今年は柚子湯デビュー!?冬至に湯治の恐るべき柚子パワー

*アプリ限定記事*
つづきはアプリで読むことができます
♡アプリをダウンロード♡

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『冬至に湯治 恐るべき柚子パワー』を公開しました。

こちらの記事も人気

湯治に柚子の由来


北半球では一年で最も昼が短く、夜が長い日「冬至」がもうすぐです。
毎年12月22日頃が冬至にあたり、この日はお風呂に柚子を入れて入浴する「柚子湯」の習慣があります。
柚子湯はまさに天然の入浴剤で、輪切りにした柚子を布袋などに入れて浴槽の中に入れると、よい香りが気分を爽快にし、精油成分が皮膚を刺激して血行を良くし、肌をなめらかにし、疲労回復、冷え性・リウマチに効果があります。
この習慣は銭湯ができた江戸時代から始まった習慣で、冬至→湯治(とうじ)、柚子→融通をかけて「お湯に入って融通よくいきましょう」という意味があるようです。

皮・果肉・種まで栄養満点

柚子は中国を原産地とするミカン科の樹木です。
日本では、奈良時代の初め頃すでに栽培されていて、「本草和名抄」や最古の医学書「医心方」に「柚」の記載があります。
また、漢方では「上品(じょうほん)」「君薬(くんやく)」と呼ばれ、免疫系・内分泌系・神経系・代謝系・血管系等の調節機能を活性化する働きがあり、昔から薬として利用されてきました。
柚子湯や漢方以外にも食用に用いられ、お吸い物、薬味、すりおろして味噌と和えた柚子味噌、柚子ポン酢などいろいろな利用法があります。主に皮だけを利用することが多いですが、実際は皮だけでなく果肉(果汁)も種も優れた薬効があり、全部無駄なく食べなければもったいない食品なのです。
皮の外側にはリモネン(精油成分)とベータカロチンが多く含まれています。
リモネンは柚子をはじめとし、柑橘類を絞ったときに飛び散る霧のようなものに含まれていて、新陳代謝を活発にし、脂肪分解、抗酸化、血管を広げ血行を良くして身体を温めるなど様々な効果があります。

さらに詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事をご参照ください。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル