おせちの余りで美容スイーツ☆黒豆と甘酒のマーブルマフィン

モテ子
抹茶でマーブルにしたと思ったでしょ?甘いわよ、青汁よ!中はふんわり、外はサックリで美味しい上に栄養バランスもとっても良いの。若い読者ちゃんやお子さんがいるママ読者さんにもオススメだわ。

学校や仕事が始まり、お正月のお祝いムードも一段落という方も多いでしょう。けれど、冷蔵庫には使い切れなかったお正月食材がチラホラ。特に余らせてしまいがちなのが、お節料理の定番である「黒豆」。黒豆は痛みやすいから早く食べなきゃと思いつつ、飽きが来てなかなか箸が進まない…。そんな時は、黒豆で“ビューティマフィン”を作ってみましょう!ヤセにも効果的な黒豆に、「飲む美容液」と言われる甘酒粉末青汁をプラスして、更に美容効果もアップ!アンチエイジングパワーたっぷりのスイーツなのに、コンビニで買える材料だけで作れちゃう簡単レシピ。お料理初心者さんも、ぜひ挑戦してみてくださいね!

材料の効果と働き

黒豆

大豆に高い美容効果があることは、既にご存知の方も多いですよね☆大豆イソフラボン女性ホルモンUP効果に加え、抗酸化作用のあるアントシアニンも豊富に含まれているので、黒豆のアンチエイジング効果は絶大!更に、基礎代謝を高めたり、脂肪の吸収を抑えるといった働きもしてくれるので、ダイエット食材としても注目度はトップレベル!小腹が減った時のおやつにピッタリです。

甘酒

美白保湿効果が高い甘酒ですが、クセがあるため好き嫌いが分かれる飲み物でもあります。けれど、今回のレシピは甘酒苦手さんでも大丈夫!そのままではクドさもある甘酒ですが、ケーキやマフィンなどのスイーツに入れると、風味が増してとても美味しくなります。甘酒には、食物繊維ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6がたっぷり。通勤通学の途中、乾燥した冬の空気さらされてしまうお肌の保湿や、紫外線が強くなりやすい雪の日などのサポートにもなるので、冬場に積極的に摂りたい飲み物と言えるでしょう。

『黒豆と青汁の甘酒マフィン』のレシピ (一人前215kcal)

材料(6個分)

ホットケーキミックス250g
青汁(粉末)7g
黒豆煮70g
バター40g
きび砂糖20g
2個
牛乳100cc
甘酒100cc

作り方

1
ボウルにホットケーキミックスと卵、牛乳、きび砂糖を入れてよく混ぜます。
2
澄ましバターをボウルに入れて、よく混ぜ合わせます。(※澄ましバターの作り方:バターを湯せんで溶かし、キッチンペーパーなどで濾して不純物をとりのぞいたら完了。)
3
混ぜた生地の1/3を別のボウルに分け、青汁を入れてよく混ぜます。
4
2つの生地を合わせて、ザックリと混ぜ合わせます。
5
生地をマフィン型に流して、飾りの黒豆を飾りましょう。
6
オーブンを予熱で180℃に温めておきます。
7
オーブンが温まったら、200℃で30分焼きます。
8
焼きあがったら、網の上にのせて粗熱を冷まします。
9
20150106_muffine_las完全に冷め、しっとりとしてきたら出来あがり~☆

ポイント

マーブルをきれいに出すためのポイントは、少ない量の生地と粉末青汁を混ぜること。ペースト状の青汁を使用する場合も、生地を分けてから混ぜてください。また、白砂糖ではなくミネラル成分を含むきび砂糖を使用することで、コクとヘルシー度が倍増します。黒豆煮に甘みがあるので、ダイエット中ならばお砂糖を使用せず作ってもOK。黒豆の他にチーズやソーセージなどをトッピングすれば、朝食用のカンタンなお惣菜マフィンもできますので、ぜひ試してみてくださいね☆

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル