筋肉太りに直結!やりがちNGな「脚が太くなる歩き方」って?

モテ子
昔運動部だったから脚が太いですって?…いいえ、歩き方が悪いだけよ。

学生さんから大人まで、多くの女性を悩ませる「筋肉太り」。脂肪やむくみに比べ、解消しにくいところが厄介ですよね。このシブトイ筋肉太りの原因といえば「以前運動部だった」「昔自転車通学だった」など、取り返しのつかない過去の習慣ばかり。でも、現在のアナタの習慣、すなわち“改善の余地があるもの”だって、筋肉太りの大きな原因になっているんです。それはズバリ「歩き方」!太ももやふくらはぎの外側が張っている、足首がない、ヒップや内ももはたるんでいる…そんなアナタはもしかして脚が太くなるNG歩きをしているのかもしれません。

筋肉太りに繋がる悪い歩き方一覧

内股歩き…脚の外側が張り出す!

若い女性に多い内股歩き。膝や足首が内側にねじれている(内旋している)人もいれば、女の子らしく見えるため、あえてやっているという女性も。けれど、この内股歩きは、太ももやふくらはぎの外側に筋肉がつく歩き方なので意識的にやめねばなりません。骨盤の後ろ側も開いてしまうので、横広がりの平面的なヒップになる危険もあるのです。

引きずり歩き…ふくらはぎがむくみやすくなる!

足をきちんと持ち上げず、ズルズル(とぼとぼ)と歩く引きずり歩き。靴底をチェックしてみて。つま先側もかかと側も擦り減っているという方は、引きずり歩きをしている可能性アリ。「第2の心臓」ふくらはぎの筋肉を使えていないため、血液やリンパが上半身へと戻っていかず、むくみやすい脚に。

蹴り歩き…太もも前部が張る!脚全体が太っちょに!

つま先だけで着地し、後方へ砂を蹴るように歩く蹴り歩き。歩幅が狭く、泥ハネしやすいアナタは蹴り歩きをしているかも!本来ならば、かかとから着地し、重心を土踏まずからつま先へと移すべき重心移動(=足の返し)ができていないため、全体重を支える「足裏アーチ」が崩れやすくなります。脚全体がムチっと太くなる、全身が前のめりになるため、太ももの前部が張りやすくなる、といった悪影響が現れやすいので注意して。

ドスドス歩き…足首がなくなる!

地面を足裏全体で踏みつけながら歩くドスドス歩きは、足首を象のように太くする歩き方。かかとからの着地や、つま先をしっかり上げる動作ができていないため、ふくらはぎがむくみやすくなります。また、太もも前部を酷使するため、前ももが張ってしまうことも。土踏まずのない「扁平足」の方に多いのもこの歩き方。足裏アーチがうまく機能せず、足首に過度な負担がかかるため、キュっと引き締まった足首のくびれが失われてしまうのです。

女性の3人に1人がコレ!浮き指歩きとは…

先に述べた歩き方のほかに、“筋肉太りしやすい歩き方の代表”として「浮き指歩き(浮き足)」が挙げられます。浮き指歩きとは、その名の通り、足指が地面につかない歩き方。このような歩き方になる原因は、ハイヒールなどの影響で足指が反ってしまっているから。なんと、現在日本人女性の3人に1人が浮き指を抱えているのだそう。セルフチェックの方法は至って簡単。足指を手で足の甲側に反らせてみて。90度以上反り返った場合は、浮き指に該当します。靴のサイズや形が足に合っているかどうか、今一度見直してみましょう。

無意識のうちに下半身が太る!「2点歩行」と「3点歩行」の違い

浮き指状態で歩くと、イラストのように足裏が地面と接するのは「2点」だけ。この2点歩行こそが、脚線を歪ませて、下半身を太らせる大きな原因なんです。正しい歩き方の基本は、(1)かかと、(2)足指の付け根、(3)足指で地面を捉える「3点歩行」。ところが、浮き指の場合、この内一点が浮いてしまっているわけですから、足裏は非常に不安定な状態になります。この状態でもきちんと立って歩くために、太ももの前部やスネの部分に過剰な負荷かかることに…。結果、脚全体が太るだけでなく、膝が反り(=反張ひざ)、太ももは前に、ふくらはぎは後ろに張り出すことに。お腹を突き出す姿勢や出っ尻、猫背、腰痛にもなりやすい歩き方なので、まずは自覚して矯正する必要があります。

正しい歩き方を伝授

これまでNG歩きをしていた、という皆さん。冒頭にも述べたとおり、過去は変えられなくても今と未来は変えられます!今日から正しい歩き方に切り替え、おブス脚を美脚へと修正していきましょう。

前後左右にブレない歩き方を

正しい歩き方の基本は、1.かかとから着地し、2.つま先で地面を蹴る、を繰り返すこと。この時、膝は曲げないよう注意して。また、浮き指歩きにならないよう、指で地面をとらえることもお忘れなく。目線はまっすぐ前へと向け、背筋を伸ばしてお腹を引っ込めることを意識します。横から見たときに前のめりにならないよう気をつけるだけでなく、後ろから見たとき、身体が左右にグラつかないよう「一直線をはさむようにまっすぐ歩く」ことも大切。つま先の向きは、正面もしくはやや外側に向けて。膝のお皿の向きもつま先同様、正面を向くのが正解です。

歩き方を変えるだけで、脚がほっそりと美しくなるだけでなく、O脚やX脚が改善することもあります。毎日の習慣や癖を変えるのは、ハードな運動を行う以上に難しいものですが、習得できればリバウンド知らずの美脚を手に入れることができるというわけ。何よりも有効な脚痩せトレーニングだと考えて、毎日丁寧に歩きましょうね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル