緑と赤の美白パワー!色白になれるスムージーレシピ

モテ子
2つの美白スムージーレシピを教えてあげるわ。人気のココナッツウォーターとアーモンドミルクも使ってみたの。肌に良い上に飲みやすくなるわよ。スポーツドリンクや豆乳で代用もできるけど、美味しさが段違いだから、これを機に買ってみたら?

5月も終盤に入り、ずいぶんと日差しが強くなりましたね。紫外線は、既に猛威を奮い始めています。ウッカリしていると、真っ黒なお肌に大きなシミソバカスができちゃうかも!?紫外線対策は、1年を通して行いたいもの。化粧品だけに頼らず、身体の内側からのケアをするのがおススメです。そこで、ビタミンたっぷりの野菜&フルーツで、初夏の身体が喜ぶ最強の「美白スムージー」を作ってみましょう。今回は『赤の美白力』『緑の美白力』の2色の食材の力を借りたスムージーをご紹介します。トレンドのココナッツウォーターやアーモンドミルクも使った最先端スムージー、あなたも是非作ってみて。

赤の美白食材って?

材料の効果と働き

スイカ
トマトに多く含まれることで有名な「リコピン」。けれど、驚いたことにスイカの方がトマトよりも多くのリコピンを含んでいるのです。更に、スイカにはお肌血管の若返りに効果的な「シルトリン」というアミノ酸も含まれているので、紫外線を受けてしまった後のダメージ修復も期待できます。
パプリカ(赤)
抗酸化作用の高いビタミンA・C・E、これらを合わせて「ビタミンエース」と呼びます。この3種を全て豊富に含んでいるパプリカは、美白にも美肌にも非常に効果の高い野菜。特に赤いパプリカは、他の色のパプリカに比べて甘味が強いのがポイント。味の面でもスムージーにとても向いているので、赤パプリカの使用をおススメします。

『赤の美白力スムージー』 (一人前128kcal)

材料(2人分)

スイカ小玉1/4個
パプリカ1/2個
トマト1/2個
ココナッツウォーター(もしくはスポーツドリンク)100ml

作り方

1
トマト、パプリカ、スイカをひと口大に切り、スイカの種を完全に取り除きます。
2
食材をミキサーに投入し、ココナッツウォーター(もしくはスポーツドリンク)を注ぎ入れて、スイッチオン。
3
スムージー状になるまでしっかり混ざったらスイッチを切り、グラスに注ぎます。
4
お好みでパセリやミントなどを添えたら出来上がり~♪

ポイント

赤のスムージーは、暑い夏場の朝におススメです。寝汗をかいて乾いてしまった身体に、スイカとココナッツウォーターがしっとりと潤いを与えてくれます。ココナッツウォーターがない場合は、スポーツドリンクを入れてみて。味もスッキリとしているので、夏場の食欲が低下する時期にもオススメです。

緑の美白食材って?

材料の効果と働き

小松菜
ダイエットスムージーでもよく使用される小松菜は、女性に必要な鉄分ミネラルが豊富で、高いデトックス効果があります。また、小松菜には、コラーゲンの主要な成分である「プロリン」というアミノ酸も豊富に含まれており、美肌作りにもとても良い野菜だと言われています。
キウイ
キウイに含まれるビタミンCは、抗酸化作用が高く、紫外線によるシミソバカスの修復効果が高いと言われています。けれど、日差しが強い日に飲んでから出かけるのはおススメしません。というのも、キウイに含まれる「ソラレン」は、紫外線の吸収率を高めてしまうから。ソラレンを多く含む果物を食べた後に日光に当たると、シミができやすくなるのだそう。外に出かける予定のない日や、夜など日に当たらない時間帯に飲むことをおススメします。

『緑の美白力』スムージー(一人前168kcal)

材料(2人分)

小松菜1株
りんご1/2個
キウイ1個
アーモンドミルク(または豆乳)100ml

作り方

1
りんごをひと口大に切ります。※皮を剥くか剥かないかはお好みで。
2
キウイの皮を剥き、ひと口大に切ります。
3
小松菜も一緒にひと口大に切りましょう。
4
ミキサーに、りんご、キウイ、小松菜の順に入れます。
5
アーモンドミルク(または豆乳)を注ぎ入れたら、ミキサーにかけます。
6
よく混ざったらスイッチを止め、グラスに注いで出来上がり~♪

ポイント

リンゴの皮には食物繊維ポリフェノールなど、多くの栄養が含まれています。今回は、口当たりを重視して皮を剥きましたが、便秘などから来る肌トラブルに悩んでいる人は、皮ごと入れることをおススメします。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル