真実は?露出するほど脚やせ?

モテ子
見せつけられる側にもなってよ。もう。

薄着の季節、積極的にボディラインをさらけ出したいという準備万端女子もいれば、「服で隠せないなんて困る!」という女子もいるでしょう。アナタは、「見せるだけダイエット」という言葉を聞いたことがありますか。なんでも、痩せたい部分は、出せば出すほどに美しくなるのだとか?それって本当?本当だとしたら、どうして?今回は、都市伝説のようなダイエット法の真実に迫ります!

他者の目線が「痩せ」を引き起こす

見られることを意識できる者だけが「出すだけ痩せ」できる

“脚を露出していたら痩せた!”と言っている人や、事実、本当に美脚になっている人もいますよね。けれど、ミニスカートやショートパンツを履くだけで自ずと痩せる!ということはありません。彼女たちが脚痩せできた理由は、露出することで「他人の目を意識するようになった」から。
ここで簡単な診断をしてみましょう。アナタは、意中の彼との初デートで、普段着ないようなミニ丈ボトムを履くことになりました。次のうち、どのような気持ちになると思いますか?

  1.  恥ずかしい!無理!
  2.  さぁ、見なさい!
  3.  なんとも思わない

上の項目の内、1か2に当てはまった方は、露出するほど脚痩せできる可能性大!恥じらいのような、ややネガティブな気持ちであれ、私を見て!といったポジティブな気持ちであれ、他人の目を意識するスイッチが入っています。衣服で隠すことができないとなると、思考は次の段階に進み、

  • こんな脚を見せるのは嫌→だから改善しよう
  • 見せる気満々→更なるケアを行って臨もう

といった心理が芽生えるでしょう。

痩せるサイクルが回り始める

その後、即座に食生活の見直しや運動といった本格的なダイエットを始める人もいるかもしれません。また、そこまでの即行動派ではない人でも、「見られている」という意識が常に頭の片隅にあるため、歩き方や座り方をはじめとする習慣を改善し始め、徐々に痩せていくものです。夏場にダイエット人口が増える理由も、露出度の高い普段着や水着を着る機会が増えるため、危機感や見せ意識が高まるから。「ミニ丈ボトムそのもの」ではなく、他者の目線を意識せざるを得ない状況が、結果として脚痩せに繋がるというわけです。

適度な緊張感が必要

上記の診断で「3. なんとも思わない」を選択したアナタは、露出するだけでは痩せないタイプかも!1や2を選択した皆さんの中にも、家の中では超薄着という方もいるのでは?よく見知った家族相手に脚を露出したところで、痩せようとう気持ちが働くことは、あまりありませんよね。「他者の目線」に加えて大事なのは「適度な緊張感」。先の診断に“初デートで”という限定条件をつけたのもそのためです。見せるだけダイエットを叶えたいなら、オシャレな人の多い街など、アナタが程良く緊張感を持てる場所に行くべき。一説によると、露出することで痩せる理由には、自律神経の働きも関連しているのだそう。適度な緊張は、自律神経のうち、活動モードに心身を導く「交感神経(こうかんしんけい)」を優位にします。交感神経優位の時、代謝は上がり、精神面ではやる気や集中力がUPします。これが、適度な緊張感を持つことによる痩せやすさ&キレイ度UPの理由なのだとか。脚痩せだけでなく、全身の美しさ向上に繋がりそうですね。
女優さんやタレントさんが、メディア露出が増えるほどに美しくなっていくのも、見られているという意識や緊張感によるものかもしれません。
※とはいえ、「緊張すれば痩せる!」と考えるのはNGです。過度な緊張は自律神経のバランスを乱すので、家で薄着でいる時まで誰かの目を意識する必要はありません。リラックスする時間も大切にしてくださいね♪

女性ホルモンもUPする!?

露出することによるダイエット&美容効果については、心理学者、カール・グラマーによる研究報告も関連付けて言及されることが多いもの。なんでも、
女性は女性ホルモンであるエストロゲンが多く分泌されているときほど肌の露出の多い服装を好み、そしてエストロゲンが低いときほど比較的露出度の低い服装をする傾向がある
(引用:「露出度の高い服を着ているほどエストロゲンが高い」『肌の露出ダイエット』)
のだそう。エストロゲンとは、ご存知、女性ホルモンのひとつ。月経直後の「痩せ期」や、恋愛初期などでドキドキしている時に分泌量が上がるホルモンで、肌ハリや痩せやすさ、バストアップなどに深く関わっています。これをそのまま逆にして、「露出度の多い服装で生活していればエストロゲンが増える」と読み変えることはできませんが、女性の心の動きとは実に敏感かつ単純なもの。気になる異性のいる環境で、脚見せファッションをしていれば、自ずとドキドキしたりセクシーな気分になるかもしれません。このように、ときめきスイッチが入っている時には、エストロゲンが分泌されます。「露出するほど女性らしさUP説」は、当たらずも遠からずと言えるでしょう。

最後に 自分の目も痩せモチベUPに繋がる!

「露出するほどに痩せる」、この理由には私達自身の、深層心理が深く関わっていたんですね。本文中では、“他者の目線がダイエットの原動力になる”ことについて詳しく述べましたが、“自分の目線”もまた、自分を変えるきっかけになることがあります。鏡やショーウィンドウに映る自分を見て、良いところ探しや改善点探しができる人は、他者の目線などなくても常に高いモチベーションを保っていられるもの。せっかくの夏ですから、たまにはちょっぴり露出度高めの服で出掛ける機会を作り、自分の身体と向き合ってみましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル