【しなやか女子の心得】第35回 自分に自信が持てない!私らしく在るためには?

桜庭先生
桜庭先生
皆様、ご機嫌よろしゅうございます。しなやか女子の心得第35回を始めさせていただきます。

しなやか女子の心得とは…

ビジネスでもプライベートでも使える!知っておきたいマナーや常識を、心磨きの達人が伝授する、大人女子のためのお悩み相談所。テンプレート通りの立ち居振る舞いでは、ちょっぴりお堅い女子に見えてしまいがち…。ここでは、周囲だけでなく自分の心をも解きほぐす、桜庭流の美しい所作や心の在り方をお教えします。

自分に自信が持てない?私らしく在るためには?


相談者:まなみん
こんにちは!いつもMotecoBeautyを楽しく拝見させてもらっています♪ 私の悩みはすぐに人を羨ましく思ってしまったり、人の目を気にしすぎてしまうことです… もっと自分を確立できたらいいのですが、、 心に余裕があって自分に自信を持っている女性になりたいです! 何かアドバイスはありますか?

皆様、ご機嫌よろしゅうございます。

今年最後のテーマは「自信」についてです。とても前向きで素敵な女性、まなみんさんからのご相談で締めくくりたいと思います。

こうして心の内を正直にあかしてくださった時点で、すでに97%は問題を解決しているのではないかと感じています。「他人を羨ましく思ってしまう」「人の目を気にし過ぎてしまう」というドロドロした感情は、本来、口に出して認めてしまうには恥ずかしさや怖さを伴うからです。それをご自身で認識し、乗り越えているわけですから残り3%の空間に自信パズルを埋めて完成するまであと少し!!

そもそも羨ましいと感じる対象物は、自分にその原石となる素養があるからではないでしょうか。届く範囲だから気になってしまうわけです。それがなければ、ただただ憧れだけで済むのですから。

皆さまはどのように感じますか?
「いいえ、自信はほんの3%ほど…。97%は不安だらけです。」と、いう方もいらっしゃいますか?

では、そのように感じていたこともあった過去のわたくしのこと、まなみんさんを見習って少し勇気を出してお話しますね。

もう、人の何もかもが羨ましかったです!!!「仕事のできる同僚/パソコンもろくに出来ない私」「寿退社した仲間/出世の見込みもない・彼氏もいない私」「子どもがいて幸せそうな家庭を築いている友人/独りで飲んでいる哀れな私」「スリムな友達/太りやすい私」などなど …こんな例もごく一部、自信を失う感情をいっぱい経験しました。

30代半ば、焦りに焦って考えていたことは、「幸せな結婚をして家庭に入り、茶道家としての仕事もする素敵な奥様として滑り込めれば、私の人生完璧!!」と。ところが、自信がまったくないまま強行した結果、当時、結婚を約束した彼氏には裏切られ、病気も重なり、仕事も続けられなくなり、アルバイト生活で細々働きながら絶望的な気持ちで毎日をかろうじて生きていました。

そんな折、素晴らしい心の師匠に出逢うのです。

初対面の時にいただいたアドバイスは今も鮮明に覚えています。

「桜庭さんは、今、コップに水が半分しかないと思っています。恋をしたいと悩んでいる人がたくさんいますが、恋してますよね?仕事もありますよね?コップに水が半分も在るのですよ」と。

さらに、こうも教えてくださいました。
「今は自分を責めず、その感情を一旦横に置いてください。そして、空が美しいな~と感じてみてください」と。

ところが、狭い視点でしか物事が見ることができなくなっていた当時のわたくしは、大変失礼ながらこのように受け取ってしまいました。

「は?コップ?!そんなのよく言われる美談…。恋愛も仕事も私の望むレベルではない。そ、空?!そんなことどうでもいい…」

そんなわたくしは、今、どんなにつらいことがあっても、空を見上げると、龍の形をしていれば竜神様が見守っていると感じ、くじら雲をみては歓迎の舞をしてくださっていると感じるようにまでなりました(笑)。

また、どんなに落ち込むようなことがあっても、数字が目に入っては励まされています。ゾロ目は「大丈夫!絶好調!」、39は「サンキュー、サクちゃん♡」、11「イイ!」、1414「いよいよだね!」、もはや、自分の都合のいいように勝手に解釈し、絶対的に神様やご先祖様が応援してくれていると、自分を信じています。

たまたま聴いていた音楽の歌詞や、ポッと開いた本や雑誌からも、きっと今のわたしへの大切なメッセージと受け取り、楽しい気分になったり、幸せを感じたりしています。

気付けば、不安と空虚感でいっぱいだった心のパズルがいつしか埋まっていました。

【自分を信じると書いて「自信」と詠む】
シンプルな先人の教えに、深い学びがあるということに気付くことができました。

マナーコラムとして今年の最後に皆さまにお伝えするならば、

【世界にたった一人しかいない自分を卑下することこそが一番のマナー違反】

このことを、頭のどこか片隅にでも置いていただけたらと思います。心の想いは日々変化しますね。私自身も、時々、自信をなくすことはもちろんございます。

こちらのコラムも毎回スラスラ書けるわけではありません。上を見れば、もっと上手に文章が書ける人、もっとアクセス数が多い人、もっと人気のある人、たくさんいます。

昔のわたくしだったら自信を失っていました。でも、今は、こうして皆さまから届くたくさんのご質問・ご相談が本当にありがたく、気付けば3年もの連載を続けることができました。少しずつ少しずつ、自信がついてきたのです。感謝の気持ちでいっぱいです。いつもありがとうございます。これからも一緒に悩みながら、楽しい時間を共有させていただけたら嬉しいです。

どうぞ素敵な年の瀬をお過ごしくださいね。
2018年が皆さまにとって、笑顔あふれる素晴らしい一年となりますように。

悩みの雲は晴れましたか?

『しなやか女子の心得』第35回、いかがでしたか?
お仕事だけでなく、冠婚葬祭やフォーマルなお食事会、彼ママ訪問など、大人女子がマナーや振る舞いに不安を感じてしまうシーンはまだまだ沢山あるはず。アナタが普段抱いている疑問を、桜庭先生に相談してみましょう。

↓ご相談やアドバイスのリクエストは下記から↓
桜庭先生
『MotecoBeauty』では、自分磨きに励む皆さまのお悩みを、茶道の精神“和敬静寂(わけいせいじゃく)”の心と、わたくし自身の経験をもとに解決していきたく思っております。今よりずっと豊かで美しくなれる心の在り方を、一緒に勉強してまいりましょう。

Author

桜庭佳織里先生
桜庭佳織里先生茶道家
幼少より、茶人の父のもと茶道の手ほどきを受け、研鑽を積む。
大手企業の第一線で活躍したのち、茶道の“心・心得”を通し、より豊かで幸せに生きるための茶ごころマナー、ライフワークを、各種団体・個人に向けて幅広く発信している。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル モテ子のスタンプ