5人に1人が恋愛対象外!?視線耐性をチェック

日に日に寒さが増し、人肌が恋しくなるこの季節。さらにクリスマスや忘年会、新年会など異性との接点も何かと多くなるタイミング。そこでギャツビーは今回、どうすれば女性との距離を縮められるのかという男性陣の関心事に関して、無意識的になりがちな“視線”という軸で女性の本音を調査しました。

関連記事

気になる調査結果は…?

モテ美
モテ美
この調査は女子から男子への意見だったけど、逆も言えるのよねぇ~。イケメンくんをどんどん見つめて恋愛対象になってやるぅ~!
モテ子
モテ子
イケメンに見つめられたら「もしかして、脈アリ!?」って思っちゃうものね。それで何度煮え湯を飲まされたことか…。まずは、自分の視線耐性スコアと視線耐性レベルをチェックしましょう。

第一印象は視線が大事!?

「目を見て話すことが大切!」と小さい頃から教わってきましたが、目を見て話してくれる人について、どういう印象を持つか聞いてみたところ、「コミュニケーション力が高そう」「いい人そう」「誠実そう」という順に。また「自分に興味を持ってくれているのかと思う」からは、自分への関心も感じ取っているようです。目を見て話すことは内面的な魅力を伝える手段として有効であるとともに、相手に対する関心を伝える手段であると言えそうです。

3人に1人が目を見て話してくれないと「嫌われてるのかと思う」

あまり目を見て話さない人について、どういう印象を持つか聞いてみたところ、「シャイなのかと思う」「自分にあまり興味がないのかと思う」「コミュ障なのかと思う」「嫌われているのかと思う」という順に。やはり女性からすると、目を見て話さないのは、印象が悪く映り「興味がない」「嫌われている」と捉えられてしまう結果も出ています。

視線耐性がある人は「コミュ力高そう!」

また、会話中など相手の視線を受けてどれだけ自然体でいられるのかの尺度“視線耐性”に関して、視線耐性がある人をどう思うか聞いてみたところ、「コミュニケーション力が高そう」「自信がありそう」が上位に。

5人に1人が「視線耐性がないのは、恋愛対象としてNG」

初対面の異性に視線耐性がない場合、その人との付き合い方にどう影響するか聞いてみたところ、視線耐性がない場合、5人に1人は恋愛対象として見られないことが明らかとなりました。このように、視線耐性がないと、女性からネガティブに捉えられたり、マイナスの印象を与えがち。せっかくの新たな出会いを次に繋げるためにも、視線耐性を高めることが大切!

調査概要

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル