におう汗とにおわない汗の違い!「汗腺トレーニング」で爽やか女子に☆

モテ子
汗にも種類があるのよ

早くも夏日が続き、今年の夏も猛暑になりそうな予感。この時期、多くの女性が頭を抱えるものと言えば、汗にまつわるお悩みですよね。メイク崩れに髪や衣類への悪影響、そしてニオイ…。自分が汗をかいている時って、「誰も近づかないで!」なんて気分になるものです。でも、汗とは全部が全部、汚いものではありません。しっかり運動して水のような汗をかいている場合は、無臭であることの方が多いのです。逆に、オフィスや室内にこもって、汗をかくのを避けている女性は要注意。お肌や身体同様、「汗腺」だって退化してしまいます。今回は、夏を迎える前に知っておきたい、におわない汗とにおう汗の違いをご紹介します。

におう汗とにおわない汗の違い

汗には2つの出口がある!

汗の出口である汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。このうち、エクリン腺から出る汗は、成分の99%が水分であるためサラサラしていて無臭です。エクリン腺は、頭から足に至るまで全身に張り巡らされています。もう一方のアポクリン腺は、脇の下や耳の穴、デリケートゾーンなど、身体の一部だけに分布している汗腺。こちらは、フェロモン分泌のための汗腺とも言われています。アポクリン腺から出る汗は、タンパク質や脂質などを多く含んでいるため、ニオイを発生させやすい汗と言えるでしょう。
暑さを感じた時や運動して体温が上がった時、体温調整のために出る汗はエクリン腺から。ストレスを感じた時に出る脂汗などは、アポクリン腺から出るものです。

エクリン腺から出る汗は全て無臭?答えはNO!

「ワキガ」などの強い体臭の原因になるのは、アポクリン腺から出る汗。けれど、エクリン腺から出る汗だって、キツいニオイのものに変わってしまうことがあるんです。それが冒頭に述べた「汗腺が衰えてしまっている時」。クーラー漬けの生活や運動不足により、汗をかく機会が減ると、汗腺は退化し、部分的にしか汗をかけなくなります。本来であれば、汗は全身にある200万~500万個とも言われる汗腺から出て行き、必要なミネラル分は血液中に再吸収されるもの。ところが、汗腺が一部しか機能していないと、大量の汗は1か所から出ることになり、ミネラル分を再吸収する機能は追い付きません。結果、汗は濃度が高いドロドロとしたものに…。これが、雑菌の繁殖を招いてニオイを引き起こす「悪い汗」です。

アナタは大丈夫?悪い汗度チェック

良い汗はサラサラ、悪い汗はドロドロで臭いやすいとわかったところで、アナタの汗についてセルフチェックをしてみましょう。チェックが多く入った人は、汗のニオイに気をつけるべきかも!






悪い汗をかいている場合は、上手に体温調節ができていないということですから、意識的に改善する必要があります。ほてりや熱中症、疲れやすさの原因になるほか、代謝機能の低下を招き、「太りやすい体質」にもなってしまいます。では、衰えた汗腺を蘇らせる方法を見ていきましょう。

汗腺トレーニングの方法

手足高温浴のやり方

  1. 42~43度の熱いお湯を浅く張り、浴室用の椅子を湯船に入れ、腰かけます。
  2. 膝下と肘下をお湯に浸け、10分~15分程度温めましょう。

    この手足高温浴では、退化しやすい手や足の汗腺を鍛えることができます。腹部や心臓部までお湯に浸からないよう気をつけて。

つづいて半身浴を

手足高温浴のあと、湯船にぬるめの湯を足し、37度くらいになったら半身浴を。これを「微温浴」と呼びます。コップ一杯程度のお酢をお湯に入れると、発汗効果が更にUPします。10~15分程度浸かったら、水分補給しながら身体をしっかり乾かしましょう。このとき、冷房にあたるなどして、身体を急激な温度変化にさらすのはNG!タオルで水分を拭い、うちわなどでゆっくりと乾かすことが大切です。

サウナや岩盤浴、そして運動を

このほか、40度以上の熱めのお湯を洗面器などに張り、足湯をするのもお手軽汗腺トレーニングになります。2週間~1か月弱で、休眠モードに入っていた汗腺が目を覚ましますよ◎休日などにはサウナや岩盤浴、ホットヨガなどに行くのもオススメ。ニオイやベタつきなど、汗悩みを解消するには、あえて汗をかくことが1番なのです。ゆったりした運動ではなく、ジョギングなどで発汗する習慣をつけるのも良いでしょう。

最後に 汗の放置はニオイのもと

今回の「悪い汗度チェック」で、自分はサラサラの良い汗をかけている、と安心したアナタも気を抜かないで。基本的には無臭の汗ですが、放置してしまうと雑菌が繁殖し、ニオイを発してしまいます。汗をかいたら早めに拭うこと、運動後はシャワーを浴びること、暑い屋外から帰宅した後は服を着替えることなどを心がけ、夏でも爽やかな印象をキープしましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル