【在宅ワーク女子の実態調査】4人に1人が肩こりデビュー?快適に過ごすためのアイデアまとめ

【在宅ワーク女子の実態調査】4人に1人が肩こりデビュー?快適に過ごすためのアイデアまとめ

*アプリ限定記事*
つづきはアプリで読むことができます
♡アプリをダウンロード♡

ピンクの温感パッチ「鎮痛消炎ミニ温膏A」「鎮痛消炎ミニ温膏B」の製造販売を行う株式会社グラフィコは、2020年4月24日(金)~4月27日(月)の4日間、全国で20歳~59歳の2週間以上在宅ワークをしている女性400人を対象に、女性の在宅ワーク実態に関するインターネットリサーチを実施しました。

在宅ワークで感じる、からだの不調1位は「肩こり」

あなたが在宅ワークをするようになって感じる、からだの不調をお答えください。

(複数回答)【n=400】

在宅ワークをするようになって感じる、からだの不調の1位は「肩こり」57.8%で、在宅ワークをしている女性の半数以上が「肩こり」を感じていることがわかりました。次いで2位「腰痛」35.8%、3位「眼精疲労」33.8%となりました。

不調を感じる方の4人に1人が「肩こり・腰痛」デビュー

体の不調は在宅ワークをするようになる前と比べてどうなりましたか。

左図:肩こり/右図:腰痛

前問で「肩こり」、「腰痛」と回答した方に、在宅ワークをする前と現在を比較して症状がどうなったか聞きました。「肩こり」については「以前は感じなかったが、在宅ワークをするようになって感じるようになった」24.2%、「以前と比べてひどくなった」48.9%、「腰痛」については「以前は感じなかったが、在宅ワークをするようになって感じるようになった」26.6%、「以前と比べてひどくなった」52.4%となりました。「肩こり」、「腰痛」ともに在宅ワークをするようになってから症状を感じるようになった方がおよそ4人に1人の割合、約半数の方が「以前よりひどくなった」という結果となりました。

半数以上が“コロナ太り”に

あなたは在宅ワークをするようになって体重や体型にどのような変化がありましたか。

(単数回答)【n=400】

外出自粛による生活の変化で、体重が増える、脂肪がつくなど、“コロナ太り”が話題となっています。在宅ワークをするようになってからの体重や体型の変化を聞いたところ「とても太った」10.0%、「少し太った」45.8%と、半数以上の方が体重の増加があったと認めています。

意外な生活変化が太る要因に!?

あなたが在宅ワークをするようになって太った原因としてあてはまると思うものをお答えください。

(複数回答)【n=223】

前問で「とても太った」、「少し太った」と回答した方に、その原因を聞きました。1位は「運動不足」85.7%、次いで「間食の量・頻度が増えたこと」67.3%となりました。既婚の方では「お酒を飲む量・頻度が増えたこと」16.3%が未婚の方と比べて高い割合となりました。仕事を終えた後、夫と一緒に晩酌しているのか、お酒を飲む量・頻度が増え、太ってしまったという方が多いのかもしれません。

在宅ワークで増えた時間・減った時間

あなたは在宅ワークをするようになって、おうちで行うそれぞれの項目の時間や頻度がどのように変わったかお答えください。

(単数回答)【n=400】

在宅ワークになることで生活スタイルやルーティンが変化した女性も多いのではないでしょうか。様々な項目でかける時間・行う頻度がどのように変わったか聞いてみました。「時間/頻度が減った」割合が最も多いのは「メイク」68.3%となりました。人に会う機会が減り、メイクをしない、またはミニマムなメイクで済ませる方が多いのかもしれません。同率2位は「仕事」・「同僚とのコミュニケーション」50.5%となりました。仕事量そのものが減っている方もいるかもしれませんが、おしゃべりや相談ごとなど、同僚とのコミュニケーションがない分、短い時間で仕事が終わるという方もいるのかもしれません。「時間/頻度が増えた」項目は1位「インターネット」61.8%となりました。ニュースを見る、ネットショッピング、動画を見るなど、外出自粛生活でインターネットをする時間/頻度が多くなったのでしょう。次いで、2位「料理」61.5%、3位「掃除」49.0%と家事をする時間や頻度が増えた方が多い結果となりました。長くなったおうち時間を快適に過ごそうとしている様子がうかがえます。

在宅ワークを快適にするみんなのアイデアを教えて!

  • まずは掃除をしてきれいにしてから仕事を始める。(38歳/東京都)
  • 座りっぱなしになるので、飲み物はあえて手元に置かず、キッチンまで行って作るようにして、なるべく動く環境にしている。(36歳/京都府)
  • 開脚しながら仕事する。(23歳/東京都)
  • 運動不足なので、休憩に「パプリカ」を歌いながら踊るようにしている。(41歳/広島県)
  • 仕事中に電動マッサージ機を使用する。オフィスではできない。(41歳/東京都)
  • 昼休みの時間にお風呂に入り、冷えとコリをほぐしてリフレッシュする。(42歳/兵庫県)
  • たくさんの種類の紅茶。一息つきたいときに気分に合わせてセレクト。(37歳/埼玉県)
  • 音楽を流して学校ごっこをしたり、子供との時間を増やして楽しんでいます。(28歳/石川県)
  • 毎日のおやつを手作りするようになった。子どもも楽しんで参加してくれるし、ストレスを軽減できています。(35歳/神奈川県)

がんばる私の肩こり・腰痛に

肩こり・腰痛に効く「ピンクの温感パッチ」
淡く優しいピンクの色柄・ハートや星などの形の外用消炎鎮痛剤。ニオイが気にならないフローラルやフルーティのほのかな香りなので、パートナーと並んで在宅ワークという方にもおすすめです。

鎮痛消炎ミニ温膏A(第3類医薬品)

  • フローラルミントの香り
  • 枚数:32枚入り
  • メーカー希望小売価格:880円(税抜)

鎮痛消炎ミニ温膏B(第3類医薬品)*大きめサイズ

  • フルーティミントの香り
  • 枚数:25枚入り
  • メーカー希望小売価格:880円(税抜)

*本品は医薬品です。ご使用にあたってはパッケージに記載の使用上の注意等をよく読んでからご使用ください。

調査概要

  • 調査方法:インターネット調査
  • 実施日:2020年4月24日(金)~2020年4月27日(月)
  • 調査対象:全国の20歳~59歳で、新型コロナウイルス対策として2週間以上継続して週3日以上の在宅ワークをしている女性
  • 有効回答数:400人(各年代100サンプルの均等割付)

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル