即対応でお気に入りが長持ち!濡れた靴のお手入れ術

モテ子
モテ子
梅雨が終わってちょっと油断しちゃうのよね。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

外出中に突然の豪雨に遭遇すると、靴の中はびしょびしょ。不快指数はマックスですよね。濡れた洋服の洗濯やバッグのお手入れはすぐに始めても靴は玄関に放置で忘れがちではありませんか?そのままにしておくと、ニオイや靴の寿命を縮める原因になるので、靴にもお手入れが必要です。そこで、お気に入りの靴を長持ちさせるためにも、濡れた靴の乾かし方お手入れ方法についてご紹介したいと思います。

濡れた靴の乾かし方

①雑巾やタオルで水分を拭き取る

靴の生地に染み込んでしまった水分は、洋服のように洗濯機で脱水することができません。新聞紙を詰めて水分をとる方法が定番ですが、びしょ濡れの状態でこれをやってしまうと大量の水分が靴の内側にとどまることになり、雑菌が繁殖する原因になってしまいます。そこで最初にやるのが、雑巾やタオルで水分を拭き取るという作業です。表面はもちろん、靴の中にもタオルを入れてしっかり水分を拭き取るようにします。中敷きが外れるタイプならこの時中敷きを外して靴とは別に乾かしましょう。

②新聞紙をつめて靴の中の水分を取る

ある程度拭き取っても、まだまだ水分は残っています。とくに内側は、水が溜まりやすく最後まで乾きにくい場所。そこで、中敷きの下やつま先に、新聞紙を大きく裂いて詰めてみましょう。ざっくりと新聞紙を丸めて詰めるよりも、大きく破いたものをランダムに詰めた方が、表面積が広くなるため効果的です。靴に新聞紙を詰めたらそのままにせず、1時間から2時間程度で替えることもお忘れなく。とくに、白い靴には新聞紙のインクがうつってしまう可能性があるためこまめに取り替えるようにしましょう。

③ハンガーを使って自然乾燥

最後は、ハンガーを使って自然乾燥させます。ハンガーのワイヤーを靴の形に成形し、つま先が上、かかとが下になるように干しましょう。靴用のハンガーがあると便利ですよ。

防水スプレーで雨対策

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

最近ではキャンバス地だけではなく革靴にも使える防水スプレーが販売されています。靴に水が染み込まないように、新しく靴を買った時には防水スプレーを一吹きしておきましょう。水や汚れから守ってくれますし、靴を長持ちさせることもできます。天気が怪しい日には、出かける前にスプレーすると、染み込み具合も変わってくるので、活用してみてくださいね。

普段のお手入れで濡れたあとのニオイを軽減

足は靴の中でたくさん汗をかいていて、とくに夏場は蒸れて雑菌が繁殖しやすくなります。普段から少しお手入れを加えることで、雨の日に塗れた靴の状態やニオイにも差が出ますよ。ここでは、普段から靴箱に入れておくと便利なグッズをご紹介します。

重曹

お掃除や料理など、いろいろな場面で活用できる重曹ですが、吸湿・防臭効果も期待できます。お茶のパックやストッキングに入れて、靴の中に入れておくと嫌なニオイを吸ってくれますよ。重曹は2ヶ月から3ヶ月を目安に交換しましょう。

竹炭

重曹と同じように、吸湿と消臭効果があるのが竹炭です。そのまま靴箱に置いてもいいですし、布に包んで靴と靴の間や、直接靴の中に入れてもOK!下駄箱の独特のニオイを吸い取ってくれます。1ヶ月に1回程度水洗いして乾燥させれば、長く使うことができます。

靴用の除菌消臭スプレー

毎日きれいな靴を履きたいという人は、帰ってきたら靴用の除菌消臭スプレーを吹きかけることを習慣にしてみましょう。

まとめ

濡れた靴のお手入れは、帰ったらすぐにやるのがポイント。ただし、ドライヤーを使うなど急激な温度変化は靴の生地を傷める原因になるので気を付けてくださいね。急な雨でお気に入りの靴とお別れすることにならないよう、日頃から靴用のお手入れグッズなど自分に合ったものを選んで準備してみてはいかがでしょうか。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!