Angry man and woman sitting at table looking at each other with hatred and disgust

戦わずして勝つ!?嫌味を言う人への上手な切り返し方

モテ子
モテ子
嫌味を言う人とは心の距離を置きなさい。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

突然トゲのある言葉をぶつけられて、何と言っていいかわからず、黙ってしまったことはありませんか?そんな時は、後から「なんであんなこと言われなきゃならないの!」とジワジワ怒りが湧いてきますよね。「言われっぱなしは悔しい…。何か言い返せば良かった…でも下手なことを言って、バトルになると大変だし…」そんな風に考えて、結局、いつも何も言えずに我慢している人も多いのではないでしょうか。そこで、今回は嫌味を言われた時の上手な切り返し方をご紹介します。

“嫌味を言う人”のタイプ別攻略法

実は嫌味を言う人にも、いろいろなタイプがあります。だから嫌味を言う理由も人それぞれ。その理由を見極めて、ベストな切り返しをしましょう。

相手の反応がおもしろいから嫌味を言う人

他の人には嫌味を言わないのに、あなたにばかり嫌味を言う人の場合、あなたがショックを受ける姿を見て楽しんでいる可能性大です。そんな意地悪な人には、相手が望む反応をしないのが一番です。嫌味を言われても、平然とした顔でいましょう。笑顔で対応できると、さらに良いです。好きなものや楽しみな予定のことを思い浮かべれば、ニッコリできるはず。相手はあなたが怒ったり悲しんだりする顔を見たがっているので、きっとガッカリすることでしょう。さらに、「へぇ~●●さんはそう思いますか~」などと、相手の言葉が響いていない様子で言うと効果的。相手が一人相撲をとっている気分になれば、そのうちバカバカしくなって、あなたを嫌味のターゲットから外すはずです。

嫌味を言うのがクセになっている人

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

常日頃から嫌味を言う人たちに囲まれて育った人は、嫌味を言うことがクセになっていることがあります。悪気があるようには見えないけど、いつもひと言余計なことを言う人はこのタイプかもしれません。長い年月をかけて身についたクセを直すのは難しいので、そういう人の嫌味はいちいち真に受けないことです。どうしても気になる場合は「そんな言い方をされると、ちょっと悲しいです」という風に不快な思いをしたことをさりげなく伝えるといいでしょう。その人が無自覚で嫌味を言っていたなら、ハッとして嫌味な言い方を気をつけるようになるかもしれません。

ストレスや嫉妬心のはけ口として嫌味を言う人

嫌味を言う人の多くは精神的に満たされていません。嫌味を言うことで、自分より幸せそうに見える人をちょっと傷つけてウサ晴らしをしているんです。「嫌味を言わないと心のバランスを保てない、かわいそうな人…」そう思うと、嫌味を言われても少しは心に余裕を持って対応できるのではないでしょうか。嫌味を言われたら「そうか~、この人は私がうらやましいんだな~」と思えばいいのです。もし、「あなたはいいわよねぇ~」と嫌味っぽく言われたら、「そうなんです!毎日充実してますよ」などとあっけらかんとポジティブなことを言って返しましょう。幸せそうなあなたにちょっと嫌な思いをさせようという相手のもくろみは崩れ、あなたは「嫌味が通じない人」認定されることでしょう。

まとめ

嫌味を言われると、瞬間的にカッとなって、相手以上にキツい言葉で対抗したくなることもあるでしょう。しかし、感情的に言い返すと相手を逆上させて面倒なことになる可能性があります。それに、激しく言い合いをしている姿を他の人に見られたら、あなたまで嫌味を言う人と同レベルの人とみなされてしまうかも…。嫌味はさらりと受け流す方向で対処するのが賢いのです。そうすれば、嫌味な人を喜ばせず、周囲から見た自分の印象は良くすることができて一石二鳥ですよ。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル