現代女性に激増中!「夏太り」って何?

モテ子
「夏ヤセ」はもう死語よ。

蒸し暑い猛暑日が続くと、いつも以上に汗をかいたり食事はそうめんだけでツルっと済ませてしまったりと、勝手に痩せていきそうな気がしますよね。でも、それ…ただの思い込みだから気をつけて!夏は基礎代謝が冬よりも低くなる季節。ただでさえ「痩せにくい状態」になる上に、冷房や夏の食事、寝苦しさなどの様々な要因が重なり合い、今「夏太り」女子が激増しています!一体どんなタイプの人が夏太りしてしまうの?アナタの生活は大丈夫?油断していると、薄着の季節なのにぽっちゃり化してしまうかも…!

夏は基礎代謝が下がる!

「基礎代謝」が高いと日常生活でのエネルギー消費量が多く痩せやすい。これはダイエッターの間では既に常識かもしれません。では、夏は冬よりも基礎代謝が下がるという衝撃の事実はご存知でしたか?
気温が下がる冬は、体温を36度程度に保つために基礎代謝が高くなります。反面、外の気温との温度差が少ない夏は、エネルギーを使わずとも体温をキープできるため基礎代謝は低い状態に。なんと、夏には基礎代謝が10%近くも下がるという報告もあるのだそう!
では一体、この痩せにくい状態となった身体にどのような習慣が絡んでくると「夏太り」に発展してしまうのでしょうか?

そうめんだけはNG!主食の単品食べ

食欲が減退しがちな夏は、「そうめんだけ/冷やし中華だけ/おにぎりだけ/サンドウィッチだけ」など炭水化物単品のみで食事を済ませてしまいがち。これが夏太りの大きな原因です。炭水化物は健康な心身維持のために必要な栄養素。けれど単品食べを続けた場合、炭水化物をエネルギーに変えてくれるビタミンB群などが不足するため、摂取したものは体脂肪として蓄積されてしまうのです。このタイプの夏太りは「栄養失調太り」などと呼ばれることも。バテ気味なのに太る、というのは悔しいですよね。

冷たい食べ物は甘味を感じにくい!

夏太りの原因は、食べ物の温度と味覚の関係にもあります。アイスやジュースなど、暑い時期に冷たい食べ物が欲しくなるのはある程度仕方の無いこと。けれど、冷たいものは温かいものに比べ、甘味を感じにくくなるので(アイスを温めたら激甘になりますよね?)、心行くまで食べてしまうと糖分の摂りすぎに繋がる可能性大!同様に、油分も冷たいと感じにくくなるもの。夏の定番、冷やし中華などは油分も塩分も高いので食べ過ぎにはくれぐれも気をつけて。

冷麺のココにも注意

上記のそうめんや冷やし中華などツルっとした冷たい麺類は、のどごしが良いためあまり噛むことなく食べてしまう人が多いもの。咀嚼数が少ないと、満腹中枢が刺激されず満腹感を感じることができないために食べ過ぎを引き起こします。冷麺でもひと口30回は噛むよう心掛けて。内臓の働きも活発になるのでエネルギー消費量もUPしますよ◎

汗でビタミン・ミネラル不足に

暑い時にたくさん汗をかくのは体温調節のため。健康維持のために必要な機能です。ただし、大量に汗をかいてしまうと必要なビタミン・ミネラルまで流れ出て不足状態に。これらは脂肪燃焼を促してくれる大切な栄養素。脂肪がスムーズに代謝されなくなり夏太りに繋がります。また、汗をかくことにより水分が不足して便秘に陥ることも。ちなみに、運動によるものではなく、夏の暑さにより汗をかく場合、エネルギーはほとんど消費されていないんだとか。一時的に体重が減るのは、水分が失われただけで脂肪が減ったわけではありません。「夏は何もしなくても汗をかくから痩せる」という思い込みは捨てましょう!

夏冷えは自律神経と内臓に大ダメージ

オフィスや商業施設で働く女性のお悩みと言えば、一括管理されたクーラーによる冷え。30度を越えるような酷暑の屋外と、「寒い」と感じるほどの室内を出入りすることにより、身体は急激な温度差に何度も晒されることになります。この温度差により自律神経が乱れ、身体に様々な不調が起きることを、俗に冷房病と言います。自律神経の乱れは、身体の芯の温度である「内臓温度」の低下に直結!内臓温度が1度下がると1日の消費カロリーは100kcal以上減るのだそう。更に、冷えた内臓を守るため、お腹周りに脂肪がどんどん蓄積されていくのです。(内臓脂肪を落とす方法はコチラ)

内臓冷えチェック

おへそ周りを手で触ってみましょう。冷たいと感じたアナタは内臓型冷え症の疑いアリ。

  • おへその上が冷たい…胃・肝臓冷えタイプ
  • おへその下が冷たい…腸冷えタイプ

胃腸の冷えは消化機能低下のモト。温かいものを摂る、湯船に浸かるなど、身体を芯から温められるよう自助努力をしていきましょう。

熱帯夜で睡眠不足

夏に入り睡眠時間が減ったという人も夏太り予備軍。睡眠時間が足りないと、“食欲増加ホルモン”のグレリンが増え、食べ過ぎを防ぐレプチンの量が減るので肥満体質に…。アメリカの研究機関によると睡眠時間が5時間の人と8時間の人を比べた結果、グレリンの量は約15%も多く、レプチンは約16%も少なかったのだとか。痩せたいならば、毎日6~7時間は眠りたいものですね。また、睡眠は時間だけでなく質も重要。眠り始めの3時間に途切れることなく熟睡できると、“最強の脂肪分解ホルモン”である成長ホルモンがたっぷりと分泌されます◎

夏も元気でスリムに

暑さによる夏バテにも冷房による夏冷えにも気をつけなければいけないのが、現代社会で生活していく上での難しいところ。「夏痩せ」はもはや昔の話。夏はダイエッターにとって、最も危険な時期と言っても過言ではないかもしれません。栄養の偏りや運動不足には充分注意し、暑い夏も元気とスリムを守り抜きましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル