食物繊維で美腸GET☆油で揚げないヘルシーさつまいもチップス

モテ子
さつまいもは水分が抜けにくいから、電子レンジに入れた後、フライパンで軽く加熱してね。甘い種類のさつまいもならそのままでもOK!味が薄い場合は黒ゴマとしょうが糖でアクセントをつけてみなさい。

食欲の秋真っ盛り。小腹が減っては間食してしまい、気が付いたらお腹がポッコリ…なんて方も多いでしょう。けれど、自然と沸き起こる食欲を抑えるのは心身ともにストレスになりますよね。そんなときは、食物繊維たっぷりのさつまいもを揚げずにチップスにしたお菓子で、満たされながらダイエットをしてみて。サクサクとした食感とショウガ糖のほっこりとした甘味、そしてさつまいもの整腸パワーが、あなたのお腹を満足させつつペタンコに戻してくれますよ。

材料の効果と働き

さつまいも

さつま芋は、食物繊維とビタミンC・ビタミンB1・ビタミンEが豊富な美容フード。これらのビタミンには、美白美肌アンチエイジング効果があります。腹持ちがよく食物繊維が豊富なので、腸内の清掃もできてしまう優れもの!酸味が苦手でフルーツからビタミンを摂取するのはちょっと…という人には、さつまいもがおススメです!

『油であげないベジタブルチップス』のレシピ (一人前80kcal)

材料(2人分)

さつまいも1本
粉砂糖大さじ1
小さじ1
ショウガのしぼり汁お好みで

作り方

1
さつまいもを洗い、スライサーで薄切りにします。
2
薄切りにしたさつまいもを5分ほど水にさらし、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取ります。
3
ワックスペーパーを受け皿に敷き、さつまいもが重なり合わないように並べます。
4
600Wで3分ほど加熱します。その後、乾燥具合を見ながらカリカリになるまで再加熱しましょう。
5
粉砂糖と水を器に入れてよく混ぜます。※お好みでショウガ汁を加えてもOK。
6
さつまいもチップスをフライパンにのせ、中火で加熱します。
7

中火で加熱しながら5と黒ゴマを入れてザックリ混ぜます。
8
お皿に盛ったら出来上がり~♪

ポイント

加熱が足りないと歯ごたえが悪くなるので、フライパンで焦げないようにサッと加熱して水分を飛ばしましょう。砂糖を入れるときも焦げないように注意し、激しくブツブツし始めたら、すぐに火を止めて焦げ付かないようにザックリと混ぜ合わせます。使用するフライパンはテフロン加工の物がおススメ。ショウガ汁を入れることで、ピリッとした刺激が美味しいチップスになるので、ぜひ入れてみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!