困り眉の次はコレ!自分に合った「ナチュ眉」でさらに美人を目指そう

モテ子
太眉といっても、あなたの眉はただのゴル●13。伝説のヘップバーンのように凛々しくかつ美しい眉を手に入れましょう。

ファッションやメイクの流行は30年周期といわれています。特に「眉毛」は顔(表情)に変化を付けられるパーツなので、よりトレンドが現れやすく+センスが問われる難しいパーツでもあります。昨年流行った「困り眉」は、守ってあげたくなるような胸キュンメイク術として、アイドル界でもトレンドになりましたよね。そして、今キテいるブームといえば「ナチュラルな太眉」!小顔効果もある太眉は、OL系や原宿系などどのジャンルにおいても基本となる形は一緒なんです。その理由は骨格からなる「眉の黄金比率」が一緒だから!早速眉メイクのポイントをチェックして、実践してみましょう☆

眉の黄金比率をマスターすることが美人への最大の近道☆

骨格に合った眉が大切

顔の額縁」といわれる眉は、アナタの印象を決める最重要パーツの一つ。自分のアレンジ一つで印象を変えられる部分だからこそ、個性が出る難しい部分です。悩んでいる人も少なくないのでは? 
01まず、美しい眉を作るための重要なポイントとして押さえておかなければならないのが「自分の骨格に合った眉の比率があり、それを覚える」ということです。むしろこの比率を頭に入れておけば、トレンドが変わっても美しい眉を保ち続けることができます!その骨格に合った黄金比率とは…
【眉の黄金比率】 
1.眉頭眉尻が同じ高さ
2.眉尻目尻小鼻が一直線
3.眉山目尻が一直線
この3ポイントを頭に入れておけば、トレンドも押さえた素敵なナチュ眉に近づけるはず☆是非覚えておきましょう。

ナチュ眉を作るには3つの道具をフル活用!

02比率が頭に入ったところで次は道具に注目してみましょう。アナタのポーチにはアイブロウの道具がいくつ入っていますか?ペンシルだけ、なんてことないですよね? 模範解答はペンシル/パウダー/マスカラの3つ!この中の1つだけで仕上げると、どうしても「描きました感」や「物足りない感」のある不自然な眉になってしまいます。3つを併用することで、よりナチュラルな太眉に近付くことができますよ!
アイブロウメイクの基本は、
1.ペンシルで眉山から眉尻に、眉山から眉頭と2回に分けて枠組みを
2.パウダーで中をぼかしつつ埋めていく
3.マスカラ毛並を揃えながら色を乗せて仕上げ☆
少し面倒かもと思うかもしれませんが、このひと手間ふた手間を加えることで、ナチュ眉をより美しく仕上げることが可能!今よりもっと美人に近づけちゃいますよ。

ナチュラルな抜け感を演出するには色が大切!

髪色×眉の重要な関係性

髪色を変えることはファッションの一つとして幅広く支持されてますよね。ですが、髪を染めたのに眉色が黒いままだと、どうしても顔全体から眉毛が浮いてしまい不自然に見えます。この眉色を決めるためのポイントとなってくるのが瞳の色!眉色が最も自然に見えるのは、【髪色と瞳の色の中間】といわれています。例えば、
髪色:12トーンくらいの明るめのブラウン
瞳:黒目のふちが少し茶色掛かっている
という場合、「眉色はライトブラウン系」がベスト!
また、アジアンビューティー代表の黒髪にはグレーの眉がおススメ。黒眉はベタっとなりがちですが、グレーはちょうど良い抜け感を演出してくれるのでトレンドっぽくなりますよ!是非試してみてください☆

自分で染めてみよう!

04眉色を明るくしたい場合、マスカラだけではどうしても抜け感を出しきれないことがあります。そんなときは眉を染めてみましょう!じゃあサロンで髪を染めてもらうとき一緒にしてもらおう♪…と思っている方、残念ながらヘアサロンでの眉染めは法律に抵触してしまうので、一般的な美容室では行えない場合が多いんです。これを機にセルフでの眉染めにチャレンジしてみましょう!(皮膚が弱い方は製品の注意書きをよく読み、炎症が起こりそうであれば控えましょう)

使うのは「脱色クリーム」!とても簡単でコスパも良いですよ☆
031. 2つの液を同量に出し、よく混ぜる
2.眉全体が隠れるくらい1の液をのせる(まるでクレ●ンし●ちゃんのように)
3.5~7分置く
4.優しくティッシュまたはコットンで拭き取る
5.ぬるめのお湯で軽く洗う
※脱色した後は皮膚が炎症を起こしやすくなっているため洗顔はしない方が良いでしょう。

メイクの際についつい油断しがちの眉。けれど2014年はその油断から卒業し、隙のないアイブロウメイクでより美顔を手に入れちゃいましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル