ダイエット停滞期の乗り越え方

モテ子
乗り越えられない壁なんてないのよ!

ダイエットに励んでいる女子なら、誰もが「ダイエット停滞期」の壁にぶつかったことがあるのではないでしょうか。ダイエットを始めた頃は簡単に落ちていた体重も、ある時から数値が一向に減らなくなる…。その結果、焦って食事を抜いてしまったり、モチベーションが上がらずにダイエットを中断し、かえって太ってしまったり…なんて負のスパイラルに陥っている女子もいるのでは?
そこで今回、多くの女子の頭を悩ます「ダイエット停滞期」について、正しい乗り越え方をご紹介します。

どうして“ダイエット停滞期”はやってくるの?

身体が飢餓状態と勘違いする!?

実は、「ホメオスタシス」という身体の作用が、停滞期の原因を作り出していたのです。食事制限や運動など、ダイエットを始めると、摂取カロリーや体脂肪率が減少していきますよね。すると、脳が身体の変化に危機感を感じ、脂肪を燃焼しにくくし、消費エネルギーを抑えようとするのです。この危機管理システムを「ホメオスタシス」といい、この機能によって“停滞期”が引き起こされていたのです。

1ヶ月に全体重の5%以上減らすのはNG

1ヶ月間に落としてもいい体重は、全体重の5%までと言われています。その数値を超えてしまうと、身体の生命維持システムが作動し、停滞期がやってきます。たとえば、体重が60kgある場合、“1ヶ月に落としていい体重は3kg”という計算になります。つまり、短期間で急激な減量をしてしまうと、ホメオスタシスが働き、停滞期に突入してしまうのです。
ダイエットを始めた頃は、頑張った分だけ目に見えた結果が出るようで、体重計に乗ることが楽しみだったりしますよね。でも、焦りは禁物です。ゆるやかに体重を落とすことが、停滞期を避けるためのポイントなんです。
1ヶ月ほどすると、身体は少ない摂取カロリーでも安全だと理解し、ホメオスタシスの機能を解除します。ですので、焦ることなく根気強くダイエットを続けていきましょう。

停滞期から抜け出す方法

「ダイエットには停滞期がつきもの」と前向きに

「ダイエットには停滞期がつきもの」と理解しましょう。体重が減らないからといって更なる食事制限をしたり、過酷なダイエットを続けてしまうのは絶対にNG。
エネルギー不足に陥り始めた身体は、脂肪だけでなく筋肉の分解を始めます。その結果、筋肉量が減少し、基礎代謝が低下してしまうことで、痩せにくい身体が作られていくのです。ですので、今までと変わらぬペース配分でダイエットを続けていきましょう。

体重計に乗らない

また、いっそのこと、1ヶ月間は体重計に乗らないことも停滞期から逃れる手です。数値の変わらない体重計を見つめても、ストレスが溜まる一方ですよね。ストレスは、停滞期を長引かせるだけでなく、ダイエットをやめてしまいたたくなる気持ちまでも生んでしまいます。一度、体重から解放される期間を作ってみてはいかがでしょうか。

タンパク質を抜かない食事を

もう一度、食生活を見直してみましょう。カロリー計算ばかりに気を取られ、ハイカロリーだと避けてしまいがちな、肉や魚、卵などのタンパク質を抜いていませんか?タンパク質は筋肉や血液など身体を作る重要な栄養素です。タンパク質不足になると、筋肉量の減少につながり、結果として基礎代謝が低下します。
特に停滞期で悩んでいる時期は、ホメオスタシスの影響で消費エネルギーを抑えようと、基礎代謝を下げようとしているのです。筋肉量が減少してしまうと、運動しても脂肪が燃えにくくなり、ダイエットの効果が下がってしまうので、タンパク質を抜いた食事はやめましょう。その他に、筋肉の元となる、ミネラル、ビタミン類などを多く含む食材をバランスよく摂ることを心がけましょう。

基礎代謝を上げる

食生活を見直したら、ジョギングなどの有酸素運動とエクササイズなどの無酸素運動を効率よく行い、基礎代謝を高めていきましょう。
 基礎代謝をアップさせることができれば、停滞期から早く抜け出せるようになります。また、基礎代謝を高めることで脂肪燃焼の効率も上がるので、ダイエットを中断することなく、コツコツ続けていきましょう!

最後に…

ダイエットを始める際には、停滞期を見込んだスケジュールを設定しましょう。個人差はありますが、停滞期に入ってしまうと、2週間〜1ヶ月程度は痩せにくくなってしまいます。ですので、3ヶ月〜半年のスパンで痩せられるよう、停滞期を考慮した長期的な計画を立てましょう。また、先ほどお話ししたように、急激に体重を落としてしまうと、早いタイミングで停滞期がやってきてしまいます。このことを頭に入れ、1ヶ月に落としてもいい体重を計算してみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル