上半身の骨盤!ダイエットのカギは肩甲骨にあり☆

モテ子
手を繋いでくれる異性を探す前に、まずは背中で自分の両手を繋げるようになりなさい。

「食生活や運動量には気を配っているのに痩せられない」「肩コリや頭痛に常々悩まされている」…女性に多いこのようなお悩み、原因はアナタの背中で凝り固まっている“肩甲骨”にあるかもしれません!肩甲骨の別名は「上半身の骨盤」。この部分を柔軟にすることで、姿勢改善や代謝UP、プチ不調解消など全身のスリムダウン&健康化を叶えることができます◎骨盤ダイエットの次に来るのは肩甲骨ダイエットかも☆今回は、脂肪を燃やしやすい体質を作る肩甲骨ほぐしから、二の腕・背中痩せにも効くカンタン肩甲骨エクササイズまで一挙公開♪なんだか肩が重たい…と感じているそこのアナタも今すぐ実践してみて♪

あなたはできる?背中手つなぎで肩甲骨柔軟度チェック

まずは、あなたの肩甲骨の柔軟度をチェックしてみましょう♪立ったままでも座っていてもOK、背中で両手を組んでみて。簡単に指を組める人や、指同士が軽く触れる程度まで近づけられる人は合格点◎逆に、何cmも間が空いてしまい届かないという人は肩甲骨周りの筋肉が固まっています。肩コリ猫背頭痛などの悩みを抱えてはいませんか?「右手が上なら届くけど、左手を上にすると届かない」という人も多いかも。片方しかできない理由の一つには、利き手や動作のクセ、歪みなどにより、日頃どちらか一方の肩周りばかり使っているということが挙げられます。けれど悲観することなかれ☆これから紹介する肩甲骨ほぐし術を日々1分だけでもとり入れるだけで、1ヶ月後には驚くほど両手の距離が縮まりますよ☆

なぜ?肩甲骨=ダイエットのカギの理由

肩甲骨周辺は、脂肪を燃焼させる「褐色脂肪細胞」が密集している重要スポット。肩甲骨を刺激して、この褐色脂肪細胞を活性化させることで、肩周りのみならず全身のダイエットに繋がるという仕組みなのです。
また、肩甲骨は背骨を介して骨盤と繋がり、連動して開閉しています。つまり、ストレッチやエクササイズで肩甲骨のスムーズな開閉を促すことで、骨盤の引き締めや歪みの改善も期待できるというわけ☆肩甲骨が「上半身の骨盤」と呼ばれる理由も頷けますよね。

肩甲骨がカタイ・開いているとどうなるの?

「肩甲骨が開いている」とは分かりやすく言うと「猫背」の状態。この状態のまま肩甲骨周辺の筋肉が固まってしまうと、

  • 肩や頭が前方に出る
  • バストとヒップが垂れる
  • 下腹がぽこっと出る

といった悪影響が引き起こされます。悪い姿勢はスタイルだけでなく、血流やリンパの流れを阻んで健康にも害を及ぼすもの。肩や背中、首の血流が悪化するためコリや痛みが発生するほか、老廃物が排出されにくくなり、二の腕太りやセルライト発生をも引き起こします。PC仕事や家事・育児などで肩甲骨が開いた姿勢を長時間続ける女性が多い現代、意識的に「ほぐす」「閉じる」といった動きを取り入れていくことが最重要です◎

ながらで開閉☆肩甲骨はがし

ダイエット界のHOTワード「肩甲骨はがし」とは、ガチガチに固まった肩甲骨をほぐして肩周りの可動域を広げるストレッチ。まずは最も簡単な肩甲骨の開閉トレーニングをしてみましょう☆

  1. 「気をつけ」の姿勢で立ち、肘を90度に曲げます。この時、腕を少々後ろに引き、肩甲骨に力が入っているのを確認して。※軽く胸を張った姿勢になりますが、腰を反らないように注意しましょう。
  2. 両肘の角度をキープしたまま、腕を付け根部分から動かして両肘を背面で近づける→遠ざける、を繰り返します。左右の肩甲骨が寄る→離れる、と動いているのを意識しながら行いましょう。(リズミカルに10回)
  3. 01

気持ち良さを感じられれば大成功!1日に3~5回程度、気付いた時に行いましょう。背中肉の撃退やツラい肩コリ解消にも効果的です☆

肩甲骨ほぐし&二の腕やせ ひねりエクササイズ

続いては、肩甲骨を刺激するだけでなく二の腕やせも叶える一石二鳥エクササイズ!まだまだ半袖の季節、気合いを入れてチャレンジしましょう!

  1. 「気をつけ」の姿勢で立ち、肩甲骨を意識しながら両腕を水平に伸ばします。右手のひらは天井に、左手のひらは床方向に向けましょう。この時、腕だけでなく、指先までピンと伸ばすことが重要です。
  2. 腕の付け根部分から左手をひねり、左手のひらを天井方向に。同時に、右腕を付け根からひねって右手のひらを床方向に回旋させます。
  3. 02

  4. 肩甲骨にしっかり力が入っていること、指の先まで伸びきっていることを確認しつつ、再び右手のひらを天井に、左手のひらを床方向に翻します。(テンポよく8回×2セット)

ポイントは腕が疲れても水平に持ち上げたままキープし続けること。少し腕が痛くなりますが、これが効いている証拠です◎

肩甲骨上下エクササイズ

「開閉」、「ひねる」の次は「上下」運動!ゆっくりとした動きで肩甲骨の柔軟性を高めましょう。こちらも二の腕&背中痩せに効果アリ☆

  1. 足を軽く開き、両手を頭上で合わせます。腕はしっかりと伸ばして。
  2. 手のひらを外側に向けながら、肘をゆっくりと曲げていきます。肩甲骨を寄せられる限界まで近づけて。※ただし、腰を反らないよう注意しましょう。(ゆっくりと8回)
  3. 03

姿勢改善やバストアップにも

1回行っただけでも、肩周りが軽く感じられるようになったのではないでしょうか?デスクワークや授業の合間などに短時間でもとり入れることで、重い肩コリも随分と楽になりますよ♪これらは全て、姿勢改善やバストアップにも役立ちます。ダイエット成功の要となる肩甲骨☆あらゆる方向から刺激して脂肪燃焼力をぐんぐんUPさせていきましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル