プチプラ☆ハーブの手作り収れん化粧水で夏サラ肌に!

モテ子
ハーブの香りとミントの爽快感が夏向きで良いわね。使用感もサッパリよ。使った後は良い香りがほのかに漂い続けるからハーブガーデンにいるような気分に浸れるわよ。

この時期お肌の悩みと言えば皮脂のテカリ。鼻の頭やおデコなどがベタついて化粧ノリがイマイチ…しかも外出したら30分もしないうちに崩れ始めちゃった!このような夏のメイク悩みを解消してくれるのがスキンケアの一番初めに使う「収れん化粧水」!今回は、夏場のマストアイテムとも言える収れん化粧水の手作りレシピをご紹介します。カモミールペパーミントを使用した収れん化粧水は香りも清々しく暑い季節に最適!ティーバッグを利用するからコスパも抜群☆ハーブの香りを楽しみながら毛穴をキュッと引き締めて、爽やかな一日を過ごしましょう。

材料の効果と働き

カモミール

白い花びらとまん丸の黄色い花芯が可愛いカモミールは、不眠や生理痛などの女性特有の辛い不調を和らげてくれることから「母なる薬草」と呼ばれ、古くから愛されてきました。風邪や口臭予防にも効果があるほか、お肌に使うと殺菌・炎症作用を発揮してニキビを沈静化してくれたり、メラニン色素の生成を抑えてシミのない美白肌へと導いてくれます。

ペパーミント

ペパーミントの香りには、ストレス解消効果や食欲抑制効果があります。また、ミントの葉にはミントポリフェノールやフラボノイド、タンニンなどの成分が含まれており、お肌の水分バランスと皮脂(油分)バランスを整え、顔のテカリや毛穴の開きを抑えてくれます。

『ハーブの収れん化粧水』のレシピ

10

材料

カモミールティーバッグ1個(無香料・無着色のもの)
ミントティーバッグ1個(無香料・無着色のもの)
ミネラルウォーター400cc
消毒用エタノール30ml
ビン

※鍋やビンは清潔なものを使いましょう

01

作り方

1
02鍋でミネラルウォーターを沸かします。
2
0403沸騰したら弱火に切りかえ、カモミールとミントのティーバッグを1つずつ入れます。この時ティーバッグのひもは切り離しておきましょう。
3
05弱火のまま10分ほど煮だします。
4
06火を止めて粗熱が冷めるまで待ちます。
5
温度が下がってきたらティーバッグを取り出し、エタノールを入れてよく混ぜます。
6
07完全に冷めるまで待ち、日付を書いたビンに入れたら出来上がり~♪

ポイント

収れん化粧水を作るときは必ず無香料・無着色のハーブティを使用しましょう。ビンには作成日を書いた紙やマスキングテープを貼りつけ、2週間くらいで使い切るよう心掛けて。使用法は、朝晩のスキンケアの前にコットンに含ませて気になる部分にパッティングするだけ。また、日焼けした場合は、赤くなった部分にひたひたにしたコットンを置いてパックするのも良いでしょう。作成後は小さな容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。冷やしてから使うことで清涼感もアップしますよ。
※手作りコスメを使う際は必ずパッチテストをしましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル