秋の味覚で美腸GET☆しいたけバーグのレシピ

モテ子
肉厚のしいたけに肉汁がしみ込んでいておいしいわ。歯ごたえも腹持ちも良いからご飯の量を減らすことができるわよ。見た目がボリューミーで食べ応えがあるから、満足すること間違いなしよ。

秋の味覚であるキノコがスーパーでもたくさん並んでいますよね。安くて美味しいキノコは、カロリーが低い優秀食材!カロリーダウンダイエットをする際には欠かせない食材です。今回は肉厚な「しいたけ」を使って、香ばしい「しいたけバーグ」を作ってみましょう!キノコは免疫力UPにも効果的。風邪予防にもなるので、冷えはじめてきた季節におススメのメニューです。

材料の効果と働き

しいたけ

食卓での定番キノコのひとつ、「しいたけ」には、肌荒れ整腸肥満防止の作用があると言われています。特に「フィトステリン」という物質にはコレステロールの代謝や排出を促進する効果があるため、ダイエット中に積極的に摂りたいキノコの1つです。

えのき

お鍋料理に度々使われる「えのき」。秋冬になると安く買え、料理に歯ごたえや風味をプラスしてくれますよね。そんなえのきには、「エノキタケリノール酸」という脂肪燃焼に効果的な成分が含まれています。また、「エノキトサン」という成分は、脂肪の吸収を抑えてくれるので、こちらもしいたけ同様、ダイエット中におススメの食材です。

『しいたけバーグ』のレシピ (一人前380kcal)

材料(2人分)

しいたけ4個
鶏ムネひき肉150g
えのき20g
玉ねぎ半個
片栗粉少々
塩コショウ少々
市販のトマトソースお好みで

作り方

1
玉ねぎとえのきをみじん切りにし、耐熱ボウルに入れたてレンジで1分ほど加熱します。
2
1にひき肉を入れて塩コショウをしたらよく混ぜ合わせます。
3
石づきをとったしいたけに片栗粉をまぶします。
4
2のタネを軸のところにおいて軽く平らに伸ばします。
5
しいたけでタネをサンドし、片栗粉をまぶします。
6
オリーブオイルを敷いたフライパンにしいたけバーグをのせて中火で焼きます。
7
途中ふたを閉め、火が通るまでじっくりと焼いたらトマトソースを添えて出来上がり~♪

ポイント

今回はえのきのみじん切りをタネに使いましたが、舞茸やしめじなどでもOKです。トマトソースを手作りしたい場合は、しいたけバーグを焼いた後のフライパンに、そのままソースとケチャップ、水小さじ2杯を入れて加熱するだけでOK!大根おろしや生姜醤油などを添えれば和食にも早変わりします。肉厚なので、火が通っているか心配な場合は1分ほどレンジで加熱してみましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!