バッカじゃないの?クズ男の爆笑珍ネタ

*アプリ限定記事*
つづきはアプリで読むことができます
♡アプリをダウンロード♡

世の中にはさわやかな仮面を被ったクズ男がたくさんいます。今回はそんな呆れて何も言えないクズ男…の珍エピソードをご紹介します!

酔っぱらい彼氏は、悲惨中の悲惨


酔っぱらい常習犯の彼氏(31歳:会社員)は、今日も元気に朝帰り…というか昼1時に帰ってきました。休日だったので良かったのですが、JR総武線を何往復もした模様。そんな彼氏はまず帰宅後ソファで横になり、水を要求。コップを差し出した私を前に、なんと彼氏は「早く水!」と叫んだあとに、ペッっとカーペットにツバを吐きました。「…は?(怒)」
さらに、トイレに行った彼氏。数分後私を呼ぶ声がしたので、行ってみると…
彼「ねー!ねーってば!トイレ連れてって!」
私「…ここ、トイレですけど。」
彼氏の醜態が腐れおっさん過ぎて、怒りを通り越して、呆れを通り越して、感情がどこかにFarawayしました。
彼の酔いが冷めたあとに一連の話をすると、やっぱり覚えていませんでした。
1回ではなく100回地獄に落ちて戻ってくんな、と思ったことは言うまでもありません。(31歳:OL)

別れ際、女の捨てゼリフが草


私の大学時の後輩くん(32歳:居酒屋店長)は自他ともに認めるクズ男です。コロナ禍で世の中は大変だというのに、アプリで知り合った子とセフレになったという。後輩くんにはこんな時に何をやっているんだ!と言いつつ、私は相手の女性も大概だな、と思ってしまいました。なぜならその女性は、その後何ヶ月かかけて後輩くんに泣きすがり、彼女というポジションをゲットしていたのです。すげぇ〜。
どんどんは彼女の束縛が悪化しながらも後輩くんはお付き合いを続けていたのですが、メンヘラが過度になりすぎた彼女に対してついに後輩くんが別れを告げました。そのときです。彼女が泣いて拒否をするかと思ったら
彼女「お前の作るメシはまずいんだよ!この早漏がっ!」
後輩くん「(ぽか〜ん。)」
私はそれを聞いて爆笑しました。どっちもどっちだな、と。(34歳:会社経営)

クズ男にご注意を。

友達のクズ男は笑って過ごせますが、いざ彼氏や旦那になると話は別ですよね。友達の話を聞きながら学習していくのが大切かもしれません。でも、酒癖と女癖は直らないのかも…。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル