免疫力UP!ファイトケミカルスープレシピ

モテ子
忙しい朝でも飲むだけで身体が温まるからオススメよ。塩や粉末の昆布だしをひとつまみ入れると飲みやすくなるから試してみて。

メディアなどで最近話題の「ファイトケミカルスープ」ですが、その名前の意味をよく知らない人も多いのでは?「ファイト(フィトとも言います)」はギリシャ語で「植物」「ケミカル」は「化学成分」という意味です。この場合の「化学成分」とは、植物が外敵から身を守るために作り上げた「天然の機能成分」のこと☆例えばリコピン・カテキン・ポリフェノールなどの栄養素が有名です。植物が生き抜くために生み出したファイトケミカルの力を借りれば、免疫力はもちろんUP!!絶大なアンチエイジング効果も期待できます☆

材料の効果と働き

人参・かぼちゃ

人参とかぼちゃに含まれるファイトケミカルは、βカロテンです。抗酸化作用があり、錆びない身体づくりに必要なビタミンCなども豊富に含まれています。ちなみに、人参はセロリ、かぼちゃはズッキーニで代用することができるので夏季に入ったら具材を変えてみて。夏らしいさわやかな風味のスープに仕上がりますよ♪

キャベツ、玉ねぎ

キャベツに含まれるファイトケミカルは、グルコシノレート。玉ねぎの持つファイトケミカルはイソアリインとケルセチン。これらは抗酸化作用抗ガン作用があり、免疫力アップに有効なので、風邪やインフルエンザが蔓延するこの時期にとても役立ちます。また、アンチエイジング効果も抜群◎キャベツは白菜・小松菜・ブロッコリーで、玉ねぎは長ねぎでも代用可能なので、季節やお好みによってアレンジして、なるべく長く続けましょう♪

免疫力UP!ファイトケミカルスープのレシピ(一人前30kcal)

fkaical_05

材料

人参1本
かぼちゃ1/4個
キャベツ1/4個
玉ねぎ1個
1リットル

作り方

1
野菜をそれぞれひと口大に切ります。この時かぼちゃと人参は皮ごと使います。090_02
2
切った野菜を鍋に入れ、水1リットルを注ぎます。090_03
3
強火で熱し、沸騰したら弱火にしてフタをします。
4
弱火で20分ほど煮込んだら出来上がり~♪090_04

保存法

1
冷凍する時は、野菜をザルなどでこして取り出します。090_05090_06
2
スープを製氷トレーに入れて冷凍庫に入れます。※取り出した野菜は傷みやすいので冷凍&冷蔵庫保存には向きません。なるべくすぐに使い切りましょう☆090_07090_08090_09
3
使いたい分だけ使えるよう、ジップロックなどに入れておくと便利です090_10
※出来上がったスープは日持ちしないので要注意!作り置きをする際は、一度冷ましてから冷凍しましよう。

ポイント

スープを保存する際、野菜はザルなどで取り出しますが、その具材ももちろん食べられます。バターと塩コショウで和えれば冬にぴったりの温野菜サラダに♪カレーの具としても使えます☆保存しない場合には、野菜と一緒に鶏の手羽元を煮込むのもオススメ。コラーゲンたっぷりの美肌スープができますよ♪

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル