炭水化物の単品食べはNG!夏野菜たっぷりの痩せそうめんレシピ

モテ子
普通にそうめん単品を食べるよりものど越しが良いわよ。レタスを千切りにして重増ししてるから、自然と食べすぎも防げるわ。

毎日暑い日が続くと食欲が落ちてしまい、冷たい食べ物を選びがち。そんな夏のお助け定番メニューと言えばそうめんですよね。でも、そうめんはれっきとした「炭水化物」。野菜を添えずにうっかり単品食べをしてしまうと、夏太りしてしまう可能性があるんです。そこで今回は、夏太りと炭水化物単品食べを防ぐために、彩り豊かな野菜たっぷりのそうめんレシピをご紹介します。

材料の効果と働き

オクラ

オクラのネバネバ成分の1つである「ペクチン」は、水に溶ける水溶性食物繊維。ペクチンには、糖の吸収を抑え、中性脂肪をつくるアミラーゼの働きを抑える作用があります。ダイエット中の方は、炭水化物を摂るときにオクラも一緒に摂ることをおススメします。

めかぶ

めかぶに含まれている「フコイダン」は、弱った胃腸を助ける作用があります。また、炭水化物に添えて摂ることで、糖の吸収スピードがゆるやかになり、血糖値が急上昇するのを抑えることもできます。
更に腸内の清掃効果もあるので、便秘でお悩みの方は、積極的に摂ることをおススメします。

『夏野菜とネバネバつけ汁のそうめん』のレシピ (一人前280kcal)

材料(2人分)

そうめん一束
めかぶ1パック
オクラ4本
ひきわり納豆1パック
きゅうり1/2本
トマト1/2個
茄子1本
ズッキーニ1/2本
パプリカ1/3個
レタス1/3個
みょうが1個
しょうがお好みで
めんつゆ80cc
80cc
オリーブオイル適量

作り方

1
オクラに切り目を入れ、レンジで1分加熱します。加熱後、細かく刻みましょう。(切れ目を入れずに加熱すると破裂してしまうので要注意。)
2
刻んだオクラとめかぶ、納豆をボウルに入れます。
3
きゅうりとみょうがも細かく切り、2のボウルに入れ、めんつゆと水を入れます。これでつけ汁は完成☆
4
フライパンにオリーブオイルを敷き、輪切りにしたズッキーニと茄子を焼きます。
5
4の野菜を冷ましている間に、お鍋に水を張り、そうめんを茹でる準備をします。
6
そうめんが茹ったら、しっかり水を切ってからお皿に盛ります。
7
焼き野菜と、千切りにしたレタス、食べやすいサイズに切ったトマトとパプリカを盛りつけます。
8
つけ汁を添えたら出来上がり~☆

ポイント

そうめんは炭水化物であるだけでなく、身体を冷やしてしまう食品なので、食べ過ぎるとダイエットの効果がダウンしてしまいます。食後は、つけ汁にお湯を少し注いで温かくしたおつゆを飲むようにしましょう。身体の冷えも解消され、腸のぜん動運動も活発になるので、便秘も解消されますよ。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル