あなた豚みたい…は、褒め言葉!?動物のおもしろ体脂肪率ランキングを紹介☆

*アプリ限定記事*
つづきはアプリで読むことができます
♡アプリをダウンロード♡

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『「豚みたい」は褒め言葉!?動物の体脂肪率ランキング』を公開しました。

豚はモデル並みの体脂肪率!

太っている人が「豚」と揶揄されることがしばしばありますが、野生の豚の体脂肪率は13%前後です。食用に太らせた豚でも14~18%ですから、想像よりも遥かに低いと思いませんか?成人女性で豚と同じ体脂肪率の13%なら、見た目的には明らかにやせすぎのの部類でしょう。
人間の場合の体脂肪率標準値は、女性は20~29%、男性は10~19%で、男女ともにそれ以上の数値になると肥満とされています。豚よりも人間のほうが、体脂肪率はずっと高いのです。では他の動物はどうでしょうか。

動物の体脂肪率ランキング!

第1位 チーター 体脂肪率4~5%

動物界トップクラスの体脂肪率の低さです。最高時速110kmで走ることができるチーターは、脂肪が少なく筋肉が多い動物で、そして筋肉の中でも特に短距離に使われる「速筋」が筋肉の70%を占めています。

第2位 馬(競走馬) 体脂肪率5~8%

トレーニングを積んだ見るからに筋肉質な競走馬の体脂肪率は、約5~8%だと言われています。トレーニング開始前でも15%前後ですので、元来人間よりも体脂肪率の低い動物だと言えそうです。

第3位 鳥 体脂肪率5%

鳥類の体脂肪率は5%前後と、哺乳類に比べかなり脂肪が少ないです。
食用の鶏の場合もほぼ同じですが、もちろん部位によって脂肪のパーセンテージは大きく異なり、もも肉・皮つき13%、皮なし3.9%。ダイエットの定番である胸肉は、皮つき5.9%、皮なし1.9%。ささみに至ってはなんと0.8%という驚異の低さ!ダイエット中に鶏肉を食べる際は、脂肪の多い皮を取り除くのが基本です。

※性別、筋肉量、環境などで誤差があります。

脂肪は何のためにある?

体脂肪というのは「白色脂肪細胞」のことを指し、全身に存在しています。特に多いのが下腹部、お尻、太もも、背 中、腕の上部、内臓の回りなどです。
動物は住む環境やライフスタイルによって、体脂肪率の適正値がそれぞれ異なります。人間の場合は、食べるものを確保できないという心配がありませんので、アザラシのように大量に脂肪を溜め込む必要はありません。それよりも体脂肪率が適正範囲に収まるように、食事量や運動量を調整しなければなりません。ですが脂肪は敵ではなくある程度は必要で、体の機能を正常に維持する役割があります。

体内での役割として以下のようなものがあげられます。

  1. 細胞膜、核膜を構成する材料となる
  2. 1gあたり9kcalのエネルギーがあり、重要なエネルギー源となる
  3. 体温を維持する
  4. ホルモンやビタミンDの原料となる
  5. 外部の衝撃から体を守る

体脂肪を落とすためにやるべきこと

摂取カロリーと消費カロリーのバランスがとても重要で、体内でカロリー(エネルギー)が余ることで脂肪が蓄えられてしまいます。
食事の内容・量を適正にすることと並行し、有酸素運動を行うことで体脂肪を燃焼させましょう。
有酸素運動とはウォーキング、ランニング、サイクリングなど、少し息が上がる程度(脈拍125~155が目安)で、酸素を消費し充分な呼吸を確保しながら行う継続的な運動のこと。
連続して10分程度でも効果があると考えられていますので、週に3回程度取り入れると効果的です。

引用元:マイクロダイエット

人気記事はこちら

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル