異性からのモテとはちょっと違う?同性に好かれる女性の特徴って?

モテ子
…両方からそうでもない場合はどうしたらいいのかしら…?

同性に好かれる女性ってとっても素敵ですよね。きっと皆さんの周りにも理想の女性が1人や2人いるはず。逆に、異性ウケはいいのに同性ウケはしない女性も多いですが、その差って一体何なのでしょうか?今回は同性に好かれる女性の特徴をまとめてみました。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

同性に好かれる女性って?

相手の話をしっかり聞ける人

人の話を最後まで聞くことができている人は性別問わずモテますよね。話を聞いている中で、「それはちょっと違うんじゃない?」と突っ込みたくなるようなところがあっても、最後まで話を聞いてあげることで相手は満足感でいっぱいになるものです。

ダメなものはダメと言える人

基本的に人から好かれたいという気持ち、誰にでもあるのではないでしょうか?だからと言って、相手の間違いを指摘せずにそのまま流してしまうのは、優しさではなく、ただの八方美人。相手のためにもなりません。指摘することは勇気のいることですが、時には心を鬼にして助言してあげることも大切です。

自分の意見をしっかり持っている人

関わる人によって、自分のスタンスや意見をコロコロ変える女性がいますよね。例えば目上の人には同調ばかりして、自分の意見をその都度変えてしまう人。同調することはラクですが、意見を求められた時に「○○さんと同じ意見です」と答えることに慣れすぎてしまうのはキケンです。個性すらも薄れてしまうかも。友達とランチのお店を決める時も「どこでもいいよ」と答えるより、「パスタが食べたいんだけど、どうかな?」と先陣を切る方がずっと魅力的ですよね。

責任感のある人

社会人にとって"責任"は切っても切り離せないもの。役職が上がれば上がるほど、その責任は大きくなりますが、新入社員も中堅社員もそれぞれの責任を負いながら仕事をしているはず。そんな中で、何か問題が起こった時に自分の非を認め、対応策を考えられる女性はとてもカッコいいですよね。オロオロしてしまって逃げ腰になるよりも、前向きに行動できる女性は信頼度も高まります。

オフモードの顔も見せられる人

かっこいい女性がふいにプライベートな顔を見せてくれると、グッと親近感が湧きますよね。例えば、仕事上は厳しい上司が好きなお笑い番組の話をしながら爆笑していたら、そのギャップに感動してしまうはず。飲み会やランチタイムなどのオフモードの時は、ありのままの自分をさらけ出して、飾らない姿を見せるのも良いでしょう。ガチガチな仕事人間よりも程よい抜け感があった方が人望は集まるものです。

謙虚な人

人に好かれる人は、とにかく謙虚であることが多いです。どんなに地位があっても、偉ぶらずに謙虚さを忘れない人はとても魅力的ですよね。逆に話の大半が自慢話という人は、人から煙たがられる可能性が大。

自分の話をしてくれる人

聞き役に徹して、自分のことは話さないという女性って意外と多いですが、人は基本的にギブアンドテイクを求める生き物。一方的にどちらかが話すのではなく、お互いに色々な情報交換することで仲は深まるものです。話が上手い下手は関係なく、話すことに積極的な人は好かれる傾向があります。

憧れの女性の良さを盗んでみて!

好かれる自分になるためには、身近な憧れの女性に自分を当てはめてみること。そうすることで、自分の中で好かれる女性のイメージ像が確立するはずです。同性に好かれるだけで、長い人生がさらに楽しくなることでしょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!