お腹ペタンコ☆便秘改善エクササイズ

モテ子
妊婦さんと間違えられたことあるでしょ?

私たち女性にとって最も大きな悩みの一つである「便秘」。
男性に比べて腹筋が弱い女性の体は、便を送り出す力が弱く便秘になりやすいと言われています。
何日もお通じが来ないと身体はだるくお腹はぽっこり、お肌も荒れて良いことなし!
そんなツラくて厄介な便秘、実は運動不足が原因かもしれません!
運動不足によって腸の筋肉が衰えることで、便の排出がスムーズに行われずに便秘を悪化させてしまうんだとか。
スムーズなお通じを導く便秘解消エクササイズで、ぽっこりお腹とサヨナラしませんか??

運動不足が便秘を招く?

便秘は運動不足と非常に関係が深いもの。
スムーズな排便のためには、便を押し出してくれる「腸のぜん動運動」が欠かせません。しかし、腹筋の力が弱いと便を押し出す力も弱くなり、腸内に便が滞留して便秘となってしまうのです。
また、運動不足によって体内のリズムが乱れることも便秘の原因の一つ。私たちの心身の活動を司る自律神経は、リラックスした状態だと副交感神経が優位に働きますが、日中活動している間や興奮した状態の時には交感神経が優位になります。この交感神経が優位になった状態が長く続くとホルモンバランスが乱れたり、ぜん動運動が低下してしまうため便秘になりやすいのです。

血行不良は便秘を悪化させる!

便秘は運動不足だけでなく、冷えや代謝の低下による血行不良に起因する場合もあります。身体が冷えた時には交感神経が優位に働き、末梢神経が収縮して血行が悪くなります。それによって内臓全体も血行不良に陥り、腸のぜん動運動が低下してしまいます。
冬の寒い時期はもちろん、夏場も、冷房や冷たい食べ物の影響で冷え性になりやすい時期であり、水分も不足しがちなため便秘が悪化しやすくなるのだとか。
内臓の血行が良くなれば脂肪も燃焼されやすくなり、便秘によるぽっこりお腹だけでなく全身のダイエットにも効果的!日ごろから積極的に身体を温めるように意識して、血行促進を心がけましょう。

ハードな運動は一切なし!ベッドで寝たまま簡単エクササイズ

毎日のスムーズなお通じをキープするには、簡単なエクササイズを取り入れて腸を積極的に動かしてあげることが大切!
次にご紹介する「便秘解消エクササイズ」は、ベッドの上で寝たままでできるので、無理な動きや辛い運動は一切なし♪朝起きがけや夜寝る前などに実践すると、次第にお通じがスムーズに!無理せず毎日少しずつでも根気よく続けることで効果が現れてきます。

ガス抜きのポーズ

ヨガでお馴染のポーズ「ガス抜きのポーズ(パヴァナムクタ・アーサナ)」は、内臓に圧力をかけることで腸の働きを活発にします。また、腰や背骨のゆがみ矯正にも効果的。姿勢を整えることで内臓が正しい位置に戻るので、便秘しにくい体質(=痩せやすい体質!)になります。

  1. あお向けになり、両膝を胸元に引き付けます。
  2. 02

  3. ゆっくり息を吸いながら両腕で膝を抱えこみ、静かに呼吸をつづけながら10~20秒キープ。
  4. ゆっくりと息を吐きながら力を抜いて、再び2を繰り返します。

寝ながらでOK!股関節エクササイズ

ガス抜きのポーズと同じく、腸に溜まったガスを出しやすくする股関節エクササイズです。
股関節やお尻、太ももなど血行不良を起こしやすい下半身をほぐして、血行を促してあげるので、冷えやむくみも効果大!下腹部のゆるんだ筋肉を鍛えることもできるので、便秘解消だけでなく、筋力低下によるぽっこりお腹も解消することができますよ。

  1. 仰向けになり、右ひざの角度が90度になるよう右脚を持ち上げます。
  2. 01

  3. 息を吐きながら膝を左側に倒しそのままキープ。この時、右肩が床から離れないように注意し、胸が大きくが開くことを意識しましょう。反対側も同様に。

便秘知らずで快適に

便秘が慢性的になるとホルモンバランスの乱れや血行不良、代謝の低下など、ダイエットにも美容にとっても良くないことばかり…。毎日できる簡単エクササイズを取り入れて、便秘知らずの快適な毎日を送りましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル