘れて話しにくい」「共通の趣味がないと仲良くできないかも」なんてことを勝手に思い込んでいませんか?人見知りを気にするのは新たな出会いにチャレンジしたい証拠、その出会いを大事に思っている証拠です。もしかしたらその人見知りはとても素敵なことなのかもしれませんよ。

悩みの雲は晴れましたか?

『しなやか女子の心得』第28回、いかがでしたか?
お仕事だけでなく、冠婚葬祭やフォーマルなお食事会、彼ママ訪問など、大人女子がマナーや振る舞いに不安を感じてしまうシーンはまだまだ沢山あるはず。アナタが普段抱いている疑問を、桜庭先生に相談してみましょう。

↓ご相談やアドバイスのリクエストは下記から↓

心磨きの達人・桜庭佳織里先生のプロフィール

幼少より、茶人の父のもと茶道の手ほどきを受け、研鑽を積む。
大手企業の第一線で活躍したのち、茶道の“心・心得”を通し、より豊かで幸せに生きるための茶ごころマナー、ライフワークを、各種団体・個人に向けて幅広く発信している。

桜庭先生
『MotecoBeauty』では、自分磨きに励む皆さまのお悩みを、茶道の精神“和敬静寂(わけいせいじゃく)”の心と、わたくし自身の経験をもとに解決していきたく思っております。今よりずっと豊かで美しくなれる心の在り方を、一緒に勉強してまいりましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!