肌荒れ知らずのモテ肌の作り方

モテ子
自分を知る事が美に繋がるわ!

肌荒れ知らずのモテ肌の作り方

カユミ、かぶれ、吹き出物、乾燥肌でゴワゴワ……。

いつも通りのお手入れをしていても、春先は何かと肌トラブルに見舞われがち。

「季節の変わり目」に起こるこれらのトラブルは、体が厳しい寒暖の差に慣れようとバランスを崩し、敏感な状態になっているのが原因です。

そんな冬から春にかけてのシーズンは、外からの異物や刺激(花粉や風)に肌が反応しやすくなっているため、刺激の少ないお手入れ方法コスメ選びが肝心!

貴女のお肌は大丈夫?!肌診断でチェック!

まず始めに、現在の肌状態をチェックしてみましょう!

A



B



C



D



E



Aにチェックがついた人は

強い風で巻きあがったチリやホコリ、花粉等が肌に付着し、刺激となっているのが原因かもしれません。

洗顔で汚れをしっかり落とすと同時に肌を外部の刺激から守る力を高めましょう!

Bにチェックがついた人は

冬から春にかけての気温の変化で肌の新陳代謝リズムが崩れ、古い角質がたまっているかもしれませんので、角質除去をしながら肌の新陳代謝力を高めましょう。

Cにチェックがついた人は

肌の潤いバランスが崩れ、皮脂が過剰に分泌されたことが原因かもしれませんので、肌の水分・油分・保湿成分のバランスを保つ力を高めましょう!

Dにチェックがついた人は

紫外線量が増加したことで、肌のハリを支えているコラーゲンやエラスチンが崩れているのが原因かもしれませんので、今のシーズンから紫外線体策を行い、パックなどのスペシャルケアで肌細胞を作る力を高めましょう!!

Eにチェックがついた人は

春一番などの強風によるホコリや花粉が肌の細かい溝やくぼみに入り込んだことで、刺激や炎症の原因になっているかもしれませんので、肌を外部の刺激から守る力を高めましょう!!
症状が重い場合は皮膚科へ相談を。

肌トラブルの解決策はコレ!

肌トラブル対処法1

春の肌トラブルを防ぐための最大ポイントは、皮膚の一番外側にある角質層を健全に保つこと!

そのためには、「肌に対する刺激を極力少なくすること」と「角質層の水分を十分に保ちバリア機能を正常に保つスキンケア」が重要です。

2576

まず基本となるのが、日々のクレンジング&洗顔

クレンジングや洗顔によって、皮膚表面に付着した様々な刺激物(チリ・ホコリ・雑菌・花粉・廃棄ガスなど)をきれいに取り除き、皮膚に与える刺激を極力少なくすることを心がけましょう。

ただ注意したいのは、洗浄力が強すぎる洗顔料を使用したり、肌を強く擦るような洗顔は止めること!!

逆に肌に刺激を与えて角質層を傷つけてしまっては肌にとってマイナスです。

肌トラブル対処法2

クレンジング剤や洗顔剤は、肌に優しいケミカルフリー(体や環境に悪影響を与える可能性のある化学化合物質を含まない)やオーガニックコスメ(化学肥料を使わず有機無農薬栽培された植物から作られる化粧品)にシフトするのがオススメですよ。

また洗顔の際は、体温より若干低いぬるま湯で、決して擦らないのがポイント。

擦らないためには、よく泡立てて、泡で優しく汚れを落とすのが重要です。

そして洗顔料が皮膚表面に残らないように、十分にすすぎを行うことも大切!

12-2_02

すすぎの後のふき取りも、やわらかいタオルなどでおさえるように(決して擦らずに)行うよう注意してください。

洗顔の後は、化粧水で水分を補給して肌を整え、次に美容液・乳液・クリームなどで水分を逃がさないように肌を保護してあげるのが◎。

これら肌を保護するコスメに関しても、天然成分の優しいものを選ぶとよいでしょう。

気を付けたい!春の紫外線対策!

そしてこの時期最も気をつけたいのが紫外線体策です!!

春は真夏ほど暑くないので、紫外線に対する意識も薄れがちですが、実は春の紫外線量は多く、特に5月は一年中で紫外線の量が最も多いと言われているんです!

つまり、この時期に本格的な紫外線体策を行うことが、春先に起こる乾燥やゴワつきだけでなく、毛穴やシミの原因を除去するためにも必須ということ。

紫外線体策としては、外出しない時でも化粧水でお肌を整えた後は日焼け止めクリームでしっかりお肌を保護することが大事。

曇りの日でも、ちょっとの外出でもUVケアを欠かさずに行って下さいネ!

季節の変化に負けない健やかな肌を手に入れるためには、睡眠や食生活で不規則にならないようにすることも重要。

精神的なストレスや過度の肉体疲労をできるだけ避け、体や心に負担をかけないようにする規則正しい生活も美肌には欠かせませんよ。

肌を綺麗に見せるメイクテク!

最後に、肌が荒れている状態でのメイクのポイント&メイク直し法を伝授!

メイク直し

メイク直しの際は、薄手のガーゼor柔らかいティッシュで浮いてきた皮脂を優しく押さえ、その後でプレストタイプのパウダーをひとはたきしましょう。

ファンデーションの重ね塗りは寄れ&崩れる危険性が大なので×

ハイライト効果のあるキラキラパウダーを活用し、目の周り顎の先に軽くつければ、春らしいにごりのない肌が出来上がるでしょう。

メイクポイント

肌荒れが気になるからこそ、肌状態を良く見せるための肌作りが重要です。

自然なツヤと凹凸のない滑らかな肌を作り、キープさせることが美しい印象を与えるものです!

そこでまず選びたいのは、

  1. 適度に皮脂を吸収しながらも潤いを与えてくれる化粧下地。
  2. 毛穴や色ムラなど気になる欠点はしっかりカバーしつつ、透明感も引き出してくれるファンデーションを選ぶこと。
  3. 色ムラや毛穴を自然にカバーし、健康的な艶肌をつくるパウダーを使用しましょう。

この時、微細なパール入りを選べば、光沢のある自然な艶を引き出してくれますよ。(※メイクコスメもできるだけ肌に優しい天然成分のものをチョイスしましょう)

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル