【連載:現役男子学生のチラ見】同情するならチョコをくれ!男子のバレンタインの本音

もうすぐバレンタインですね。男子学生諸君の99%はドキドキしていると思います。朝登校したらまず靴箱を確認、教室に入ったら机の中を確認。チョコを渡してもらいやすいように1人でうろちょろしてみたり、学校が終わっても用事も無いのに残ってみたり。そういう人に限って結局貰えないんですけどね!

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

正直ここまでベタな人は多くはないと思いますが、それでもやっぱりバレンタインという日は、淡い期待を持ってしまうんです。女子は女子で気になる人にチョコを渡すとなるとドキドキするだろうし、男子がどう思っているのか気になるのではないでしょうか。そこで今回は男子諸君のバレンタインに関する本音を見てみたいと思います。

フリー男子の本音

というわけで、まずは彼女がいないフリー男子の本音です。どんな気持ちでバレンタインを過ごしているのか、実際にチョコを貰ったときはどんなことを思っているのかをご紹介したいと思います。

誰でもいいから1個は欲しい

社会人にもなると興味が薄れてくるかもしれませんが、中高生にとってはバレンタインの日に1個もチョコを貰えないのは、なかなかメンタルがやられます。たとえ義理チョコでも貰えれば意気揚々と家に帰れるんです。もし1個も貰えないときは、最後の砦であるお母さんからのチョコを受け取り、自分への戒めとして食べます。心優しい女子のみなさんは5円チョコでもいいので、恵みのチョコをあげてください。

本命or義理?で悩む

市販のチョコをみんなに配っているうちの1つを貰ったなら、それは確実に義理チョコだとわかります。でも、お菓子作りが好きな人などは、義理でも手作りを渡すことありますよね?女子側にそんな気がなくても、手作りチョコを貰ってしまうと心がピュアな男子は「もしかして本命?」と勘違いしてしまいます。そんな可哀想な勘違いをさせないためにも、義理チョコなら義理チョコとハッキリ伝え、義理だとわかる見た目にしてあげましょう。

そんなに親しくない人からの手作り本命チョコは重い

彼氏や旦那さんにあげるのなら全く問題ありませんが、特に近い関係でもない片思いの人に当たって砕けろ!で手作りチョコを渡そうとしている人は要注意です。たぶん砕けます。男子からすると、今までほとんど話したことのない女子からいきなり手作りチョコを渡されても、何が入っているかわからなかったり、重いと感じたり、困惑してしまいます。バレンタインに思いを伝えるのはかまいませんが、当日までに段階を踏んで距離を近づけてからにしたほうがよさそうです。

リア充男子の本音

彼女や奥さんがいる場合、チョコの受け取り方もまたちょっと変わってくると思います。貰って嬉しいのはもちろんなのですが、彼女や奥さんだからこその悩みというものもあります。

何を貰っても嬉しい

正直、好きな人から貰ったものなら何でも嬉しいです。やっぱり気持ちが大事なんだと思います。なので、付き合ったばかりの人とかは手作りのチョコやお菓子がおすすめです。ただ、毎年毎年続くとほかのものも食べてみたいなーと思ったりもします。そろそろレパートリーもなくなってきたという人は、普段は買わないようなちょっとお高めの高級チョコをあげてみるのもいいかもしれません。

パートナー以外の人から貰っても嬉しいけど…

職場などでパートナー以外の人から義理チョコを貰うことだってあるし、嬉しいです。ただし、それが一目見て義理チョコだとわかるものならいいですが、ちょっと凝った手作りチョコや本命と疑われかねないものを渡されたときは困ってしまいます。受け取らないのも申し訳ないし、かといって持ち帰って彼女に見られてもなにを言われるかわからない。そんなときは彼女に正直に伝えず、こっそりと1人で消費している男子の方が多いかもしれません。もし彼氏がそういったチョコを貰っていたら、嫉妬するよりも「私の彼氏って人気あるじゃん!」とポジティブに受け取ってあげてください。

実は甘いものが苦手

甘いものが苦手な男子って実は結構多いんですよね。付き合ったばかりの人の場合、せっかく手作りチョコをあげたのに彼氏が甘いものが嫌いだった、となるといきなり気まずい雰囲気に…。また、特にチョコは嫌いじゃないけれど、ほかのものが欲しいという場合もあるので、バレンタインだからといってチョコに固執せず、事前に相手の好みやニーズをしっかりリサーチしておくことも大事ですよ。

貰ってうれしい反面お返しに悩む

バレンタインでチョコを貰ったとき、男子はうれしいと思うと同時に「お返しどうしよう…」と頭を悩ませます。センスを問われているようで適当なものはあげられないし、2倍とか3倍返しでないといけないような雰囲気があります。なので、お返しをするのが嫌だから、できればチョコを貰いたくないと思っている男子も実は一定数います。

グループ義理チョコへのお返しは大変&面倒くさい

バイト先や職場など、女子が何人かでまとめて義理チョコを用意してくれることがあります。これ、女性陣は楽にチョコを渡せてよいと思いますが、男性陣としてはどうやってお返しをあげればいいのかすごく悩みます。同じようにお返しをまとめてくれる人が男性陣にいればよいのですが、そんな気が利く人ばかりではありません。かくして義理堅い人であればあるほど、ひとりひとりにお返しを準備してしまうわけです。「どうせ他の誰かが準備しているから自分はいいや」と、他人任せの人もいますけどね。義理チョコは義務ではないので、女性陣も負担になっているのであれば渡さなくても良いのでは、と思います。

プレゼントは実用的なもので

チョコくらいならお返しもそこまで高額にはなりませんが、彼女や奥さんからチョコ+αでそれなりに高いプレゼントを貰ってしまうと、お返しのプレッシャーに押し潰されそうになります。プレゼントをあげるときは、財布やアクセサリーよりも、ネクタイや下着といったリーズナブルで実用性のあるものがベター。

まとめ

いかがでしたか?とりあえず言いたいことは、「チョコを貰って嬉しくない男子はいない」ということ。しかし、渡したい人との関係性や距離感によって、チョコを含む渡す物やタイミングのベストチョイスがあると思うので、まずは距離感をしっかり見定めてみてください。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル