ビタミンB1×アリシンで夏バテ予防!豚肉と玉ねぎのニラ甘酒だれかけ

モテ子
タレの作り方が新鮮で、ごま油とニラの香り、豚肉炒めが相性抜群よ。

そろそろ6月らしい天気になってきましたね。この時期は、湿気が多くて疲れやすく、体調を崩しやすくなります。身体がだるくやる気がなくなる前に食事から疲労回復を狙ってみませんか?今回は、ともに疲労回復に絶大な効果を持ち、一緒に食べることで相乗効果が期待できるビタミンB1とアリシンを美味しく摂取できるレシピをご用意しました。シンプルな味付けで炒めた豚肉に、ごま油でこんがり焼き上げたニラ炒めをタレに合わせ、独特の香りで食欲も回復!一見定番の組み合わせですが、 隠し味には海苔の佃煮を使っているのでちょっと新しい味に出会えるかも☆

材料の働きと効果

ニラ

胃腸の働きを助け、血液をサラサラにする効果のある硫化アリルが豊富で、豚肉に含まれるビタミンB1 の吸収率を高め、疲労回復が期待できる食材です。また、ビタミンEやβカロテンも豊富で抗酸化作用が期待できるためアンチエイジングの食材としても優秀。独特な風味で薬味や香りづけとしてもさまざまな料理に使えるほか、あらゆる料理のアクセントに使えます。

豚肉

豚肉は、糖質の代謝をサポートするビタミンB1が豊富。さらに、疲労回復効果も期待できるため、夏バテの予防や解消のためにこれからの時期は特に積極的に摂りたい食材です。また、人が体内で作り出すことのできないたんぱく質も非常に多く、あらゆる臓器・器官だけでなく、美しい髪や爪までつくってくれます。ビタミンB1の吸収の効率を高めてくれるアリシンを含んだ食材と一緒にいただきましょう。

豚肉と玉ねぎのニラ甘酒だれかけ (1人前 282kcal)

材料(2人前)

豚肉(もも)240g
玉ねぎ1/4個
オリーブオイル大さじ1
塩・こしょう適量
ニラ2房
ごま油大さじ1
エンドウ豆(飾り用)適量
【A】
海苔の佃煮大さじ2
甘酒大さじ2
醤油大さじ1—2
ライムまたはレモンの絞り汁適量
生姜適量

作り方

1

豚肉は3cm幅に切り、玉ねぎは薄切り、ニラは2cm幅に切ります。生姜はすりおろし、エンドウ豆はさっと茹でて斜め薄切りにしておきます。
2
ボウルに、Aの材料を全て混ぜ合わせます。
3
フライパンにオリーブオイルを熱し、豚肉を炒め色が変わってきたら玉ねぎを加え、塩、こしょうを振ってお皿に盛り付けます。
4

別のフライパンにごま油を熱し、ニラを炒め2のボウルに合わせましょう。
5

3で豚肉炒めを盛り付けたお皿に、4のたれをかけ、エンドウ豆を飾ったら完成♪

ポイント

豚肉のビタミンB1とニラのアリシンの組み合わせで最強の疲労回復レシピが誕生!また、タレに使っている海苔のマグネシウムや発酵食品である甘酒は、腸内環境も整えてくれますよ!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル