梅雨が来た!湿気によるヘアトラブル回避術

モテ子
雨が降ると髪が爆発するそこのアナタ、剃るという選択肢を選ぶ前に読みなさい。

外は雨、湿気でジメジメ、せっかくセットした髪もぼさぼさ…。髪にとっていやーな季節、「梅雨」がやってきました。
梅雨のヘアケアといえば、湿気でまとまりにくい厄介な髪のスタイリングをどうにかしたい!とばかり考えがちですが、湿度が上がるこの時期は、髪や頭皮トラブルにも注意が必要!今回は、ヘアトラブルを回避して、梅雨でも美髪をキープするためのテクニックをご紹介します。

湿気によるトラブルの原因は髪のダメージ

キューティクル雨の日や湿気の多い日に髪がうねってしまう、この原因は髪のダメージにあります。
カラーやパーマなどのダメージを受けると、髪はキューティクルが剥がれて傷んだ状態に。湿度が高い日には、その剥がれた部分から水分が入り込み、髪の内部で膨張してしまいます。その結果、クセの強い髪は水分を吸ってさらにうねり、逆に、コシの弱い髪や細い髪は、水分の重さでペタンコに押しつぶされてしまうのです。

爆発&ぺたんこ 事後ケアも忘れずに!

エアコンの効いた室内に入って、湿気によるトラブルからようやく解放された髪。でも、そのままで放っておくのはとっても危険!
冷房や除湿などで乾燥した室内に入ると、水分を吸った髪は余分な水分を外に排出しようとします。その時に、髪に必要な水分や栄養まで逃がしてしまうこともあり、結果的に栄養が不足して髪のダメージが進行してしまうということも…。予防策としては、

  1. 保湿効果のあるヘアトリートメントをあらかじめ付けておく
  2. 室内に入ったらスプレータイプのヘアケア剤をこまめに使用する

など、朝や日中のケアが有効です。

毛先までしっとり潤いを与える夜のヘアケア

梅雨の時期のヘアトラブルを防ぐため、夜のケアに重要なのは、しっとりまとまる髪の土台を作ってあげること。お風呂上がりの髪は、キューティクルが開いて非常に無防備な状態。まずはそのキューティクルを傷つけずにしっかりと水分を閉じ込めることが大切です。
普段シャンプーの後にコンディショナーやリンスを使用している人は、この時期だけでも「洗い流すタイプのトリートメント」を使用しましょう。

ドライヤーは根元にあてよう

ドライヤーお風呂上がりにドライヤーを使用するときは、髪の根元乾かすように風を当てて髪が広がりやすい人上から下へと毛流れに沿って風を当て、ペタンコになる人後頭部から風を当て根元から髪の内側かきあげるようにしっかりと乾かします。
このお風呂上がりのちょっとしたケアが、翌朝崩れにくいヘアを作るためのカギ。ご自分の髪質に合わせて、ぜひ実践してみて下さいね。

アウトバストリートメントはマスト

お風呂上がりの濡れた髪使用するアウトバストリートメントは、必ず使うこと!洗い流さないタイプのアウトバストリートメントには、ドライヤーの熱から髪を守るだけでなく、キューティクルを保護する役割もあるので、日中湿気が多い時でも髪の内部に余分な水分が入るのを防いでくれます。

効果が高まる使い方

オイルタイプやミルクタイプなど、保湿力の高いトリートメントを選んで、毛先を中心につけます。目の粗いコームで軽くとかし、髪一本一本にトリートメントを行きわたらせてコーティングすることで、さらに効果がUP!髪のダメージやうねり、ペタンコにつぶれるのを防ぐことができます。

注意したい梅雨のヘアケアNGポイント

湿気の多い梅雨は、頭皮に雑菌が繁殖しやすい時期。髪を守るためのケアのつもりが、一つ間違えるとトラブルの原因になることも。次の3ポイントに注意しましょう。

頭皮にトリートメントをつけない

頭皮にトリートメントがつくと、髪の根元がべたつき、ペタンコになる原因となってしまいます。また、トリートメント剤が毛穴に詰まり、皮脂のバランスが乱れてしまうので、健康な髪が育たず、ダメージの原因となってしまいます。

毎日まとめ髪はNG

髪が広がりやすい梅雨の時期は、すっきりとしたまとめ髪が可愛くて便利!でも、毎日髪をまとめてしまうと、頭皮がべたつく原因になるほか、頭皮が蒸れて雑菌が繁殖してしまう恐れもあるんです。

長時間の帽子に注意

まとめ髪と同じく、長時間の帽子の着用には要注意。帽子を長時間着用することで頭皮が蒸れてしまうほか、帽子についた雑菌が次に帽子をかぶるときに再び髪についてしまうことも。また、帽子の素材にも気を付けて。気温が上がるこの時期、オシャレとはいえニット帽をかぶるのはヘアケア的にも衛生的にも悪影響。サマーニット帽など、帽子も夏用に衣替えしましょうね!

いかがでしたか?
梅雨の時期は、ヘアスタイルだけでなく、髪自体のケアにも気を配る必要があります。
健康な髪になれば、その分ダメージも少なく、ヘアスタイルも決まりやすくなります。
ヘアトラブルに注意したいこの季節、スタイリングと一緒に髪のケアにもぜひ力を入れてみてくださいね!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル