大豆イソフラボンでバストアップ!生野菜の豆腐ディップ添え

モテ子
お豆腐ってヘルシーなのにミキサーにかけるとマヨネーズのようになめらかになるのね!このディップならつけ過ぎても安心だわ。沢山作ってシーザーサラダのドレッシングにするのも美味しいからおすすめよ。

大豆に含まれる栄養素「大豆イソフラボン」が、バストアップに効果的な栄養素として注目されていることはもうご存知ですか?バストは乳腺細胞と脂肪細胞から構成されており、これらが多い人ほど乳房が発達しやすく、胸が大きくなるとも言われています。大豆イソフラボンには、乳腺の発達に大きな影響を与える女性ホルモン「エストロゲン」に似た作用があり、それゆえ、大豆イソフラボンを摂ることでバストアップが叶えられる☆という仕組み!「もう胸は成長しないんじゃ・・・」とお悩みのあなたにおススメのレシピですよ♪

材料の効果と働き

豆腐

豆腐の中に含まれている大豆イソフラボンは乳腺細胞の増殖を促して、バストをふくよかにする手助けをしてくれます。また、ディップに含まれているニンニクとアンチョビは、イソフラボンとの相性が良く、含まれているイワシペプチドなどがバストアップの手助けをしてくれます。ミキサーにかけるとマヨネーズのような舌触りとコクがあり、ヤミツキになっちゃいますよ☆

キャベツ

キャベツがバストアップに効くと一時期話題になりましたが、その理由はキャベツに含まれる「ボロン」というミネラルの一種がエストロゲンの分泌を促すから。けれど、毎日キャベツだけを食べていても飽きてしまい続きませんよね?そこで、相性の良いキャベツ&大豆を一緒に調理し、ボロンとイソフラボンの相乗効果を生み出しちゃいましょう!ボロンは他の栄養素と組み合わせて摂ることで効果がUPするんですよ☆

『生野菜の豆腐ディップ添えのレシピ』のレシピ(一人前135kcal)

材料(2人分)

◆ディップ
豆腐(木綿絹ごしどちらでもOK)半分
アンチョビ小さじ2
オリーブオイル大さじ1
ニンニク1片の半分
塩コショウ少々
◆野菜
キャベツ2枚くらい
きゅうり1本
サラダ大根(ラディッシュでもOK)1/4くらい
菜の花2~3本

作り方

1
野菜をよく洗い、食べやすいサイズにカットします。
2
豆腐の水をよく切ります。
3
ミキサーに豆腐・アンチョビ・オリーブオイル・塩コショウ・ニンニクを入れます。
4
3をミキサーにかけ、ソース状にします。
5
味見をして味が薄いようなら塩を加えてもう一度スイッチオン。
6
ディップソースを器に入れ、野菜を添えたら出来上がり~♪

ポイント

ポイントはお豆腐の水をよく切ること!お豆腐をザルで濾す場合は、網目の細かい物を選び、何度も繰り返して滑らかにしましょう。きゅうりはディップソースが絡みやすくなるように縞模様にするのがおススメです。
食べる際に野菜を浸すと水分でソースの味が薄くなるので、しっかりと味付けするのも美味しさアップのカギ。また、このソースにカレー粉やレッドチリペッパーなどを加えると、スパイシーな風味に仕上がります。是非試してみてくださいね♪

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル