【連載:現役男子学生のチラ見】なかなかLINEを返してくれないカレの本音 ~既読無視の理由~

付き合う前は毎日あんなにLINEしてたのに…。今となってはLINEの数が激減した!なんて人はいませんか?好きな人とは毎日連絡を取りたい!毎日電話したい!という気持ちもわかりますが、カレにもきっと理由があります。今回は、なぜ返信が遅いのかについて、男性の心理をご紹介します。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

返信が素っ気ない・遅い理由は?

そもそも毎日LINEをすることに意味を見出せない人もいます。それは、LINEをコミュニケーションツールではなく、ただの連絡手段だと思っている人です。そのため「明日はどこに何時に集合」など業務連絡っぽいものや、返信も「了解」などの短文になりがちで、素っ気ないLINEだと思われてしまうかもしれません。

また、返信が遅いなと思ったら既読無視をされていた、という人はいませんか?既読無視をする理由にもいくつかあります。

既読=了解=会話終了

わざわざ返信しなくてもいいでしょ、と思って既読をつけ「見ましたよ」サインを出しています。なので、既読をつけた側からすると無視したとは一切思っていません。僕も返信がスタンプだけだと既読だけつける場合が多いですね。

忙しい

これが一番多い理由ではないでしょうか。仕事中や友達と遊んでいるときなどは、内容だけ確認して返信は後で、という人は多いです。女子からしたら「内容見る暇あるなら返信して!」と思うかもしれませんが、見るのは一瞬ですが返信するとなると時間が必要です。特に仕事中となると、日常でスマホを触り続けられる職種以外は、スマホを触っているだけでもあまり良い印象を与えませんし、返信する時間などない人が多いでしょう。というよりも、相手が今仕事中かどうなのかは事前にわかると思うので、そこは仕方ないと割り切ってみましょう。

返信に悩む

既読をつけたものの、どう返信しようか悩むことだってあります。今度のデートでどこに行くかなどは、内容を確認してから返信に時間がかかる場合があります。また「今〇〇してる」や「今日は〇〇したの」などのTwitterに投稿しているかのような内容が送られてきたときも返信に悩みます。「へー」とか「そうなんだ」とか素っ気ない返信をして不機嫌になられても困るので、必死に返信内容を考えます。

理想の連絡頻度

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

これはもう人それぞれで男女共にですが、毎日したい人もいるし、必要なときだけでいい人もいます。ただ1つ言っておきたいのは、連絡頻度=愛情ではないということ。先述のとおり、ただの連絡手段に過ぎないと思っている男子は多いです。そういう人は、画面越しのコミュニケーションよりも、実際に会うことを重要視しています。なので、自分のカレがどんなタイプかを考えて、お互いが納得できるようなペースに調整していきましょう。

とはいえ、LINEのトラブルはなかなか減るものではありません。いくつか対処法をお教えします。

既読無視をされたとき

明らかに会話の途中で既読無視になっている場合は、ただ返信を忘れているだけの可能性が大きいです。ただ、すぐに追撃してしまうと監視されている感が出てしまうので、少し時間を空けてから追撃してみるといいと思います。

もっと連絡頻度をあげたいとき

本当は毎日連絡を取りたい!と思っている人は、LINEのトークではなく無料通話や電話をしてみたらどうでしょうか?LINEだと文字だけで、タイムラグもあるため、思ったことがなかなか伝わらなくて苦手だという人もいます。そういった場合は、お互いに時間のあるときに電話をしてみるのも1つの手です。

また、相手が返信しやすい内容のメッセージを送るのもいいでしょう。文末を質問で終わらせてみるのもアリですが、例えば相手の仕事趣味についての話題を振ってみてあげてください。男子は自分の好きなこと、興味のあることに関してはびっくりするほど饒舌になります。

まとめ

とりあえず、連絡頻度が少ないからといって、愛情がなくなってきたということは少なそうです。むしろ、信頼しているからこそ連絡頻度が少なくても通じ合っていられると思っている人もいます。いつでも連絡がとれる今の時代だからこそ、実際に会ってコミュニケーションをすることのほうが大切なのかもしれませんね。

文:YAM/首都圏の国立大学に通う男子大学院生

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル