口に出せば、かわいさ半減…損する口癖集

モテ子
モテ子
確かにモテ美の「だってぇ、、」と「でもぉ、、」は聞く度にイラッとするわね。
photo by GIRLY DROP

photo by GIRLY DROP

無意識のうちに使ってしまう口癖、誰にでも1つや2つはありますよね。でも口癖の中には、聞く人を不快な気分にさせるものもあるので注意が必要です。知らず知らずのうちに繰り返したネガティブな口癖があなたのイメージとなり、「あの人と話していても楽しくない」、「あの人と話すとなんだか疲れる」と思われるようになれば、恋のチャンスも遠のきます。残念な口癖ひとつで評価が大幅にダウンしてはもったいないですよね。そこで、今回は残念な口癖とその改善法をご紹介します。

要注意!あなたの魅力がダウンする口癖

「つまらない…」、「なんか楽しいことないかな~」

自分からは何も提案せず、「つまらない」とか「楽しいことないかな」を連発する女性からは「さぁ、私を楽しませてよ」という受け身なお嬢様思考が感じられ、ウンザリされてしまいます。グチを言う前に、自分から楽しいことを探したり、一見つまらないことの中にも楽しいことを見つけようとしたりする前向きな大人女子の方がモテるはずです。

「だって」、「でも」

「だって」や「でも」という言葉は言い訳をして、自分を守ろうとする時に使う言葉です。この言葉を頻繁に使うと「自分の非を素直に認めない、子供っぽい人」という悪印象を与えてしまいます。潔く謝れば、それ以上責めたり怒ったりする気がなくなるという人も多いので、言い訳せずに素直に謝った方が結果的に自分を守ることにつながりますよ。何か申し開きしたいことがある場合も、いきなり「でも」と反論する言葉から始めずに「そうだね。ごめんなさい。でも実はこういう事情があってね…」という風に、やんわりと伝える方が好印象でしょう。

「疲れた」、「しんどい」

photo by GIRLY DROP

photo by GIRLY DROP

誰だって「疲れた」と口にすることはありますが、口癖のように連発する人は敬遠されてしまいます。相手だって疲れているかもしれないとか、自分が「疲れた」と言うことで相手を疲れさせてしまうかもしれないといった気遣いができない女性だと思われてしまいます。「疲れた」と言う代わりに「ちょっと休憩したいな」とか「今日はがんばった」という風に言い換えると明るい印象を与えられますよ。

「だから」

「だから」が口癖の人は自分の意見が絶対正しいと思い込み、他の人にも押し付けてしまいがちな傾向があります。自分の意見をしっかり持っているのはいいのですが、自分の意見を押し付けてくる人だと思われると好感度が下がってしまいます。「だから違うって!」とか「だから●●って言ったのに…」といった、強い言い回しは控えた方が良いでしょう。

「別に」

「別に」という言葉は、「特別いうまでもない」「取り立てて言うことでもない」という意味で、もともと否定的な要素があります。そのため、会話の中で「別に」と言われると、冷たく感じられたり、口には出さない不満があるような意味にとられたりしがち。「別にいいけど」などと言われると、相手はなんとなくモヤモヤしてしまいます。「本当はイヤなんじゃないか…。ハッキリ言ってほしい」とか「嫌味な人だな」と思われてしまう可能性も…。他意がないのなら「別に」という言葉を口にするのはやめましょう。もし、本当に不満がある場合は素直に伝えた方が、お互い気持ちよくコミュニケーションができるはずです。

まとめ

いかがでしたか?今回ご紹介した口癖に心あたりがある人は、気をつけてなるべく口に出さないようにするか、もっとポジティブな言葉で言い換えるようにしてみてください。人を不快にする口癖は自己中心的な印象を与える言葉が多いです。話をしている相手を気遣い、温かくて楽しい雰囲気を壊さないよう意識していれば、自然とネガティブな口癖が出る回数も減っていくはずですよ。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル