【連載:現役男子学生のチラ見】男子はボディタッチに弱いのか?男子が勘違いしてしまう女子の行動

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

気になる女子からボディタッチをされると嬉しいのはもちろん、今まで意識していなかった女子でも、ボディタッチをされると気になり始めてしまいます。男子はそれくらい単純なんです。もし気になる人、好きな人にするのならば構いませんが、どうでもいい人にしていると、勘違いされてしまう可能性があるので、気を付けた方がいいかもしれません。そして、ボディタッチをされたとき、男子は何を思っているのでしょうか。

ボディタッチに何を思う?

さて、先ほども言いましたが、気になる女子からボディタッチされると「…あれ?もしかして…」と淡い期待を持つことになり、特に意識していなかった女子からボディタッチされると、勘違いして変な期待をすることがあります。まあ、つまりボディタッチをされて嫌がる人はそうそういないということです。

特に効果的なのは「自然に」です。もしボディタッチでカレの気を引きたいと思っている人は、会話の流れからさりげなく肩を触るなどしてみるといいでしょう。また、ベタにシャツの襟を直してあげたり、ゴミがついているなどと言って取ってあげたりするのも効果的です。

反対に、タイミングが悪く、不自然になると逆効果になってしまいます。例えば飲み会などで気になる人が明らかに違う女子を狙っている場合、確実に鬱陶しいと思われるのでやめておいた方が良いでしょう。また、そもそも好みではないなどマイナスの印象を持たれてしまっていると全く効果はありません。一度ボディタッチしてみて、まったく反応が無いようだと、違う人に的を変えた方が良いと思います。

ボディタッチ好き派

腕や肩などに軽く触られる感じのボディタッチの場合、だいたいの男子が思っているのは「少なくとも悪いようには思われていないな。よかった」くらいです。しかし、腕を組んできたり、太ももなどを触ってきたりするようになると、勘違いしてしまう人も少なくありません。特にお酒の入った席ではいつもより大胆になりがちなので、気を付けましょう。

ボディタッチ嫌い派

ただし、中にはボディタッチをする女子が嫌いな人もいます。その理由の多くは「軽い女子」に見えるから。あざとさや、軽さが垣間見えてしまうため、誰にでもやっているんだと思われてしまいます。また、そもそも他人に自分の身体、特に髪の毛などは触られたくないという人も少なからずいます。ボディタッチするにしても、どこを触るかはよく考えたほうがいいかもしれません。

ボディタッチのほかに勘違いされやすい行動

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

男子は勘違いしやすい生き物なので、ボディタッチ以外にも勘違いしてしまう行動はいろいろとあります。普段から気のない男子に言い寄られて困っている、という人はこんなことをよくやってしまってはいませんか?

ハートの絵文字

女子側は特別な意味もなく、単純にかわいいからという理由で使っているかもしれませんが、勘違いしてしまう男子はよくいます。ハートマークは好きな人に送るものだと思っている人もいますし、このハートマークはどんな意味があるんだろう、とモヤモヤ考えている人もいます。なので、勘違いしてほしくない人に対しては、ハートは使わないほうが無難でしょう。逆に、気になる人に対しては効果的かもしれません。

二人きりで遊ぶ

例えば二人だけでご飯に行くなどは「デート」と捉えられ、自分に気があると思われても仕方がありません。特にその日がクリスマスなどのイベント日であればなおさらです。もしお試しで行くのであればイベントの日は避け、まずは普通の日に遊んでみて「なんか違うな」と思った場合は、はっきりとお断りをした方が良いと思います。

一口ちょうだい

食べ物や飲み物を「一口ちょうだい」と、貰ったことはありますか?ただ、美味しそうだから食べてみたかっただけかもしれませんが、男子としては「間接キスじゃん!」と思ってしまいます。逆に「一口いる?」と聞かれても、試されている感じがしてどうしていいかわかりません。特にあまり女子に慣れていない人からすると、かなりドキドキするパターンのやつです。シェアしたいときは、それぞれ自分のお箸やストローなどと分けて使うように意識しましょう。

まとめ

皆さんは無意識にしてしまっていることはありませんでしたか?あなたは何も思っていなくても、あなたの行動で男子が無駄に期待をしてしまうことがあります。ボディタッチなどの勘違いさせてしまいやすい行動は、むやみやたらとせず、気になる人にだけするようにしましょう。

文:YAM/首都圏の国立大学に通う男子大学院生

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル