「は!?何言っちゃってんの!?」そこがキモイ。男性のアウト発言~5選~

*アプリ限定記事*
つづきはアプリで読むことができます
♡アプリをダウンロード♡

偏見に満ちた発言やモラルが感じられない一言など、イラっとくる男性のエピソードをご紹介します。

やってきた偏見おじさん。

1人暮らしをしている私は、ガスコンロが壊れたのでガス会社に連絡した。担当の修理の人は50代後半位のおじさんだった。コンロの修理という事もあり、そのおじさんと料理の話になった。
おじさん「僕の好きな料理は・・・」
自分の話を語りだし、一通り話し終わったおじさん。それに対し私は
私「私はあまり料理しないんですw彼氏に作って貰うので大丈夫ですw」
おじさん「そんなのあり得ないでしょ苦笑」
…はっ!?前時代的!!!!固定概念押し付けてくんな!カンケーねーだろ!と心の中で叫んだのは言うまでもない。

それ聞いてどうすんの?モラル0男

合コンに参加した時に初対面にも関わらず気持ち悪い質問を投げかけてくる1人の男がいた。最初は自己紹介などお決まりの会話から始まったが、多少お酒も飲んでテンションが上がったのか、その男の発言に失笑することになる。
男「シャンプー何使ってるの?」
私「・・・〇〇〇ですよ~苦笑(それ聞いてどーすんだよ。テメーにカンケーえーだろ。)」
男「じゃあ、柔軟剤は?」
私「〇〇だけど・・・(だから。聞いてどーすんだよ。じゃあってなんだよ。)」
私はモラルの感じられない質問が気持ち悪すぎて、我慢するのもバカらしいと思い黙ってその席から離れたのであった。

「俺って〇〇だからさ」自意識過剰男

地元の同級生でよく遊ぶグループがあり、たまーに参加する男友達がいた。なぜたまになのかは言うまでもなくそいつが自意識過剰であまり好かれていないからだ。だがそれに気づかず毎回懲りずに、このような会話が繰り返される。
彼「俺ってそういうの許せないたちじゃん?」
私「(はい、でた。)」
彼「俺って少し抜けてるからさ」
私「(うん、だから?)」
彼「俺ってそういう所あるじゃん?」
私「(だったらなんなんだよ。)」
グループ全員が毎回同じ事を心の中で叫びまくる。きっと二度と誘われなくなるだろう。

理解力アピール野郎

マッチングアプリで出会った男と会うこと数回、たまに上から目線だな~と思う事もあり、そろそろフェイドアウトを考えていた時だった。会話の間に入る相槌が「お前はそうだよなw」「俺はちゃんとわかってるよ」などと「俺はお前の事理解してやってる」感丸出しときた。いやいや。何を!?わかられてたまるかよ(笑)多少の暴言を吐きたいのを我慢し、なんとか笑顔で乗り切る。だが奴は止まらない。私の予想だと奴は一連の相槌を、女性のキュンPOINTだと思っいるらしい。勘違いもはなはだしい!お前にされたとて嬉しくもなんとも無いわ!はい。フェイドアウトけてーい。

勘違いすんなよ!

よく一緒にゲイバーに飲みに行く女友達が、珍しく男友達を誘って遊びたいと言い出した。断る理由も無かったので男女数人で遊ぶ事になり、楽しく遊んでいたのも束の間。そのうちの1人の男性から偏見に満ちた爆弾発言がでた。
男「俺ゲイバーとか無理~」
女友達と目が合う。きっと彼女も同じ事を思ったのだろう。
女性一同「はあ!?誰がゆーとんねん!ゲイの人達だって選ぶ権利あるわ!勘違いすんな!!」と・・・。その後、もちろんその男性と会う事は無かった。

カンチガイ野郎は一定数いるのだ。

自分自身も棚にあげてモノを言う事もあるが、まったく気づかずにアウト発言をしてしまう人はたちが悪い。しかもそれが見ただけではわからないのは辛い現実である。わかった上で付き合っていかなければならない人もいるが、そういう人とは関わらずノンストレスライフを目指したいものだ。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル