迷ったらサバ缶!ダイエット×安い=最強食材でかしこく痩せる♡

モテ子
モテ子
長年不動の1位だったツナ缶を抜いて、サバ缶が1位になったわよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

ダイエッターにとって、毎日何を食べるかは重要な問題ですよね。ランチに炭水化物を摂るかで迷い、コンビニに行っては何を買うかで迷い、夜は昼間食べた食事の内容から、それを補うものをと食材選びに迷い…、太らないように食生活に気をつけて、それでもなかなか痩せない…と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
手軽に栄養が摂れて、ダイエットの効果も上がるお手頃価格の食べ物を…!と切実に願うダイエッターの皆さん、実はそれを叶える食材があるんです。それはサバ缶。今回は、ダイエッターの救世主(?)サバ缶のダイエット効果やレシピをご紹介します。

痩せホルモン「GLP-1」でダイエット効率up!

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

サバに含まれる痩せホルモン「GLP-1」は、満腹中枢を刺激して、食欲を抑える効果や消化と吸収のスピードをゆっくりにして、腹持ちをよくさせる効果があります。この効果から食べ過ぎや間食を防ぐことができる上、血糖値の急上昇も防ぐことができます。
血糖値が安定すると、食べたものが体内で脂肪として蓄積しにくくなり、結果として太りにくくなる、というわけです。
そんなダイエットの心強い味方GLP-1が多く含まれるサバは、まさにダイエッターの救世主といえるでしょう。

また、サバには痩せホルモンの分泌を促進し、脂肪の燃焼を助けるEPAが多く含まれていますので、ダイエット停滞期で悩んでいる女子や、夏までに痩せようとダイエットを頑張っている女子に積極的に摂取してもらいたい食材です。
EPAの他にも、オメガ3脂肪酸であるDHAも多く含まれていますので、上記のような効果の他にも、血液をキレイにしてくれたり、シミや色素沈着を抑制するアンチエイジング効果も期待できます。そんなサバを手軽に食べられるサバ缶って優秀食材ですよね。

関連記事

太らないサバ缶レシピ

それでは暑い時にぴったりな、手軽に作れて太らないサバ缶レシピをご紹介しますね。時短レシピですので、気軽に作れますよ。

サバ缶とおろし梅シソうどん

温うどんレシピですが、スープを冷やせば夏向きに。おろし生姜をプラスすれば、身体の冷えを予防することもできますよ。ボリュームが足りない時は、うどんの量を増やさずに、サバ缶の分量を1缶にしてみてください。満腹感がしっかりあるのでオススメです。

サバ缶のピーマンファルシー

ダイエット中にチーズ?!と思われるかもしれませんが、チーズには脂肪の燃焼を促進する効果がありますので、サバに含まれるEPAとの相乗効果が期待できます。カロリーが気になる方は、ピザ用チーズを使わずにパルメザンチーズをふりかけて焼いてみてください。

おすすめサバ缶

ストック用としてもおすすめなサバ缶はこちら。

いかがでしたか。身近にあるお手軽食材「サバ缶」で痩せホルモンを増やして、ぜひダイエットを成功させてください☆

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル