【しなやか女子の心得】第31回 好きになったらしょうがない!?社内恋愛を考える

桜庭先生
桜庭先生
皆様、ご機嫌よろしゅうございます。しなやか女子の心得第31回を始めさせていただきます。

しなやか女子の心得とは…

ビジネスでもプライベートでも使える!知っておきたいマナーや常識を、心磨きの達人が伝授する、大人女子のためのお悩み相談所。テンプレート通りの立ち居振る舞いでは、ちょっぴりお堅い女子に見えてしまいがち…。ここでは、周囲だけでなく自分の心をも解きほぐす、桜庭流の美しい所作や心の在り方をお教えします。

好きになったらしょうがない!?社内恋愛を考える

すっかり梅雨が明け、モヤモヤした心模様を太陽に手放したくなる時期なのでしょうか。今回は、恋愛にまつわるビジネスマナーを考えるトピックスとなりました。


相談者:
momo
会社に好きな人がいます。仲は良い方だと思います。向こうは私の気持ちに感付いている気もしますが、気持ちを伝えて仕事がやりにくくなるとか周りに迷惑をかけるのではとマナー違反しそうで悩んでます。

相談者:
0354
クライアントの担当者を好きになってしまいました。(中略)これからも大切なビジネスパートナーでいて頂きたいと切に願う気持ちと恋愛感情が同時に進行しています。仕事上のお付き合いであると理解はしているものの、気持ちのコントロールができそうになく、こんな私は営業としてどうしたらいいでしょうか。

家族や友人たち以上に日々多くの時間を共にすることもある職場において、そこから恋愛関係に発展したり、そのまま結婚に至ったりするケースは今も昔も変わらずよくあることですね。職場に好きな人・気になる人がいるだけで仕事に対するモチベーションが上がるなんてことは、少なからず誰もが経験していることではないでしょうか。

ご相談いただいたmomoさん・0354さんは、そろそろ自分の気持ちにけじめをつけたいと考えているようですね。できればお付き合いするまでに進展させたい。そして、社会人として周囲に迷惑をかけることなく仕事をまっとうしたいというのが本音でしょうか。

~仕事における恋愛関係で注意すべきポイント~

  • 仕事とプライベート(恋愛感情)の公私混同をしないよう徹底すること
  • 相手との立場の違いを問わず、一切の私情を持ち込まないこと

この基本の2大ポイントの中に、例え交際中の彼・彼女とケンカの真っ最中だったとしても、残念ながら別れることになり絶望的な気持ちだったとしても、業務上、周囲に影響のないよう努めることも含まれているわけですが、どこまで完璧にやり通すことができますか?また、現実的には『社内恋愛禁止』の企業が存在するのも事実で、これは、例えば上司と部下のような立場の違いから不公平な査定が行われないよう、また、機密事項が漏れることのないように徹底してリスクを防止、軽減するための対策と思えば当然であり、「社内でイチャイチャしていると目障り」だけでは済まされない、企業の一員としての責任もあるのです。

厳しいことを最初に申し上げましたが、決して、社内恋愛を反対したり否定したりしているわけではございません。実際のところ、オフィスラブが存在する現場の観点からしたら、社内で付き合っている二人の関係が公になろうとなかろうと、それに対する不快感や業務への影響の有無は、そのカップルによってそれぞれ違うものだと思うのです。個人的には、他人と仕事をすすめる上でのやりやすさ・やりにくさは、彼ら彼女らが社内恋愛している云々とはあまり関係ないことの方が多かったような気がします。ちなみに、お付き合いしている二人は秘密厳守を遂行しているつもりでも、幸せオーラ全開で周囲にはバレバレ、それに気付いてないのは本人たちだけ…これが一番多いケースですね(笑)。

Momoさんと0354さんは、今、恋い焦がれているお相手とどんなパートナーシップを築いていきたいですか?うまく恋が成就したら、どのように愛を育んでいきたいですか?もし成就しなかったら後悔の経験になってしまいますか?仕事が手につかなくなって迷惑をかけてしまうのではないかと恐怖感が募りますか?不安要素ばかりが頭を巡るようであれば、今回はこれ以上前に進むことはおすすめいたしません。心に淡い恋心を秘めたまま、それをエネルギーに変えて仕事にまい進し、大きな飛躍を遂げた人もいるのです。

そうはいっても、知りたいのはやはり成功事例ですね。
ご安心ください!今回は元同僚の女性で、7年の交際期間(途中、遠距離恋愛の2年間含む)を経て当時の担当クライアントとの恋が成就し結婚。現在、幸せな二児のママさんの例をご紹介いたします。

恋愛関係になった後、まずは彼女側の直属の上司に二人の関係を報告、次の期から担当変更の旨の相談にあがったそうです。やはり、営業担当とクライアントという関係以外にも多々関係する人間・業務もあることへの影響から判断したのでしょう。
そして、担当変更が成立するまでは、万が一に備えて外で会うよりも家デートを楽しみ、それらすべての引き継ぎ業務が終わったと同時に、彼の上司にも報告、そのあとは互いに仕事とプライベートはきっぱり別というスタンスを保ち、他社コンペに負けた時やトラブル処理の際も特にかばうことなく割り切ったそうです。仕事仲間や周囲に対し誠意を持って対応したことの積み重ねもあり、当時の彼は今、旦那様となったわけです。もちろん社風や上司の特性によっては対応が違ってくるでしょうから、これが正しいやり方だというつもりもありません。

そして今回、そんな彼女から自信に満ちたアドバイスをもらいましたよ。

告白するか迷っている理由が、「失敗した時が怖い」「その後の態度が心配」であるならば、『告白しただけで態度が変わるような人と付き合わなくてよかった!!』と思えばいいだけのこと。

さて、どうしたいかを最後に決めるのは自分自身です。
正直、正論を口にするのは簡単です。特に社内恋愛においてはなおさらのこと。しかしながら、それらをコントロールできないからこその恋愛であり、コントロールしてこその仕事です。そのどちらも自分にとっては愛おしい経験であり、仕事が大事な日、恋を優先させたい日、色んな日があっての我々の人生ではないでしょうか。

よかったら恋にまつわるコラム、こちらもぜひお立ち寄りください♪↓

悩みの雲は晴れましたか?

『しなやか女子の心得』第31回、いかがでしたか?
お仕事だけでなく、冠婚葬祭やフォーマルなお食事会、彼ママ訪問など、大人女子がマナーや振る舞いに不安を感じてしまうシーンはまだまだ沢山あるはず。アナタが普段抱いている疑問を、桜庭先生に相談してみましょう。

↓ご相談やアドバイスのリクエストは下記から↓
桜庭先生
『MotecoBeauty』では、自分磨きに励む皆さまのお悩みを、茶道の精神“和敬静寂(わけいせいじゃく)”の心と、わたくし自身の経験をもとに解決していきたく思っております。今よりずっと豊かで美しくなれる心の在り方を、一緒に勉強してまいりましょう。

Author

桜庭佳織里先生
桜庭佳織里先生茶道家
幼少より、茶人の父のもと茶道の手ほどきを受け、研鑽を積む。
大手企業の第一線で活躍したのち、茶道の“心・心得”を通し、より豊かで幸せに生きるための茶ごころマナー、ライフワークを、各種団体・個人に向けて幅広く発信している。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル