働く女性の8割以上、冬のボーナスがもらえる!支給額1位は「10~30万円」

*アプリ限定記事*
つづきはアプリで読むことができます
♡アプリをダウンロード♡

セイコーウオッチ株式会社は、20代~40代の働く女性500名を対象に「冬のボーナスと自分へのご褒美に関する調査」を行いましたので、その結果を発表します。

“自分へのご褒美”を買う人は約半数!働く女性の理想・目標は、ワークライフバランスの実現

本調査では、8割以上の人が冬のボーナスをもらう予定であることや、その内ボーナスで“自分へのご褒美”を買う人は約半数以上であることが分かりました。また、今年の自分を点数で評価してもらうと、10点満点中5~10点をつけた人は7割以上となりましたが、自己評価の内容はワークライフバランスが深く関わっていることが明らかになりました。さらに、来年頑張りたいことや、働く女性にとって必須アイテムである腕時計に対する意識なども調査しました。

調査結果トピックス

  1. 今年の冬、ボーナスをもらう人は8割強(86.0%)。支給額は「10~30万円未満」(33.3%)が最多
  2. 約半数の人は、冬のボーナスで“自分へのご褒美”(42.6%)。使い道は自分を高めるものなど
  3. 働く女性の理想・目標はワークライフバランスの実現!?今年の自分を点数化。自己評価は十人十色
  4. 来年頑張りたいこと 1位「仕事」(18.4%) 2位「趣味」(16.2%) 3位「子育て」(12.6%)
  5. 仕事に欠かせない腕時計 6割以上の人が「身に着けている」(62.0%)。デザインは十人十色。
  6. ゴールドの腕時計のイメージ 1位「華やか」(54.4%)。「ファッションと合わせるのが難しい」という声も

今年の冬、ボーナスをもらう人は8割強(86.0%)。支給額は「10~30万円未満」(33.3%)が最多

12月が迫るこれからの季節、ボーナスのことを考えるビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。今回は、働く女性の皆さんに、今年の冬のボーナスをテーマにアンケートを実施しました。まず、今年の冬にボーナスの支給予定について、8割以上の人が「(ボーナスをもらう予定が)ある」(86.0%)と回答しました。

次に、支給額について掘り下げて調査してみると、最も多いのは「10万~30万円未満」(33.3%)、続いて多かったのは「30万~50万円未満」(22.3%)、「50万~100万円未満」(15.3%)という結果となりました。

約半数の人は、冬のボーナスで“自分へのご褒美”(42.6%)。使い道は自分を高めるものなど

1年間の終わりに支給されるボーナスは、頑張った自分をねぎらうための買い物に充てる人も多いのではないでしょうか。そこで、冬のボーナスをもらう人を対象に、“自分へのご褒美”を買うかどうかをたずねてみると、約半数が「買う」と回答。また、買い物の予算については、「1万~10万円未満」(67.8%)が半数以上となりました。

では、頑張った自分へのご褒美には、どのようなものを買うのでしょうか。ボーナスで買いたいものについて掘り下げて調査してみると、最も多いのは「服」(50.3%)、その後には「旅行」(35.5%)、「腕時計、アクセサリー」(33.9%)といった回答に票が集まりました。自分へのご褒美には、ファッションアイテムなど、仕事やプライベートで身に着けて自分自身のテンションが上がったり、自分を高めたりするものを買いたい人が多いようです。

働く女性の理想・目標はワークライフバランスの実現!?今年の自分を点数化。自己評価は十人十色

このように、冬のボーナスで自分へのご褒美を買う人は数多くいることが分かりましたが、働く女性の皆さんは、この1年間の自分をどのように評価しているのでしょうか。そこで、10点満点で、今年の自分を点数化して評価してもらいました。すると、「5点以上」の評価を付けた人は全体の7割以上でした(73.4%)。また、全体的に見ると点数はばらける形となりましたが、理由としてワークライフバランスについて語る人が多い印象を受けました。仕事とプライベート(家事・子育て・恋愛など)のどちらか一方が充実しているだけでは満点をつけない人が多いということが分かりました。現在の働く女性にとって、仕事とプライベートを両立させるワークライフバランスの実現が目標・理想となっている、と考えられます。

来年頑張りたいこと 1位「仕事」(18.4%) 2位「趣味」(16.2%) 3位「子育て」(12.6%)

上記の結果から、ワークライフバランスの実現を重要視している人が多いことが分かりました。では、来年はどのようなことを頑張りたいと考えている人が多いのでしょうか。来年頑張りたいことについて聞いてみると、最も多いのは「仕事」(18.4%)、その後には「趣味」(16.2%)、「子育て」(12.6%)といったプライベート面を充実させるための回答が続きました。働く女性の皆さんにとって、仕事は優先度が高いようです。また、お子様がいる方は、来年こそ仕事と子育てをうまく両立させたいと感じている人も多いのではないでしょうか。その他には、「節約」や、「運動・トレーニング」「ダイエット」「自炊・料理」といった、健康や体調管理をイメージさせる項目に票が集まりました。

仕事に欠かせない腕時計 6割以上の人が「身に着けている」(62.0%)。デザインは十人十色


続いて、仕事を頑張る働く女性にとって重要なアイテムである“腕時計”をテーマに、アンケートを実施しました。まず、普段腕時計を身に着けているかどうかを聞いてみると、「毎日身に着けている」(21.2%)、「ほぼ毎日身に着けている」(19.8%)、「時々身に着けている」(21.0%)と、6割以上という結果になりました(62.0%)。

すでに身に着けている腕時計の色は「シルバー」が群を抜いて多かったですが、挑戦したい・買いたい色については、1位が「シルバー」(24.6%)、2位が「ゴールド」(18.0%)と様々な意見がありました。現在身に着けている色でも多かったシルバーは定番のようですが、“挑戦したい色”はゴールドと考えている人も見うけられ、時計もカラーを楽しみたいという人が多いようです。

ゴールドの腕時計のイメージ 1位「華やか」(54.4%)。「ファッションと合わせるのが難しい」という声も

最後に、定番のシルバーの次に挑戦したい色として人気が高かったゴールドの腕時計に対するイメージを調査してみました。すると、「華やか」(54.4%)という回答が最も多く、その他には「大人っぽい」(29.8%)、「女性らしい」(29.0%)という回答に票が集まりました。また、中には「シーンを選ぶ」(12.0%)、「ファッションと合わせるのが難しい」(11.6%)とハードルを感じている人も少しいることが分かりました。一見身に着けるハードルが高い色だからこそ、“挑戦したい色”としてゴールドを検討している人もいるのかもしれません。

<セイコー ルキア>レディゴールドシリーズについて

本調査では、ゴールドの腕時計に対して「華やか」「大人っぽい」「女性らしい」というポジティブな意見が多かったものの、一部「シーンを選ぶ」「ファッションと合わせるのが難しい」と、ハードルが高いイメージを持つ人もいることが分かりました。セイコールキアは、そんな方々のイメージを覆すような、シーンを選ばずにどんなファッションにも合わせやすく、上品な華やかさを演出してくれる「レディゴールド」の時計をご用意しております。本調査における自己評価を伺った質問において、ワークライフバランスを重要視し、仕事とプライベートどちらも充実させたいと考えている人が多いことが分かりました。また、今年のボーナスでは自分へのご褒美に、身に着けて自分を高めてくれるものを買いたい人も多数でした。働く女性にとって切っても切り離せない腕時計。シーンを問わず使えて、さらに気持ちも高めてくれる「レディゴールド」でON・OFFどちらのスタイルも楽しんではいかがでしょうか。
昨今では、多くの働く女性がソーラー電波時計を所有しており、そのデザインの多様性のニーズは高まっています。ルキアでは、ダイヤモンドをさりげなくダイヤルに施したレディダイヤシリーズが他にはないデザインとして好評をいただいておりますが、中でも「レディゴールド」カラーをケース&ブレスレットに施したモデルが人気を博しています。美しく存在感があり甘さは控えめ、さらに肌馴染みの良いカラーです。レディスウオッチ市場ではシルバーカラーやピンクゴールドカラーが広く展開されているため、セカンドウオッチを検討している方や、今まで欲しいカラーがなくソーラー電波時計を持てなかった方など、新しい層のご期待に添えるモデルとなります。

調査概要

  • 調査期間:2019年10月7日(月)~10月9日(水)
  • 対象:全国の20代~40代女性500名
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査会社:株式会社ネオマーケティング

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル