平熱を上げてやせ体質になる方法って?

*アプリ限定記事*
つづきはアプリで読むことができます
♡アプリをダウンロード♡

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『平熱を上げてやせ体質になる方法』を公開しました。

平熱35度台は要注意

もし平熱が35度台などと低いと、ダイエットをしても効果が出にくい可能性があります。またやせにくいだけでなく、風邪をひきやすい、手の指先や足のつま先が冷える、疲れやすい、生理痛が重いなどの症状が出るのも平熱が低い人にありがちな特徴です。「冷えは万病の元」と昔から言われているように、平熱が低いと体に不調が現れやすくなります。
2009年の調査によると、日本人の平均体温は36.14度と言われています。一方、1957年の調査では36.89度が平均体温だったそうです。平熱の低い人が昔に比べて増えてきており、今や「生活習慣病」と言っても過言ではありません。

平熱が低いとやせにくい

体温を維持することと基礎代謝には密接な関係があり、体温を高く保とうとすると体はそれだけエネルギーを作り出す必要があります。体温が高ければ基礎代謝は高くなり、その反対に体温が低いとは基礎代謝はそれに伴い低くなります。基礎代謝は内臓や脳、血液循環など、体を維持するために自動的に使われるエネルギーです。運動をしなくてもエネルギーが消費されるので、基礎代謝が高いほどやせやすいのです。低い平熱の原因は、筋力不足、栄養の偏り、ストレスなどがありますが、これらを改善することで平熱を上げることができます。

平熱を上げる方法…筋力をつける

乗り物や家電などにより、昔に比べ現代では運動量の低下に伴い筋肉量も減ってきています。実際、現代人に体温が低い人が多い理由に、主にこのことが挙げられます。運動で筋肉を動かすことで代謝が良くなり、体の中では熱が産生されやすくなります。筋肉を動かすことで体の末端まで血液が循環しますので、末端冷え性の人は日常的に体を動かすようにすると良いでしょう。
ジム通いやランニングなど、特別な運動をする必要はありません。
毎日なるべく多く歩き、その際は大股で早歩き、エレベーターやエスカレーターをなるべく使わず階段を上る、テレビを見るときにはストレッチやスクワットをしながらなど、まずは生活の中でできることを実行してみてください。

引用元:マイクロダイエット

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル