間違えない就活バッグ選び・5つのポイント

モテ子
モテ子
就活バッグと共に歩んだ先に、あなたの未来があるのよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

就活用にスーツとパンプスを揃えたら、それに合わせたバッグも必要になりますね。就活が始まると毎日持ち歩くことになる就活バッグ、説明会でいただいた会社案内やエントリーシートなど、大切な資料を入れておくのですから、就活中は相棒のような存在です。長い付き合いになる相棒だからこそ、就活の邪魔にならない、スマートな就活バッグを持ちたいもの。そこで今回は、就活バッグを選ぶ際の5つのポイントをご紹介します。

就活用バッグ選びのポイント

①色は「黒」

リクルートスーツの色は黒か紺が多いですよね、そのスーツにあわせるバッグの色としては無地の黒色がベストです。ストライプやドット柄は一般的ではありません。また無地の黒色だからといって、ひと目でハイブランドだとわかるようなロゴ入りのバッグは避けましょう。

②形はA4サイズのファイルや書類が余裕で入る「ショルダータイプ」

説明会で配布された資料を折らずに持ち帰り、きれいに保管するためにも、A4サイズのファイルが余裕で入る大きさは必要です。また、合同説明会やセミナーに参加すれば、資料も多くなり、複数の会社案内をいただくこともあるので、薄いバッグより、マチがしっかりあるバッグにして収納力に余裕を持ちましょう。
時にはバッグを持ったままメモをとる、なんてシチュエーションが出てくるかもしれません。そんな時にバッグで腕がふさがれていたら困りもの。両手が使えるように肩から提げられるショルダーバッグをオススメします。

③軽量の「合皮素材」

前述したように就活中は資料をたくさんもらいますが、会社を訪問すればするほど資料は増えて、カバンの中身は重くなります。そこで、バッグ自体を軽量化して、どんな天候でも耐えうる合皮素材のものを選びましょう。撥水加工済みのものなら必要ありませんが、そうでない場合は、使う前に防水スプレーをかけておくと汚れもつきにくいですよ。
尚、本革のバッグはそれ自体が重く、お手入れに気を使わなければいけないので、1日中持ち歩く就活バッグとしては向いていません。

④バッグが「自立する」

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

面接時やOBの方にお話を伺う時など、バッグを床に置くシチュエーションが多くなるのが就活。そんな時、バッグがくたっとしていたり、倒れてしまうとだらしなく見えて、先方への印象が悪くなります。特に面接の時は、自分の椅子の横にバッグを置いておきますので、きちんと自立するバッグを選びましょう。自立したバッグなら、資料もサッと取り出せて非常に効率的ですよ。

⑤内側にポケットや仕切りがある「多機能タイプ」

バッグの外側はシンプルな方が良いのですが、中は仕切りやポケットがたくさんある多機能タイプがおすすめです。筆記用具や資料の他に、財布や携帯、パスケース、手帳、メイクポーチ、ハンカチ、替ストッキングなど、持ち歩くものがたくさんありますから、内ポケットや仕切りがある多機能タイプで、バッグの中をきれいにしておきましょう。

就活バッグ、どこで買えばいい?

リクルートスーツを扱うお店であれば就活バッグの取り扱いもありますが、スーツのように試着する必要がないので、ネット通販で安く購入するのも手です。ただし、バッグのサイズ・素材確認だけはお忘れなく。
就活バッグの相場は、だいたい5,000~10,000円前後ですが、社会人になれば新たなバッグを購入することもあるかと思いますので、あえて値段の高い就活バッグを選ぶ必要はないでしょう。

いかがでしたか。あなたが気持ちよく就活が送れるよう、TPOをわきまえたベストな就活バッグを選ぶ参考にしてください。

関連記事

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル