人が振り向く憧れの美髪を!

モテ子
髪が汚かったらすべてが汚く見えるわよ。その逆もしかりね…。

ヘアケアの役割とは?

日々ごく当たり前に行っているヘアケア。あまりに身近な習慣のため、ケア方法を見直すきっかけって意外と少ないのかもしれませんね。でも、いい習慣を身につければ、健康な髪を保つ大きな助けになるもの。いつも美しい髪でいられるのは何よりうれしい事ですよね!

そもそもヘアケアとは、余分な油や菌を落とし、健やかな髪をキープするためのもの。そのためには、やはり正しい基本ケアは欠かせません。基本を制すれば美髪も制す!?

今回は、改めて基本ヘアケアのシャンプー方法に加え、さらに、健康な頭皮づくりにおすすめの地肌マッサージ髪の乾かし方などについて、盛りだくさんの内容でお届けしたいと思います!

シャンプー剤の種類とは?

まずはシャンプー剤についてです。

普段何気なく選んでいるシャンプー剤ですが、その種類は大きく分けて3つあり、高級系アルコール入り石けん系アミノ酸系に分かれます。以下は、それぞれの特徴です。

高級系」・・・市販のほとんどがこの種類。洗浄力が高く泡立ちがよい。比較的刺激が強いため、肌が弱い方には不向き。シャンプーにこだわらない方に。

石けん系」・・・洗浄力が高く、毛穴汚れもよく落ちる。刺激は強くないが、多少皮脂を落とし過ぎる傾向が。髪が傷みやすい方には不向き。よく洗いたい方、自然派志向の方に。

アミノ酸系」・・・洗浄力はやや弱く、低刺激。洗浄回数が多くても頭皮への負担がかかりにくいため、敏感肌の方、頭皮や髪をいたわりたい方に。しっかり洗いたい方には不向き。パーマやカラーリングをしている方におすすめ。

以上、これらをふまえ、自分に合った商品を選んでみましょう!

美髪へのポイント盛りだくさん!
おすすめシャンプー法

では早速、シャンプーの方法です。順を追ってみていきましょう!

1、髪をぬらす前に、丁寧にブラッシング。

※汚れが浮きやすくなります!

2、少し熱めの湯で、約1分髪を洗う。

※実はこのシャンプー前の予洗いで、約70%(!?)も汚れは落ちてしまうそう。シャンプー剤も少量で済むため、一石二鳥ですね!
5_13_1

3、シャンプーで洗う。

シャンプーを付けたら、必ず指の腹で、地肌マッサージをしながら汚れを浮かせる感覚で洗う。
ちなみに、頭を逆さまにした逆毛状態でのシャンプーはキューティクルを損傷するため、絶対NG!
2度洗いは、整髪料や汚れの多さによって臨機応変に行う。
※シャンプーは地肌を洗う工程。髪の毛よりも常に地肌を意識して洗いましょう!

4、よく洗い流す。

※最低1分以上かけて行いましょう。フケや痒みの原因のほとんどは、洗い残しによるものなのだそう。さらに大切なポイントとしては、洗い流した後の髪状態をチェックすること。この時の髪状態が、今のあなたの本当の髪の姿です。きしみ感があり指通りが引っかかる場合には、シャンプー剤が合っていない可能性もあるため、髪に合ったシャンプー剤に替えてみましょう。
5_13_2

5、トリートメントをつける。

トリートメントを、まずは毛先中心につけ、続いて地肌をさけ(地肌に付くと肌トラブルの原因に)、毛先に向かって髪全体にまんべんなく馴染ませる。さらに地肌をさけながら、毛先に向かってクシでとかす(浸透力アップ!)。
5分程(ヘアケア製品の表示通りに)放置し、よく流す。
※実はコンディショナーよりトリートメントが先!髪の内側に栄養を与えた後、コンディショナーでコーティングをします。これ、意外と知られていないかも!?

6、コンディショナーを馴染ませる。

コンディショナーを、まずは毛先中心、そして地肌をさけて髪全体に馴染ませる。
コーティング剤のため、時間をおかず、すぐに流す。
※コーティング剤の効果を生かすため、適度に指通りが残るくらいまで流しましょう。

以上、この基本方法を習慣にすれば、確かな美髪を実感できますよ!

シャンプーと組み合わせれば最強!?
とっておき地肌ケア方法

さらにここからは、シャンプー時などにもおすすめ、健やかな頭皮を育てる地肌マッサージ方法をご紹介します!(頭皮ケア剤を使いながら行ってもいいですね)
頭皮は顔の皮膚とつながっているため、頭皮が柔らかくほぐれれば、額のしわや顔全体のたるみ予防などにも効果大です!

5_13_3
1、まずは耳周り。真ん中3本の指の腹を使い、こめかみから耳の後ろにそって、やさしく小さい円を描くように揉みほぐします。ツボが多い場所で、さらに耳下には美肌のツボもあるため(!)、イラストの各ポイントを軽くプッシュしながら念入りにほぐしましょう。

5_13_4
2、次に、親指以外の4本指の腹を使い、頭皮全体、下から頭頂部に向かうように、小さく円を描きながら揉みほぐします。全体にまんべんなく行いましょう。両耳を結んだ中央にある頭頂部、百会(ひゃくえ)のツボは血行を促進、さらに頭皮も元気にするため、ツボ押しも意識してみて下さいね。

地肌を効果的に揉みほぐせば、健康な頭皮が蘇り、薄毛対策にも効果抜群です。是非毎日の習慣に!

上手な髪の乾かし方

最後に、髪にやさしく、時間短縮もできるドライヤー方法をご紹介しましょう。

  1. まずは、タオルで髪をやさしく包むように水気をとる
  2. ドライヤーで根元中心に乾かす
  3. 内側にも風を入れながら髪全体を乾かす
  4. 最後に、風を毛先に向かうように真下方向に当てながらブラシで毛流れを整え、ツヤを出したら完成!

※ドライヤーと髪の距離は約10センチをキープすると髪を傷めず安心ですよ。

Q&A

Q:ドライヤーって髪によくない?
A:いいえ、そんな事はありません。ドライヤーの熱はキューティクル保護にもつながるため、やはり上の手順のように、ドライヤーを使って乾かすことが大切です。自然乾燥は傷みにつながりやすくおすすめはできません。

Q:朝シャンって髪に良くないの?
A:いいえ、そんな事はありません。ただ、朝時間は忙しく、ケアが雑になりがち。さらに、髪の毛をしっかり乾かさないとキューティクル損傷につながりますので、洗い残しや生乾き状態には気を付けましょう!

Q:薄毛対策ってある?
A:頭皮の毛穴を清潔に保ち、日々マッサージを続けることが効果的。上記の基本工程を地道に続ければ効果大ですよ!

Q:自宅でヘッドスパをしたい。おすすめ法は?
A:お気に入りの香りのシャンプーを常備し、アロマ効果で心身を緩めながら基本ケア&マッサージ。トリートメント時間にはシャワーキャップなどでスチーム効果も狙えば、オリジナルヘッドスパ時間の完成です!

以上、今日からあなたもヘアケア上級者の仲間入り!オッと振り向く憧れ美髪を目指すべく、いざ、ケアスタートです!!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル