Xmasのメインディッシュはコレ☆オーブンいらずのローストビーフで痩せ力UP

モテ子
何よりオーブンを使わないからお手軽ね!ソースにバルサミコ酢を使用しているから、おしゃれな洋食を食べている満足感が味わえるわ。食べ慣れた「だし醤油」もよい隠し味になって、食べやすい味ね。

クリスマスまで1ヶ月を切りましたね!今年のクリスマスは、どのように過ごす予定ですか?お家でのクリスマスパーティーもお楽しみのひとつ。オードブルにクリスマスケーキなど、彩りあるごちそうがたくさん並びますよね。そして、テーブルをより華やかにしてくれるメインディッシュと言えば、「ローストビーフ」。今回は、お手軽にできちゃうローストビーフレシピをご紹介します♪ オーブンもないし難しそう…って思った女子もご安心を。オーブンがなくても、簡単に本格的なローストビーフを手作りすることができるんです!その上、牛肉には驚くほどの「痩せ効果」も期待できるんですよ。ダイエット中の女子も大満足できるクリスマスレシピを見ていきましょう♪

材料の効果と働き

牛ロース

ダイエットの大敵というイメージもあるお肉。しかし、それは大きな間違いです。お肉は、筋肉のもととなるたんぱく質源。牛肉に含まれているアミノ酸やLカルチニンが脂肪の燃焼を助け、代謝を高めてくれます。筋肉がつくことで燃えやすい身体になり、痩せやすい身体をGETできるのです。牛肉は、少量で長時間満腹感を得ることができるところもポイントです。手のひらサイズの赤身肉を1日1食食べることが理想的と言われているので、食事制限をしているアナタも食べ過ぎない程度に取り入れてみましょう。

バルサミコ酢

バルサミコ酢をはじめとする「お酢」には、血行を促進し代謝をアップさせる力やアンチエイジング効果など、女性にとって嬉しい成分がたっぷり詰まっています。また、抗炎症作用があるので、これからの寒い季節は風邪予防にも役立ちます。ちょっとお疲れ気味なときも疲労回復に一役かってくれますよ。今回の「ローストビーフ」だけでなく、サラダやお肉料理などにもバルサミコ酢を上手に取り入れてくださいね!

『簡単!オーブンいらずのローストビーフ』のレシピ (一人前380kcal)

材料(2人分)

牛ロース(ブロック)500g
塩コショウ少々強めに
黒コショウ強めに
バルサミコ酢大さじ1
だし醤油大さじ2
はちみつ大さじ2
エリンギ1本
ブロッコリー半分くらい

作り方

1
牛ロースブロック肉を冷蔵庫から出し、塩コショウを振ります。そのまま、お肉が常温になるまで置いておきましょう。
2
フライパンにオリーブオイルを敷き、強火で表面に焦げ目がつくまで焼きましょう。全体的にこんがりとしてきたら、火を中火にし、蓋をして3分くらい焼きます。
3
耐熱性のジップロックに、焼いたローストビーフを入れましょう。このとき、空気を抜くように袋を閉めます。
4
鍋にお湯を沸騰させ、ブクブクとお湯が沸いたら火を止めます。鍋の中に、ジップロックに入れたお肉を袋ごと入れましょう。蓋を閉めて、そのままお湯が冷めるまで置いておきます。
5
お鍋からジップロックを取出し、袋の中の肉汁を先ほどお肉を焼いたフライパンへ入れましょう。
6
煮汁とバルサミコ酢、はちみつ、だし醤油をフライパンに入れて弱火で煮詰めます。
煮詰まったらソースの出来上がり。
7

次に、ブロッコリーとエリンギをひと口大に切り、シリコンスチーマーに入れます。塩コショウを振ってレンジで2分ほど加熱しましょう。しんなりしたら添え付け野菜の出来上がりです。お皿に盛りつけておきます。
8

袋からお肉を取り出して、薄切りにしてお皿に盛りつけ、ソースをかけたら出来上がり~♪

ポイント

このレシピでローストビーフを作る時は、必ず耐熱性のある「ジップロック」を使用しましょう。熱に負けて袋が溶けてしまうと、お湯が入ってしまったり、肉汁が使えなくなってしまいますので要注意。また、ソースを加熱する際も、焦げやすいので火加減に注意してくださいね!このソースは、ローストポークやローストチキンにもよく合いますよ。また、「バルサミコ酢」は、ダイエットにも美容にも効果バツグン。他のお料理にもうまく取り入れてみてくださいね☆

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!