野菜の魅力を凝縮!ベジブロスの基本とアレンジ

モテ子
スープジャーに入れて持ち歩けるのが嬉しいわね!ベジブロスを使っただし巻き卵は栄養豊富だからお弁当のおかずにぴったりよ。

お料理の時、あなたは野菜の皮ヘタを捨てていませんか?「要らない部分なんだから当然」と思ってゴミ箱に入れようとしている方、その行為、とってももったいないので今すぐSTOP!野菜の皮やヘタには、実の部分以上沢山の栄養が含まれているんです!今回はそんな野菜くずを使った美容スープベジブロス」のレシピをご紹介♪「ベジブロス」とはベジ=ベジタブル、ブロス=だしと言う意味で、“野菜くずから取れる栄養豊富なだし”のこと。美肌効果ダイエット効果があると今話題になっています!無駄なく食材を使い切り、料理の腕も女子力も向上させていきましょう☆

材料の効果と働き

野菜くず

今回使うのは【玉ねぎの頭と根・小松菜の茎・人参の皮とヘタ・長ネギの青い部分・大根の皮とヘタ・セロリの葉・使いかけのにんにくとしょうが】です。どれも普段の料理では使わない部分ですよね?野菜くずの種類が豊富であればあるほど味わい深いブロスができますが、【ブロッコリー・カリフラワー・キャベツの芯】は要注意!煮込むとブロスが濁り、青臭くなることがありますので控えた方が良いでしょう。

ベジブロスのレシピ(一人前15kcal)

材料

野菜くず(お好みの野菜の切れ端や皮・ヘタなど)両手に一杯くらいの量
1.5リットル
酒(日本酒または白ワイン)小さじ2

作り方

1
よく洗ってから切った野菜のくずを使用します。
2
お鍋に野菜くずと水を入れ、臭みを消すため酒を入れます。
3
弱火で30分程煮込んだらベジロスの出来上がり~♪

ベジブロスのアレンジレシピ だし巻き卵

材料

ベジブロス大さじ3
サラダ油少々
3個
白だし小さじ1
砂糖小さじ1
大根おろしお好みで

作り方

1
サラダ油以外の材料をボウルに入れてよく混ぜ合わせます。
2
卵焼き用のフライパンに油を敷いて中火にかけます。
3
余分な油をキッチンペーパーで拭き取り、1の卵液を1/3ほど流し込みます。※油を拭き取ったペーパーは捨てないで!テフロン加工なら油不使用でもOKです。
4
卵をクルクルと巻いていきます。
5
フライパンの余白に3のキッチンペーパーで油を塗り、再び卵液を1/3ほど流し込んで巻いていきます。
6
残りの卵液を流し入れ、キレイに巻いたら出来上がり~♪

保存法

ベジブロス(野菜くずはザル等でこしましょう)を冷蔵庫保存する場合の賞味期限は3日くらいです。保存する場合は、製氷トレーで凍らせてフリーザーバッグに入れたものを冷凍庫に入れておきましょう。1か月ほどの期間、便利に使えるうえ、ファイトケミカル成分と旨味も増します。冷凍するとフレッシュさを失いそう、と思われた方もご安心を♪冷凍することで細胞が壊れ、より良い成分へと変化するのがポイントです☆

ポイント

ベジブロスを煮込んでいる間に発生する「アク」には栄養がたっぷり含まれているので取り除かないで下さいね。ベジブロス用の野菜くずを集める時は、ビニール袋などに入れ冷蔵庫で保存しておきましょう。だいたい3日~1週間くらいで両手一杯分の野菜くずが集まるはず!まとめて煮れば奥深い味のブロスになりますよ♪寒い季節は鍋やうどんなどの汁物に、暑い時期はそうめんのつゆと割って使うのがおススメです!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル