たっぷりミネラル吸収☆ふんわり肉団子のチャウダー風ごま鍋

モテ子
野菜とお肉の旨味、だし汁、生姜の香り、素材の旨味が存分にいただけるわよ。材料を変えればいろんなバリエーションの鍋ができるわ。

寒い冬に身体の芯からあたためてくれるお鍋はヘルシーでダイエットにも強い味方。今回のお鍋の決め手は、隠し味の甘酒とビタミン・ミネラルのほかにオメガ3まで豊富な「練りごま」。この2つを使ったオリジナルの味つけで仕上げました。優しい甘みがお鍋全体に広がり、野菜の甘みと生姜の香りの相性までも相性抜群ですよ☆

材料の働きと効果

練りごま

いりごまをすり続けることで出来上がる練りごまは、粒の状態で食べる時に比べて消化吸収がよく、おなじ量のごまに対して多くの栄養を体内に取り入れられるのがうれしいところ。日本人が不足しやすいカルシウムと鉄が豊富に含まれているので、髪や肌の質を整え、貧血を予防する効果が期待できます。さらにビタミン、ミネラルも理想的な割合で含まれていますよ。

大根

大根には、胃腸の働きをたすけてくれる消化酵素ジアスターゼやアミラーゼが含まれているので消化吸収のサポートしてくれます。さらは、ビタミンCも豊富なので美肌効果も期待できます。大根の部位のなかでも煮ものに適しているといわれているのは頭の部位。甘みがあってみずみずしいので、鍋に使うときには頭の部分を使うのがおすすめです。

ふんわり肉団子のチャウダー風ごま鍋 (1人分 249 kcal)

材料(2人分)

鶏ひき肉(もも)120g
木綿豆腐70g
キャベツ100g
えのき50g
長ネギ50g
玉こんにゃく90g
大根150g
にんじん1/3本
もちきび大さじ2
生姜適量
だし汁600cc
【A】
甘酒30cc
しょうゆ大さじ1
みりん大さじ1
適量
練りごま大さじ2
【B】
大さじ1
醤油大さじ2
コーンスターチ大さじ1

作り方

1
最初に肉団子を作ります。鶏ひき肉、木綿豆腐、Bをすべてビニール袋の中に入れて、袋の上から手でよくもんで混ぜ合わせたら、ゴルフボール程度の大きさに丸めてましょう。
2





キャベツはざく切り、長ネギは斜め薄切り、玉こんにゃくは沸騰した湯を入れて2〜3分程度ゆでてアク抜きをしておきます。大根は皮をむき1㎝幅のいちょう切り、にんじんも皮をむき1㎝幅に切ります。えのきは石づきを切り落として1/3にカット、生姜はすりおろします。
3


なべに、だし汁と、もちきびを入れて、1の肉団子と2のキャベツ以外の材料をすべて加えて沸騰したらアクを取り、Aを加えて味を調えます。
4


3を煮込んで全体の量が減ったところに、キャベツと肉団子を加え、フタをして弱火で5分ほどことこと煮込んだら完成!このときに肉団子によりいっそうふんわりと仕上がります。

ポイント

きのこ類や野菜類は、好みのものをチョイスしてもOK!肉団子は、定番の豆腐と肉にコーンスターチをくわえることでふんわり感がさらにアップ☆最後に弱火で煮込むことでよりふんわりとした食感に仕上げることができます。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

専門家ライター募集 モテ子YouTubeチャンネル