冷凍野菜でお手軽美肌☆ほうれん草ともち麦の味噌オリーブオイル和え

モテ子
白味噌の甘みとオリーブオイルの香りがベストマッチよ。もっちり感がたのしめて便秘解消や美肌づくりにも期待ができるのも嬉しいわね。

この冬は野菜、特にほうれん草が高いと話題になりましたね。でも美容を意識するとほうれん草は積極的にとりたい食材です。そこで今回は、冷凍野菜を使った包丁いらずのレシピをご紹介します。昨年大ブームとなったもち麦とのおしゃれな組み合わせにも注目☆プチプチとした食感を楽しみながらいただけるだけでなく、オリーブオイルや味噌も味わえますよ。

材料の働きと効果

ほうれん草

βカロテンや鉄、カルシウム食物繊維などバランス良く豊富に含んだ優秀な野菜!βカロテンは油と相性が良いのでオリーブオイルといっしょに和えれば吸収率アップしますよ!また、骨の健康に欠かすことのできないカルシウムやマンガンも含まれているほうれん草は、一生の財産となる骨も強くしてくれるので、女性の骨粗鬆症予防にもつながります。また、家族にお子さんや高齢者がいる方にもおすすめ。

もち麦

もち麦には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が豊富で、とくに水溶性食物繊維が白米の25倍も含まれていて、体内で水分を吸収して膨らむので、満腹効果を得られやすく、食べ過ぎを予防してダイエット効果も期待できます。さらに、不溶性食物繊維は食べ物の残りカスをすみやかに対外へ排除して便秘解消につながります。

ほうれん草ともち麦の味噌オリーブオイル和え( 2人前 283kcal)

材料(2皿分)

カットほうれん草(冷凍)150g(1パック)
白味噌35~45g
オリーブオイル大さじ1
もち麦15g
(アレンジ)
卵黄1個分
ゆでたまごの黄身適量
ミニトマト適量

20170221_recip_00

作り方

1
耐熱容器に冷凍ほうれん草を入れて600Wで1分半ほど熱し、人肌くらいの温度まで解凍します。
2


別の容器に、白みそとオリーブオイルをしっかり混ぜ合わせ、もち麦は15分程ゆでてザルにあけて水気を切っておきます。
3
ミニトマト1個を4等分のくし型に切り、たまごは黄身と卵白を別々にします。
4

1に、2を加えてしっかり混ぜ合わせたら器に二等分してそれぞれをお皿に盛りつけます。
5
片方の皿には黄身をおろし器で削ったものをのせてミニトマトを添え、もう一皿は卵黄をのせてアレンジしたら完成☆

ポイント

冷凍ほうれん草は、熱しすぎるとクタクタになりすぎてしまうのでレンジで熱しすぎないように注意しましょう。もち麦をゆでるときは、前もって水にひたしておくと、よりいっそうもっちり感がでます。事前にまとめて茹でて冷凍をしておけば、3分で作れます♪

あわせて読みたい

あまった卵白は有効活用♪

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

食材から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!