ダイエット中毒になってない?ヤセ願望と拒食症・過食症

美意識の高い人ほどなりやすいのよ。

キレイになりたい。そんな想いや努力はとても素晴らしいもの。ダイエットに成功して「痩せたね☆」なんて言われるともっと頑張ろうって思っちゃいますよね。そんな女性の想いにつけ込む怖い病気があります。それは、ダイエット依存症から来る摂食障害。食べ過ぎた後に大きな罪悪感に襲われる、自分の体型が大嫌い…そんな経験がある人は黄色信号。ダイエットと上手に付き合っていくために、ぜひ読んでみて下さいね。

「痩せられるなら何だってする」これってダメなの?

よく雑誌などで“しっかり食べて運動して健康的に痩せよう♪”なんて言葉を見かけますよね。でも、今の自分が嫌でたまらない人や、体型について冷たい言葉を言われた経験がある人には、こんな言葉は響かなくて当たり前かもしれません。

  • 拒食症になりたい
  • 痩せられるのなら病気になってもいい

そんな考えを持っている女子、実はとっても多いんです。悩みから生まれた感情ですから、決して頭ごなしに否定されるべきものではないでしょう。じゃあなぜ過度な食事制限を止めようとするのかって?それは、半年後・1年後のアナタのキレイも叶えたい、素敵な恋人や友達と色々な場所にでかけて欲しい、将来は素敵なママになって欲しい…そんな想いがあるから。
食べ物を拒み続けると、確かに10kg・20kgと大幅に体重が減少します。その他にはどんな変化があるのでしょうか?

拒食症の症状とその後

症状例と思考パターン

  • 太ることや普通体重になることが怖くてたまらない
  • 「ごめんなさい」と思いながら食べ物を捨ててしまう
  • 注意されるほどの低体重なのに元気がある
  • 周囲からは「痩せてるよ」と言われても自分は太っていると感じる
  • 体重が落ちる度に達成感を感じ、止められない

拒食症の怖いところは、初期の段階では本人が不健康な状態であることに気付けないこと。「痩せたね!」という言葉がコンプレックスを解消して自信が生まれるので、性格が明るくなり積極的に人前に出られるようになることも。結果、ご家族ですら「元気になったなぁ」と思い込んだまま症状が進行し、身体に次のような異変が現れます。

  • 季節を問わず極度の冷えを感じる/低体温になる
  • 女性ホルモンが減少し、月経不順無月経になる
  • 髪が抜ける/毛深くなる(脂肪が不足した身体を守るため)
  • 便秘やむくみが悪化する
  • 皮膚が乾燥する

更に悪化してしまうと筋力や骨が弱り、寝たきりの状態に。また、拒食症患者の5~20%は死に至っているそう。拒食症は一度かかってしまうと回復までに年単位の時間が必要…。
それでも「不健康でも良いから痩せたい」と思ってしまう方は、次の数字をよく見てみて。
→拒食症から過食症になるパターンは全体の約6~7割!
過食症は、拒食症以上にココロにダメージを与えます。

過食症と過食嘔吐って?

過食症の症状例や思考パターン

  • 限度なく食べてしまう/食べることを抑制できない
  • 人前では食べず「隠れ食い」をしてしまう
  • 食べることに対して罪悪感がある
  • 沢山食べた後に大きな後悔や自己嫌悪に襲われる

過食症の人は「食べることが好き」な人とは違い、食べるという行為や、食事を摂る自分、太ることに極度の恐怖や嫌悪感を感じます。そのため、多くの場合摂ったカロリーをなかったことにするため、1.過食嘔吐 2.下剤をらん用 などをしてしまいます。

「吐いて食べ過ぎを無かったことに」これもダメなの?

実は過食症で肥満という方はあまりいません。大抵の人は標準体型か痩せ気味。ですが、スタイルのことだけ考えて、「なら良いじゃん」と思うのは絶対NG!過食嘔吐は、美しくなりたいと願う女性の見た目内面もボロボロにしてしまうのです。

  • 胃酸により歯が溶けてガタガタに/歯が黄色く変色する
  • 食道が傷つき出血、貧血になる/炎症を起こす(逆流性食道炎)/食道が破裂する
  • 胃液を失うことで(または下剤を使い過ぎることで)必要なミネラルまで排出、便秘や疲れやすさの原因に
  • 女性ホルモンのバランスが崩れ月経が止まる/不妊症になる

また、拒食症では気持ちがハイになるケースもありますが、過食症に移行してしまった場合、食べてしまう自分に罪悪感を感じ、重い病気になってしまうことも多々あります。専門医の助けが必要な深刻な状況と言えるでしょう。

ダイエット依存症にならないために

摂食障害は、実は誰でもかかる可能性があるもの。特に、ダイエットに関心があり、意志向上心が強い女子に多いんです。「体重の増減に振り回されているかも」と感じたら、次のことを試してみて。

  • 一定期間、体重計に乗らない!(思い切って捨てるのもアリ)
  • 一人ではなく、複数の人と食事をする

1か月体重計に乗るのをやめるだけでも、食事への恐怖はかなり和らぎますよ☆バランス良く食べることができるようになるとダイエット効率の良い「痩せ体質」にどんどん近付いていきます。これが何年経ってもスレンダーでいられるカギ☆ダイエットとはキレイになるために取り組むもの。どうか極限まで痩せようとせず、ダイエットとは程良い距離間を保ちながら人生を輝かせていきましょうね!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル