朝のお供でキレイに痩せたい!ダイエット味噌汁5選

モテ子
忙しい日でも、もう味噌汁だけは外せなくなるわね。

寒い冬は、温かいものを積極的に口にしたいもの。中でも温かい汁物は、ダイエットにも温活にも大きな効果があります。私達日本人にとって最も身近な「お味噌汁」も、実は温活に役立っている有能な存在。今回は、そんな親しみ深いお味噌汁の中から、ダイエットや美容効果が高いものを5つご紹介♪意外と知らない、お味噌汁やお味噌自体の選び方を知り、美しいプロポーションを目指しましょう!

赤味噌、白味噌、合わせ味噌?効果の違いってあるの?

お味噌の原料はどれも大豆ですが、お味噌それぞれの効果は違います。
赤味噌は白味噌に比べ、発酵させる期間が長く、その過程でメラノイジンという物質が増加します。このメラノイジンは、胃腸のコンディションを整えてくれるので、便秘気味の人をはじめ、腸内環境をキレイにしたい人におススメです。
白味噌は赤味噌よりもの量が多く、この麹に含まれるGABA(ギャバ)にはイライラを抑え、食欲を抑えてくれる効果があります。
合わせ味噌は、両方の味噌が合わさったもの。ダイエットにお味噌を役立てたい場合は、食べる時間帯ごとに別のお味噌を選ぶのもいいでしょう。
朝に「赤味噌」、昼に「合わせ味噌」夜は「白味噌」がおススメです。

更に効果を上げてくれるお味噌汁の具は?

お味噌汁の『具』の中で、ダイエット効果が高いものって何?ここでは、お味噌汁に欠かせない食材5品のダイエット&美容効果をご紹介します。

ナメコ(キノコ類)


キノコには、水分を含むと膨らむ食物繊維が含まれているので、食べ過ぎを抑えるのに最適です。また、食物繊維が腸内を掃除してくれるので、デトックス効果も期待することができます。

ワカメ(海藻類)


ワカメには、水溶性の食物繊維ミネラルは豊富で、便秘がちな人に最適な食材です。また、海藻に含まれているヨウ素は、余分な脂肪を燃焼する効果や新陳代謝を高める働きもあります。

しじみ(貝類)


しじみにはアミノ酸が非常に豊富。このアミノ酸を多く摂ることにより、セロトニンという脳に幸福感をもたらす物質が分泌されます。セロトニンは満腹中枢を刺激する働きもあるため、食時の際の満腹感を早く得ることができます。

豆腐(納豆など)


豆腐は美容に欠かせない女性のためのパワーフード。お味噌汁も大豆でできているので、Wで効果を得ることができます。大豆イソフラボンは、女性ホルモンを整えるほか、脂肪の蓄積を抑えたり、血糖値の上昇を抑える作用もある優れモノ。アンチエイジングにも一役買ってくれる嬉しい食材の1つです。

根菜類


根菜類は食物繊維が多く含まれており、咀嚼回数が自然に増える食材。ゴボウやこんにゃくなど、食感が違うものが複数入っている、豚汁やけんちん汁があれば、ご飯の量を減らしても満腹感を得ることができるでしょう。

お味噌汁を作ったり購入する時には、今回ご紹介したお味噌や具材の効果も意識して選んでみてくださいね。冷えに悩んでいる女性は、お味噌汁に一味唐辛子や生姜を入れてみて。ポカポカ感や風味が増し、お味噌汁のバリエーションも増えますよ☆

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル