カロリーは肉の半分以下!冷凍豆腐で高タンパク質ダイエット

*アプリ限定記事*
つづきはアプリで読むことができます
♡アプリをダウンロード♡

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『カロリーは肉の半分以下!冷凍豆腐で高タンパク質ダイエット』を公開しました。

大豆ミートは簡単に自作可能!

大豆を肉のように使うことができる「大豆ミート(ソイミート)」。大豆(=ソイ)を加工して作られた肉もどきのことで、動物性食品を食べないベジタリアンやヴィーガン、マクロビオティックを実践している人たちの間では、タンパク源として重宝されている定番食品です。
食に制限を課しているこうした人以外にも昨今そのヘルシーさが受け、すそ野は広がってきています。ただ、販売されている店がまだ限定されているので、手に入りにくいのが難点。でも実はこの大豆ミートに近いものを、豆腐を冷凍することで作ることができます。

豆腐を冷凍するとどうなるか

豆腐は冷凍できない食品に分類されています。冷凍・解凍すると食感などの性質が変化してしまうためですが、そこを利用するのが冷凍豆腐。豆腐は絹ごしも木綿もほとんどが水分でできています。冷凍することで豆腐の水分が凍り、解凍の際に凍った部分が溶けて水分が外に流れ出ると固形の部分だけが残って、豆腐とはまったく別物の食感に変化するのです。
豆腐を冷凍・乾燥を繰り返して作られる高野豆腐と同じような原理です。高野豆腐は「凍り豆腐」とも言われていますよね。冷凍豆腐も高野豆腐に近い食感で、スポンジ状になり肉の代替として使うことができます。高野豆腐よりもパサつきが気にならず、きちんと大豆の味が楽しめるのも優れたところ。

冷凍豆腐を肉代わりに使ってヘルシーに

大豆は「豆の王様」、「畑の肉」と呼ばれるほど豆類の中でもタンパク質の含有量が最も多く、しかも量だけでなく質が良いのが特徴で、体内で合成できない必須アミノ酸がバランス良く含まれています。食品中に含まれる必須アミノ酸のバランスを評価した「アミノ酸スコア」では、大豆は肉や魚と同じくアミノ酸スコア100です。
現代人の食生活は、戦後から現代にかけて動物性タンパク質・動物性脂肪の摂取量が右肩上がりに増えてきており、それに伴い肥満をはじめとする成人病も増加しています。動物性タンパク質ばかりでなく、大豆や大豆製品から植物性タンパク質も積極的に摂ることが大切です。植物性タンパク質を摂取するのに大豆は最適な食品なのです。
大豆には脂肪も含まれていますが、動物性脂肪のようにコレステロールを含んでいないので、ヘルシーに食べることが可能です。

引用元:マイクロダイエットネット

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

食材から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル