半身浴だけじゃない!お悩み別入浴法でお風呂痩せ

モテ子
入浴と水分補給はワンセット!これが脱・干物女の鉄則よ。

ダイエットの王道といえば「半身浴」!デトックス効果が絶大なだけでなく、身体への負担が少ない、筋肉や脳をリラックスさせてくれる等々、様々なメリットがありオススメです。けれど、「半身浴を続けていても冷え症が治らない」「お風呂で痩せたいけど時間がとれない」、そんなアナタは入浴法を変えてみるのもアリかも◎今回は、美容効果の高い入浴法を目的別に紹介します♪目指せ、バスタイム美人!

冷え症改善&美肌:温冷交代浴

「温冷交代浴」とは、その名のとおり熱いお湯と冷水に交互に浸かること。これが冷え症や肩こり、基礎代謝の低下など、血行不良から来る不調に効果的!
熱いお湯に浸かると体内の熱を逃がそうと肌の表面近くの血管が開きます。その後、冷水に浸かると、今度は熱を逃がさないように血管はギュッと収縮。これを繰り返すことで、血管のポンプ(拡張と収縮)作用が促され、身体の末端まで血液が行き渡るという仕組みです。新陳代謝も上がるので、美肌作りにも効果的☆
その他、

  • 疲労回復
  • 自律神経を整える
  • 低血圧の改善

にも有効です。でも、「浴室にバスタブが2つある」なんてお家、なかなかありませんよね?そこで自宅でも簡単にできるシャワーや洗面器を用いた温冷交代浴法を伝授します☆

シャワーで温冷交代浴

  1. 40~43℃くらいのお湯に下半身のみ浸かる。(1~3分程度)
    ※心臓に負担を与えないよう腰湯や半身浴、もしくはバスタブに腰掛けて膝下だけお湯に浸かること。
  2. バスタブからゆっくりと出て、シャワーで15~20℃くらいの冷水を脚と手にかける。(10~20秒程度)
    ※心臓に遠い足先から水を浴びせること。
  3. 1~2をゆっくりと5回程度繰り返す。


洗面器での温冷交代浴も簡単かつ負担が少なくオススメです。洗面器を2つ用意し、それぞれに熱いお湯と冷水を張り、椅子などに腰掛けた状態で足を交互につけましょう。

【注意点】

身体に負担がかかる入浴法です。持病(心臓・循環器系)をお持ちの方や高血圧気味の方は行わないでください。体調がすぐれない時もNG!時間や回数なども、無理のないよう調整してくださいね☆

短時間&ダイエット:高温反復浴

「高温反復浴」とは、熱いお湯での入浴と休憩を繰り返すこと。半身浴などは副交感神経を優位(=リラックス状態)にするための入浴法ですが、高温反復浴は交感神経を刺激して、心身を運動時と同じような状態にもっていきます。メリットはエネルギー消費量が非常に高いことと、忙しい人でも短時間で行えること。脂肪燃焼効果があり、また、全身に水圧を受ける影響で、血行やリンパの流れも良くなります。ただし、身体への負担がとても大きいので、水分補給や自己調整など注意点も多い入浴法でもあります。

高温反復浴の方法

  1. まず水分補給をし、心臓から遠い下半身から上半身の順にかけ湯をする。
  2. 42℃くらいの熱いお湯に肩まで浸かる。(3分程度)
  3. バスタブからゆっくり上がって休憩。(3~5分程度)
    ※この時も水分補給を忘れずに。ゆっくりと髪や身体を洗うのも良いでしょう。
  4. 2~3を合計で3回繰り返す。最後にしっかり水分補給。

【注意点】

内臓への負担が大きくかかります。お湯に入る・出る時は必ず「ゆっくり」行うこと。持病をお持ちの方や貧血気味の方、体力に自身の無い方は控えてください。また、少しでも体調に異変を感じたら、すぐに入浴を中断し、水分をとって休息しましょう。冬場は急激な温度変化にも注意!入浴後に冷えた空気に身体を晒さないよう気をつけましょう。

高温反復浴の他、38~39℃程度のお湯で行う「中温反復浴」も同様の効果があります。身体への負担は軽減されるので、まずはこちらから試してみるのもオススメです♪
まだまだ寒さが厳しくお風呂が恋しい季節。自分に合った入浴法で、身体を外側からも内側からもキレイにしていきましょう☆

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル