ドライヤー使いこなせてる?お金をかけずに美髪メイキング

モテ子
美髪になりたいのなら浴室だけじゃなくてキッチンにも目を向けなさい。

季節の変わり目である秋は、抜け毛頭皮トラブルなど髪の悩みが最も多い季節。しっかりとしたケアでこれから来る過酷な冬に備えたいところだけど、高機能のヘアケア用品は高価でなかなか手が出せないもの…。
でも大丈夫、ご安心を!高額なアイテムなんて使用しなくても、普段のヘアケア方法に少しの工夫を加えるだけで、サラサラでツヤツヤの美髪を生み出せるんです!
今回はそんな目からウロコのプチプラ&お手軽なヘアケア方法をご紹介したいと思います。

秋のヘアトラブルの原因はなに?

2大ダメージ要因にご注意を

ヘアトラブルを防ぐためにこの季節気をつけたいものといえば、紫外線乾燥の2つ!夏に比べて気温は随分と下がりましたが、日中の紫外線は意外にも強いもの。過ごしやすい気温になったことで帽子などをかぶることも減り、髪と頭皮は紫外線に直接さらされる機会が増えてしまいがちです。
また、夏場に比べて湿度が格段に下がる秋は、乾燥にも最大限の注意を払いたい季節。紫外線ダメージとのWパンチにより、髪は非常にトラブルを起こしやすい状態に…。髪が乾燥しやすいということは、同時に頭皮も乾燥しやすいということ。頭皮の炎症などといった乾燥によるトラブルは、フケやかゆみの原因となってしまいます。
この時期にしっかりとしたヘアケアが必要な理由、お分かり頂けましたよね!?

見逃してた!美髪が手に入るこんなプチテクニック

毎日何気なく行いがちなヘアケアにほんのひと手間加えるだけで、髪が驚くほどキレイになることを知っていましたか?
ここでは、普段のヘアケアの中で行える美髪を育てるプチテクニックをご紹介します。

シャンプー前のブラッシングを習慣に

シャンプーの前にしっかりブラッシングをする…この美容法、誰でも一度は聞いたことがあると思いますが、実はこれが髪にとって非常に大切な事なんです。
シャンプー中はキューティクルが開いており、ダメージを直に受けやすい状態。洗いながら髪のもつれを解くよりも、シャンプー前にあらかじめブラッシングをして髪のもつれをとっておく方が、はるかにダメージが少なく髪は傷みにくいのです。
また、ブラッシングによって頭皮の血行が良くなり健康な地肌が作られるほか、毛穴に詰まった汚れも浮かせることができるため、洗いあがりもすっきり!
頭皮にも髪にもいい習慣なので、ぜひ毎日のシャンプー前に取り入れたいものですね!

髪を乾かすときは「冷風」を活用して!

ドライヤーの冷風機能って何に使うの?なんて思っている人は、ソンしてるかも!ドライヤーの冷風は実は髪にとって非常に良い効果があるんです。
シャンプー後の濡れた髪は、キューティクルが開いた状態。この状態を長く放置してしまうと髪内部の栄養や水分が流れ出てしまうので、まずは温風で手早く乾かしてキューティクルを閉じることが大切。でも、やはり「熱」は髪にダメージを与えてしまい、たとえキューティクルが閉じても乾燥傷みの原因になることは確か…。
そこで取り入れたいのが、半乾き状態までドライヤーの温風で乾かしたら、あとは冷風に切り替えるテクニック。こうすることで、髪の水分を飛ばしながら熱によるダメージを最小限に防ぐことができるのです。同時に、熱による頭皮ダメージも防ぐことができるので、一石二鳥。スルーされがちなドライヤーの冷風機能、使わない手はないですよね!

おうちにあるものでOK!美髪を作る優秀アイテムはこんなにあった!


高いヘアケア用品を使うのも良いけれど、実はおうちにあるプチプラアイテムでも髪のスペシャルケアが可能。ここでは、キッチンにもある“あの食材”を使ったヘアケア方法をご紹介します!

はちみつ

液体のシャンプーにスプーン1杯程度のはちみつを加えれば、しっとり保湿ケアができるシャンプーに早変わり。はちみつの効果で泡立ちも良くなるので、シャンプーの成分や摩擦によるダメージも防ぐことも可能です。

オリーブオイル

若返りビタミン」とも呼ばれるビタミンEが豊富に含まれるオリーブオイルには、抗酸化作用がありダメージを予防・補修してくれる効果があります。
ドライヤー時にヘアオイルとして毛先を中心に使用すると指触りのいいなめらかな髪に。また、べたつきが気になる方は、入浴中にヘアオイルとして使用すればOK!髪と頭皮にたっぷり馴染ませてマッサージをし、あとはシャンプーと一緒に洗い流せば、べたつきレスのしっとりとした髪と頭皮をGETできます。

サラサラでつやのある髪はそれだけで女らしく、また清潔感好印象を与えます。
秋のヘアトラブルに負けない美髪を目指すなら、高額アイテムを用意するより日頃の習慣を今すぐ変えてみることが大切☆この秋、お金をかけないヘアケアで美髪ライフをはじめてみませんか?

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル