【しなやか女子の心得】第45回 イライラした時は自分を知るチャンス?!

桜庭先生
桜庭先生
皆様、ご機嫌よろしゅうございます。師走に入り、何かと慌ただしい日々とお察しいたします。普段だったら流せることも、気ぜわしい時ってイライラしてしまうことありますよね。

しなやか女子の心得とは…

ビジネスでもプライベートでも使える!知っておきたいマナーや常識を、心磨きの達人が伝授する、大人女子のためのお悩み相談所。テンプレート通りの立ち居振る舞いでは、ちょっぴりお堅い女子に見えてしまいがち…。ここでは、周囲だけでなく自分の心をも解きほぐす、桜庭流の美しい所作や心の在り方をお教えします。

あなたのまわりに愚痴っぽい同僚や友達はいませんか?


M子(20代女性)
同僚で愚痴っぽい子がいて面倒くさいです。恋愛の悩みも長くてイライラします。プライベートなら無視できますが、仕事ではどういう風に割り切ったらいいですか?

ミンミ(30代女性)
桜庭先生は日常の中でどういう時にマナー違反だと感じますか?先日、自分の将来のキャリアについて、先輩にあたる女性からのアドバイスにイラっとしてしまいました。そういう時の対処法も教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

今回は、大きな悩みや心配ごとではないけれど、何だかイラっとしてしまうことについてご質問をいただきました。お二人の気持ちよくわかりますよ。「イラっ」も積み重なれば「イライラ」となるわけですから、大きなストレスとなる前に心の大掃除をいたしましょうね。

M子さんのご質問にある愚痴っぽい人、いますね…。そういう方って、大抵、相談ごとがある風を装いながら愚痴で練り歩いているものです。ただ聞いてほしいんですよね。そして、聞いてくれそうなタイプが標的になってしまうのです。M子さんはとても優しい方なんだと思います。そして、話しやすさだったり、ゆとりのある柔らかい雰囲気から頼られてしまうんでしょうね。そこは人間的に大きな魅力です。

実は、ご質問の中に答えはすでにありましたよ。「…仕事ではどういう風に割り切ったらいいですか?」とありましたが、そう、仕事だからこそ割り切ればいいんです。「ふう~ん」と聞き流せばいいんです。言えるようなら、「聞いてるだけじゃ疲れちゃう。仕事しない?」と明るく切り返してしまいましょう。

何ごとにも使える便利なわたくしの処世術アイテムは「ふう~ん」です。言葉の使い方のニュアンスを実演してお伝えしたいところですが(笑)、ポイントは軽やかに流すこと。

そもそもイラっとする時って、自分の心が反応する時ですよね。そのポイントって人それぞれです。反応しない時には無意識の「ふう~ん」が出来てるわけですが、M子さんの場合、ふう~んで無視することに抵抗(罪悪感のようなザワザワした感情)があるのは、そこに自分自身の【核】があるからになります。悔しいけれど、「誰かに自分の話を聞いてほしい」があり、「誰かに自分の話を聞いてもらうこと」にバツ(×)をしてしまっているのです。この×の条件が多い人ほど、自分の心に制限をかけているのですからイライラは募ります。

ですから、「愚痴っぽい人って嫌」と感じる自分を知り、「実はやってみたいことかも」ぐらいの気持ちでいると楽になると思いますよ(少しだけでいいので!)。

ミンミさんも同様に「おせっかいにアドバイスする人って苦手」ということを実感したのならば、心の反応はそれで終わり。ピリオドを打つつもりで「ふう~ん」で流してしまいましょう。人に言うのは簡単ですけどね。もちろんわたくしもイラっとすることは日常の中で多々ありますから。

例えば、子供に「ごめんなさい、は?」と、強制して言わせる親が非常に苦手です。わたくしはそういう教育を受けたことがないのでびっくりしてしまうんです。悪いことをして叱られたら子供はわかるはずなのに、無理に形に示す必要があるのでしょうか。

また、ホームパーティーの席でマナー違反だなと思ったこともあります。パティシエのケーキとお茶を楽しむ会だというのに、あるゲストが持参したお菓子を早々に出し、しかも箱のままテーブルの真ん中に置いたのです。ご本人は差し入れ気分のご厚意だったのでしょうが、せっかくのテーブルセッティングも台無し。お菓子をメインとした会では控えるべきでしたね。こういう時は、裏方にそっとお渡しする方がスマートでした。

あるセミナーでもイラっとしました。写真撮影担当の女性スタッフの服装です。結婚式の列席者のような出で立ちでカメラをパシャパシャ。そんな姿でウロウロされては目障りですし、何より滑稽でした。格式ある場所を気にされたのでしょうが、例え、黒のジーンズとタートルネックだとしても、黒子に徹した方がその会の品格が上がると感じました。

こうしてイラっとする原因は人それぞれです。でも心が反応するものの中にこそヒントがあります。こうしてわたくし自身のイライラを書き出してみると、結局、プロトコール(国家間の公式儀礼)や茶の湯の心につながることを発見するわけで、それらの譲れないこだわりが仕事になったり、モチベーションにつながるのです。イライラした時は自分を知るチャンス!好きなことを見つける近道にもなります。

だからこそ、嫌な感情は「ふう~ん」で流してほしいのです。ストレスとなる前に、その感情を一旦受け止めたら、すぐ流す!心のお掃除はイメージが大事ですね。心身共にリフレッシュして新年を迎えましょう。

悩みの雲は晴れましたか?

『しなやか女子の心得』いかがでしたか?女子がマナーや振る舞いに不安を感じてしまうシーンはまだまだ沢山あるはず。アナタが普段抱いている疑問を、桜庭先生に相談してみましょう。

↓ご相談やアドバイスのリクエストは下記から↓
桜庭先生
『MotecoBeauty』では、自分磨きに励む皆さまのお悩みを、茶道の精神“和敬静寂(わけいせいじゃく)”の心と、わたくし自身の経験をもとに解決していきたく思っております。今よりずっと豊かで美しくなれる心の在り方を、一緒に勉強してまいりましょう。

Author

桜庭佳織里先生
桜庭佳織里先生茶道家
幼少より、茶人の父のもと茶道の手ほどきを受け、研鑽を積む。
大手企業の第一線で活躍したのち、茶道の“心・心得”を通し、より豊かで幸せに生きるための茶ごころマナー、ライフワークを、各種団体・個人に向けて幅広く発信している。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル